ゲームパッド ゲームパッド

GameSir T4 Kaleidのレビュー!FF14・APEXのパッドゲーマーにおすすめできるゲームパッド!

記事内のURLはプロモーションを含む場合があります

GameSir T4 Kaleidをレビューします。

レビュー時点で1週間ほど使ってみました。

 

ショップのレビュー評価もいいですし、1万円以下で買えるゲームパッドの中では、使い心地もコスパもかなりいいゲームパッドだと思います。

 

こんな方におすすめ

  • FF14で背面ボタンを使いたい
  • PC・Switchで使えるゲームパッドを探している
  • デザインカッコいいの欲しい
  • APEXのパッドゲーマー

 

理由も含め、色々と検証してみた結果をこの記事では紹介していきますので、是非ご覧ください。

 

GameSir T4 Kaleidのスペック

GameSir T4 Kaleidを持っている画像

接続できる機器 Nintendo Switch, Windows, Android
接続方法 有線のみ
ケーブル 2m
6軸ジャイロ
3.5mmオーディオジャック
連射機能
背面ボタン
アミーボ
専用ソフト

レビュー時点の価格が6,299円だったんで、Switchの純正プロコンより、若干安いくらいです。

 

GameSir T4 Kaleidの外観や特徴

開封してしばらく使ってますので、見た目から紹介していきます。

GameSir T4 Kaleidの外観

GameSir T4 Kaleidの全体画像

外観はスケルトン好きならまず、好きなデザイン

中の黒とゴールドの基盤みたいなのが見えてるのも個人的にはいいポイント

GameSir T4 Kaleidをケーブルに繋いだ画像

ケーブルを繋ぐと、光ります 光方とか色もソフトで調整できます

GameSir T4 Kaleidのグリップ部分の画像

滑り止めは、裏側が少しザラザラした質感になってる

GameSir T4 Kaleidのボタン配置画像

ボタンはXボックス配置

GameSir T4 KaleidのXYBAボタン

押した感じは、しっかりカチカチと音がします

GameSir T4 Kaleidのスティック

スティックは、左が右より少し軽く感じる

GameSir T4 Kaleidのバック・スタートボタン

バックとスタートボタン

GameSir T4 Kaleidのスクリーンショットボタン

中央はスクリーンショットボタンで、これはスイッチでしか使えないみたいです

GameSir T4 Kaleidの十字ボタン

十字ボタンは、そんなに押し込まなくても反応してくれるし、押しやすい

GameSir T4 KaleidのMボタン

Mボタン これは連射とか背面ボタンのキー割り当てに使うボタンですね

Mボタンと他のボタンを押しながら、キーの割り当てをすることもできます

GameSir T4 Kaleidの背面ボタン

背面ボタンは2つ このボタンの押し心地も悪くないですし、持った時に自然に押せる位置にあります。

GameSir T4 Kaleidの3.5mmジャック

3.5mmイヤホンを繋ぐ場所はゲームパッドの下部分です。

 

ホールエフェクトスティックを搭載

T4 Kaleidの公式サイトの説明

公式サイトを見てみると、GameSirのスティックで、ドリフト防止や耐久性が強いってのが売りみたい。

ドリフトっていうのは、自分でスティックを動かしてないのに、勝手にスティックが反応して動いてるような状態のことですね。

FPS系のゲームとかだと勝手にエイムが動くから本当に困ると思います。

 

実際のドリフトがどんなのか分からない方は、Youtubeの動画で紹介してますので、是非確認してみてください。

 

動画はコチラ

 

耐久性は、この記事を書いている時点で1週間以上ずっとゲームしてますが、特に違和感は感じないですね。もし悪かったらTwitterでお伝えします。

 

LRボタンが軽いのは最高

GameSir T4 KaleidのLRボタン

上の2つのボタン 結構軽いので押しやすいですね

 

個人的に押し込んだ時に、そんな力もいらないんで、疲れないのがいいポイントだと思ってます。

 

LogicoolのゲームパッドのLRボタン

FF14をゲームパッドでプレイしてるんですけど、今まで使ってたLogicoolのゲームパッドだとLRボタンが固くて指が結構疲れちゃてたんですよね。

でも、このゲームパッドは、ずっと使ってたけど、ほんとにそれが無いです。

 

ただ、FPS系で連射するときに便利なトリガーボタンの押し込み調整機能付きのゲームパッドではありません。

 

トリガーストップ機能付きは少しお高めですからね。

Razer(レイザー)
¥21,400 (2024/04/19 07:32:34時点 Amazon調べ-詳細)

Razerのゲームパッドには搭載されていたりします。

 

