M.2SSD PS5周辺機器

PS5の内臓SSD増設に使えるM.2 SSDランキング8選!確実に取り付けられるヒートシンクの組み合わせ

自作PC作成でM.2SSDを使いまくっているゲーマーが、PS5に増設できるM.2SSDの中でも最速で耐久性も高い商品を紹介します。

 

なるべく転送速度が速いM.2SSDが欲しい
商品が高いので、長持ちすると嬉しい
ヒートシンクは、どうすればいいですか?

そんな疑問の答えがわかる記事です。

 

転送速度が速く、耐久性も高い商品となると、そこまで多くありません。簡単に商品を探すためのポイントも紹介しますので、参考になれば嬉しいです。

 

PS5におすすめの外付けSSDランキング12選!利用条件と注意点も解説【2023年】

続きを見る

PS5におすすめのゲーミングヘッドセット
PS5におすすめのヘッドセット14選!3Dオーディオ対応の選び方と注意点【ワイヤレス・有線】2023年最新

続きを見る

M.2 SSDの寿命は?チェックポイントは3つ【自分で調べる方法も】

続きを見る

PS5周辺機器
外付けSSDゲーミングモニターヘッドセットおすすめソフト
内蔵M.2SSDPS4→PS5移行方法 

PS5にM.2SSDを増設は必須かも

ストレージ容量が初期搭載されているストレージ容量は「825GB」。ただし、実際にゲームデータ用として利用できるのは「667.2GB」だけです

そして、ゲーム1本に利用する容量は、少なくとも50GBほど。これからどんどんPS5の高画質に対応したハイクオリティなゲームソフトが発売されます。そのため、どう考えても容量不足感があるんです。

 

M.2SSDを増設できないと、ゲーム数本・ほかにも動画・スクショとか撮影するならそれだけで終わってたでしょうね。外付けSSDに一時的にゲームデータを非難させることはできるけど、それだと起動できないから・・

 

PS5で使えるM.2SSDの選び方!ポイントは5つ

BY:プレイステーション公式

この表を見て、すぐわかる方は、自作PC作りなれてる人です。

 

ちなみに公式が出している表って、単純にPS5で使えるかどうかを教えているだけなので、実際に選ぶときは以下の5つのポイントを押さえておくことをオススメします。

 

PCIe4.0(Gen4)対応は必須!

必ず商品ページのスペックにGen4(ジェンフォー)対応と書かれている商品を選んでください。対応していないと使えません。

Amazonなどで検索してみると分かりますが、同じM.2SSDでも安いと思って飛びつくと、PS5に対応していない商品がたくさん出てきます。

 

選ぶときはPCIe4.0(Gen4)って書いてるかチェックすればOKです。少し専門的な知識も知りたいなって方は下の情報も見てみてください。

 

タップorクリックで開きます👇

 

転送速度に注目!選ぶ容量によって速度が変わる

Firecuda 530 の転送速度をチェックした数値

公式の推奨スペックは、5500MB以上。5500MB以上の商品はそこそこ出てきています。上の画像は、読み込み7300MBのFirecuda 530をチェックした際の数値です。

公表数値通りのスペックが出ていますね。PS5で速度テストをした結果がこちら。

6,558MB出ました。

 

5,500以上といっても7,300まで、結構な差があるので拘ってみてもいいポイントだと思います。今後のアップデートでさらに最適化されていけば、転送速度によって差が出るかもしれませんしね。

 

さらに簡単に容量と転送速度の差を比較してみると

500GBと1TBに差があることもわかります。最大の転送速度は、1TB以上からのようですね。

 

ストレージ容量は1TBからがおすすめ

注意ポイント

M.2SSDには撮影したビデオクリップ・スクリーンショットなどのデータは入れることができません。ゲームのみ入れることを考えて選ぶ必要があります。

おすすめは転送速度・今後のことも考えると1TBか2TBです。そして、増設できる内臓スロットは、1つしかないことを考えたうえで選ぶことをオススメします。

ちなみに主なゲームソフトに必要な容量はこんな感じ。

ゲームタイトル容量
コールオブデューティーブラックオプスコールドウォー133GB
スパイダーマンマイルズモラレス50GB
スパイダーマンマイルズモラレス・アルティメットエディション105GB
デモンズソウルリマスター66GB
フォートナイト29GB
FF1438GB

100GBを超えるゲームもあります。

 

更新されてコンテンツが増えるタイプのゲームは、もっと容量が必要なことを考えると、なるべく容量は欲しいですよね。

 