GameSir T4 Kaleid専用ソフトで可能なこと

GameSir T4 Kaleid専用ソフトホーム画面

専用ソフトで、できること

GameSir T4 Kaleid専用ソフトプロファイル選択

各プロファイルの設定を3つ保存しておくことが可能です

GameSir T4 Kaleid専用ソフトマッピング

マッピングの設定

ここでは、各ボタンに何を割り当てるか決めることができます

割り当てないように設定することも可能

GameSir T4 Kaleid専用ソフトスティックの遊び

スティックの遊びの調整

初期状態では、少し遊びがある状態でした。

0にしたい人は、メモリを一番左にもっていってください。

GameSir T4 Kaleid専用ソフトトリガーの調整

トリガーの反応調整

どれくらい押し込んだら反応するか設定しておくことができます

GameSir T4 Kaleid専用ソフト振動

振動の調整

振動レベルの調整ですね。0から4まで設定できました。

GameSir T4 Kaleid専用ソフトRGBの光り方

RGBの光り方の調整

光り方が変えられるのは5カ所。好みの色や光り方に設定することができます。

GameSir T4 Kaleid専用ソフトジャイロなどの設定

モーションの調整

モーションの感度調整ができます。

 

では次に実際にゲームしながら、どんな挙動になったのか紹介していきます。

 

GameSir T4 Kaleidでゲームプレイ!

APEX・FF14・Switchで、遊んでみました。

APEXプレイ時の挙動!ドリフトが抑えられる

まずは、恐らくこのゲームパッドの良さが生きてくるAPEXで使ってみます

APEXの設定

デッドゾーンを調整してから、手持ちの他のゲームパッドと比較してみました。

Apexで5.4リニア感度でデッドゾーンを無くした状態にしています。

 

Logicoolのゲームパッド

Logicoolのコントローラー

ドリフトって現象なんですけど、ゲームパッドでゲームを操作する場合、ある程度動いてしまうんですよね。

Logicoolのゲームパッドの場合、止まっているのに右にエイムがどんどん動いてしまう状態でした。

 

T4 Kaleid

GameSir T4 Kaleid

他のゲームパッドに比べドリフトがかなり少なく、少し下に動くかな程度でした。

移動して止まってエイムを合わせた後にブレることがほぼないので使いやすいです。

 

たぶんパッドプレイヤーならこのゲームパッドを使うメリットとして大きいんじゃないかなと思います。

 

FF14は背面ボタンを使いこなせば便利

GameSir T4 KaleidでFF14をプレイ

背面ボタン付きのゲームパッドは、結構使いやすいというか、ゲームパッドでプレイするなら操作できることが増やせるのでおすすめです。

キーボードのキー割り当てはできないんですけどね。

 

キーボードのキーを自由に割り当てたい人は、エレコムのゲームパッドがいいかもしれません。

 

 

ゲームパッドプレイする場合、押し込むボタンに背面ボタンを割り当てて、ゲーム上のキー割り当てで、マクロを動かせるようになるのが便利です。

 

やり方は

FF14背面ボタンの使い方1

まずメニューからシステムを開く

FF14背面ボタンの使い方2

ボタンカスタマイズを開く

最初は押し込みが抜刀などに設定されてますが、リストからマクロを実行に変更

FF14背面ボタンの使い方3

ゲーム上のマクロを作るを開き

マクロリストの98.99に使いたいアクションマクロを入れれば、作成したマクロが動作するようになります

 

使うジョブがある程度決まってるならアクションを入れてもいいですし、スプリントとかテレポ マウントを設定しておくこともできるのでかなり便利です。

 

Switchは普段通り使えるが・・

T4 KaleidをSwitchで

スマブラやってみました

T4KALEIDの接続方法Switch

接続するときなんですけど、設定 コントローラーの部分で有線接続をONにして

本体が付いてる状態で、USBを挿すと勝手に認識してくれます

Switchだと2mの有線接続がネックになるかも

Switchでも有線コントローラーとして利用できます。

 

ただ、ケーブルの長さが、テレビのサイズによっては足りなく感じるかもしれない点は注意してください。

55インチのテレビだったら、丁度いい感じの距離が保てました。

 

気になったところ

専用ソフト

デメリットっていうか、マイクロソフトからダウンロードするソフトにちょっと問題があるんじゃないかなと思います。

 

接続してるんですけど、認識しなかったり、認識してもすぐ切れたりってのを繰り返してました。

 

で、調べてみたら、公式サイトの英語表記でt4k appのページからダウンロードしたら上手くいくらしいのでダウンロードしたら、とりあえず大丈夫そうです。

 

背面ボタン

便利で押しやすい位置なんだけど、誤爆します。

 

慣れたら押さなくなるのかな・・ ちょっと今のところFF14とかやってても、いつの間にかアクションを使っちゃってることがあるので、便利だけど、邪魔に感じる人もいるかもしれない

使ってみて邪魔なら何も割り当てなければいいんですけどね。

 

パッドゲーマーなら一度は使ってみる価値があるGameSir T4 Kaleid

今回はGameSir T4 Kaleidをレビューしました。

 

専用ソフト面のデメリットはありますが、価格のわりにかなりいいゲームパッドだと感じました。

質感も悪くないですし、FPS系のゲームをパッドでしている人は、ドリフトが抑えられるのに魅力を感じると思います。

 

Switch・PCで使えるゲームパッドを探している人は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ記事

PCゲーマーに人気

カテゴリー

-ゲームパッド, ゲームパッド
-