動画やスクショ撮影する場合の参考数値

  • 2分ほどの動画1本:約300MB 10分撮影すれば1.5GB
  • スクショ1枚は10数MB

このデータは本体にしか保存できません。

 

長く使いたいなら耐久性も比較

販売されているSSDによっては、寿命=書き込み可能な上限がわかる「TBW」という数値が記載されています。この数値を比較することで、より寿命の長いSSDを見つけることも可能です。

 

この数値が高いほど、耐久性が高いって考えておけばOK

 

あとは、公表されていないMTBF(平均故障間隔)の時間を目安にしてみることもできます。これは何百時間って書かれているので分かりやすいです。

 

一例としてFirecuda 530の場合は

TBW:1275TBW

MTBF:180万時間

でした。数値を公表していないメーカーが多いのですが、この商品は比較的安心して使えるかと思います。

 

ヒートシンク付きは高さに注意!

PS5に取り付けられるのは、ヒートシンクを付けた状態で、高さが11.25mm以内です。

中にはヒートシンク付きで販売されている商品もあります。

例えば、Corsairの商品

  • Gen4対応
  • 転送速度7000MB

はクリアしていますが、高さが15mmあるので搭載できません。転送速度はクリアしていても、PS5に入らないものは多数ありますので注意が必要です。

 

PS5におすすめのM.2SSDランキング8選

ここまでの選び方をふまえて、PS5で利用可能なM.2SSDを紹介していきます。全てGen4対応で、高さも問題ありません。

商品の転送速度・選べる容量の幅・耐久性・メジャーなメーカーかでランキング付けしています。

1位:Seagate FireCuda 530

スペック

最大転送速度:500GB/7000MB・1TB~/7300MB

容量:500GB~4TB

TBW:500GB/640TBW・1TB/1275TBW・2TB/2550TBW・4TB/5100TBW

MTBF:180万時間

高速転送・耐久性・メーカーの安心性を重視して購入したい方にオススメ。PCでも使用しています。メーカー側でPS5の動作確認済みを公表しているので、安心性は抜群です。

ポイント

ヒートシンク無しと有りで比較した結果、ヒートシンク有りの性能は、別売りヒートシンクとセットで使用した場合よりも上でした。予算が許すならヒートシンク有りをオススメします。

FireCuda 530はヒートシンク付きを買う価値がある!読み書き・冷却性能を比較【PS5対応M.2SSD】

続きを見る

 

2位:Kingston FURY SSD Renegade

キングストンテクノロジー
¥19,000 (2023/01/30 15:36:48時点 Amazon調べ-詳細)
キングストンテクノロジー
¥37,755 (2023/01/30 16:04:22時点 Amazon調べ-詳細)

スペック

最大読込速度:全容量7300MB

最大書込速度:500GB/3900MB・1TB/6000MB・2TB~7000MB

容量:500GB~4TB

TBW:500GB/500TBW・1TB/1000TBW・2TB/2000TBW・4TB/4000TBW

MTBF:180万時間

ストレージを多く販売しているメーカーで、PS5も動作認証済み。

耐久性の高さをチェックできるTBWとMTBFも高めで、比較すると2番目あたりの数値です。

「Kingston FURY Renegade SSD ヒートシンクモデル」をレビュー!PS5のロード時間を高速化できる内蔵M.2SSD

続きを見る

 

3位:ADATA GAMMIX S70 BLADE

スペック

最大転送速度:1TB~/7400MB

容量:1TB~2TB

TBW:1TB/740TBW・2TB/1480TBW

MTBF:200万時間

アルミニウム製のヒートシンクを搭載した商品で、メーカー公式ページでも、そのまま使えることを公表している商品です。転送速度もこの記事で紹介する商品の中では最速。

別途ヒートシンクを買いたくない人、かつ安く抑えたい人にオススメかなと思います。

注意ポイント

ヒートシンク付きではなく、着脱可を選んでください。グレーのヒートシンク付きは15mmになってしまうため、PS5では利用できません。

 

4位:Samsung 980 PRO

日本サムスン
¥19,990 (2023/01/30 01:42:48時点 Amazon調べ-詳細)

スペック

最大転送速度:250GB/6400MB・500GB/6900MB・1TB~/7000MB

容量:250GB~2TB

TBW:250GB/150TBW・500GB/300TBW・1TB/600TBW・2TB/1200TBW

MTBF:150万時間

比較的利用者のレビューを見かける商品です。転送速度は最大7000MB。ヒートシンク付きのセット品は価格が2,000円ほど上がりますが、PS5に取り付けられる商品です。

 

5位:Western Digital SN850

WESTERNDIGITAL
¥16,028 (2023/01/30 09:09:54時点 Amazon調べ-詳細)

スペック

最大転送速度:500GB~/7000MB

容量:500GB~2TB

TBW:500GB/300TBW・1TB/600TBW・2TB/1200TBW

MTBF:不明

WDのM.2SSDもヒートシンク付きが販売されており、そのまま搭載することができるサイズです。

 

6位:CFD販売 PG4VNZシリーズ

シー・エフ・デー販売
¥22,543 (2023/01/30 09:09:55時点 Amazon調べ-詳細)

スペック

最大転送速度:500GB/6500MB・1TB~/7000MB

容量:500GB~2TB

TBW:500GB/350TBW・1TB/700TBW・2TB/1400TBW

MTBF:不明

PS5動作確認済みと記載があり、価格も比較的抑えられる商品です。1TBの場合、ヒートシンクを別で購入しても2万円ほどで搭載できてしまいます。TBWも他より少しだけ高いです。

 

7位:crucial P5 Plus CT1000P5PSSD8JP

Crucial(クルーシャル)
¥12,300 (2023/01/30 09:09:56時点 Amazon調べ-詳細)

スペック

最大転送速度:500GB~/6600MB

容量:500GB~2TB

TBW:500GB/300TBW・1TB/600TBW・2TB/1200TBW

MTBF:200万時間

平均的なスペックの有名メーカーの商品。最大転送速度は500GBから6600MBでそこそこの性能。1TB以上になってくると、突出したスペックが無いので埋もれてきてしまうかなという印象ですね。

ただ200万時間のMTBFは優秀です。

 

8位:MSI SPATIUM M480

スペック

最大転送速度:1TB~/7000MB

容量:1TB~2TB

TBW:1TB/700TBW・2TB/1400TBW

MTBF:160万時間

ゲーミングPCのパーツなどを多く販売しているMSIのM.2SSDです。

PS5で使用できますが、スペックのわりに価格は高め、ブランド価格になってる気もします。

 

PS5におすすめのM.2SSDのスペック・価格比較表

容量と転送速度・TBWなどを比較したうえで購入したい方は、ご覧ください。

参考価格は1TBのヒートシンク無しの価格です。

商品リンクSeagate FireCuda 530Kingston FURY SSD RenegadeADATA GAMMIX S70 BLADESamsung 980 PROWestern Digital SN85CFD PG4VNZcrucial P5 PlusMSI SPATIUM M480
1TBの価格18,990円19,020円13,414円19,990円17,337円22,380円13,190円20,993円
250GB/速度6400MB
500GB/速度7000MB7300MB6900MB7000MB6500MB6600MB
1TB/速度7300MB7300MB7400MB7000MB7000MB7000MB 6600MB7000MB
2TB/速度7300MB7300MB7400MB7000MB7000MB7000MB 6600MB7000MB
4TB/速度7300MB7300MB
TBW640~5100500~4000740~1480150~1200300~1200350~1400300~1200700~1400
MTBF180万時間180万時間200万時間150万時間200万時間160万時間
ヒートシンク付き

※2022年12月時点での価格です、最新価格はリンク先をご確認ください。

 

PS5で使用できるヒートシンク

片面を冷やすか、両面冷やすかの2種類ですが、以下の2商品は確実に利用できるのでオススメです。

 

M.2SSDの取り付け時の注意点

必要な工具は、サイズがNo1規格のプラスドライバー。

家にある適当なプラスドライバーでPS5のネジを回すと、ネジ穴つぶす可能性があるので気を付けてください。使われているネジ穴が普通より小さいです。

 

取り付け手順は、以下の動画でも紹介していますので、ご確認ください。

 

コストを抑えたいなら外付けSSDにゲームデータを避難させる

以下の記事ではPS5におすすめの大容量で、転送速度も速い外付けSSDを紹介しています。

PS5におすすめの外付けSSDランキング12選!利用条件と注意点も解説【2023年】

続きを見る

 

まとめ

自分で探す場合は、以下のポイントを考えてみてください。

ポイント

  1. Gen4対応
  2. 容量250GB以上4TBまで(1TB以上がおすすめ)
  3. 5,500MB以上の転送速度
  4. 耐久性はなるべく高め(TBWで比較)
  5. ヒートシンク付きは高さ11.25mmまで

この条件をクリアしていれば、PS5に取り付けて利用することができます。あとは、予算と相談して1TB・2TBなど決めていきましょう。

容量を増やせば、安心して自由にゲームをダウンロードできます。いちいちゲームデータ消したりなど面倒な作業をしなくて済むので是非取り入れてみてください。

Seagate FireCuda 530レビュー!PS5対応の高速転送と耐久性を備えたGen4 M.2 SSD

続きを見る

FireCuda 530はヒートシンク付きを買う価値がある!読み書き・冷却性能を比較【PS5対応M.2SSD】

続きを見る

こんな記事も読まれています

無停電電源装置

2023/1/6

無停電電源装置(UPS)機能搭載「BLUETTI EB3A」をレビュー!家でもアウトドアでも使える超小型ポータブル電源

家でもアウトドアでも使えるポータブル電源「BLUETTI EB3A」をレビュー!コンパクトで600W出力に対応

ReadMore

ゲーミングイヤホン

2022/12/26

SOUNDPEATS Capsule3 Proをレビュー!コスパ最高のANC・ハイレゾ対応完全ワイヤレスイヤホン

SOUNDPEATS「Capsule3 Pro」の製品スペック・外観だけでなく、実際に使用してみた感想やイヤホンから出る音を録音した音源なども聞いていただくことができます

ReadMore

M.2SSD PS5周辺機器

2022/12/23

「Kingston FURY Renegade SSD ヒートシンクモデル」をレビュー!PS5のロード時間を高速化できる内蔵M.2SSD

PS5の内蔵ストレージ増設に使用できるM.2 SSD「Kingston FURY Renegade SSD ヒートシンクモデル」の冷却性能・転送速度を検証

ReadMore

ゲームパッド

2022/12/8

GameSir G7の使用レビュー!2種類のパネルが楽しめる背面ボタン付き有線コントローラー

交換パネル付き・背面ボタンを搭載した有線コントローラー「G7」の使用レビュー

ReadMore

ゲームデバイス/ガジェット

2022/12/23

TP-Link「Deco M4」長期使用レビュー!メッシュWiFiで快適な通信環境を作る

自宅のWiFi環境を安定させたい人におすすめの「Deco m4」の長期使用レビュー

ReadMore

PCデスク

2022/11/22

「FlexiSpot」のスタンディングデスクがAmazonブラックフライデーセールで最大40%OFF!日替わり1円対象も

Amazon2022年ブラックフライデーセールのセールでおすすめのFLEXISPOT電動スタンディングデスクを紹介します

ReadMore

ガジェット

2022/10/31

Funlogy Portableをレビュー!安くて音が良い防水ワイヤレススピーカー

お風呂・アウトドア・キッチン・デスクなど、どこでも気にせず使いやすく、小さいのに以外と音も出るコスパの良いスピーカー「Funlogy Portable」をレビュー

ReadMore

ゲーミングイヤホン

2022/11/25

SOUNDPEATS新製品Air3 Deluxe HSをレビュー!世界初のハイレゾ対応インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSをしばらく使ってみた感想や実際に聞こえる音・マイク音質など検証した結果・良い点や気になった点をお伝えします

ReadMore

ゲーミングイヤホン

2022/10/31

ゲームで使えるコスパ最強の人気イヤホン「fainal E500」をレビュー

人気のある「fainal E500」の特徴・使用感・ゲームで長時間使った感想

ReadMore

ゲーミングキーボード

2022/10/31

Razer Tartarus Proの長期使用レビュー!人気左手デバイスができること・できないこと

Razer Tartarus Proのできること・できないこと。基本的な使いかたを紹介

ReadMore

ヘッドセット

2022/10/31

PS5 PULSE 3D ワイヤレスヘッドセットの長期使用レビュー!プレイするゲームを選ぶ純正品

PULSE 3D ワイヤレスヘッドセットを長期間使い続けたレビュー

ReadMore

ガジェット

2022/10/31

Oscal C80実機レビュー!1万円台で購入できるAndroidスマホでゲームプレイ

安いAndroidスマホを探している人におすすめできる「Oscal」の新商品「C80」をレビュー

ReadMore

ゲーミングキーボード

2022/9/7

5000円の前後の安いおすすめゲーミングキーボード12選!MMO・FPSに最適

超低コストで「ゲーミングキーボード」を手に入れて、快適な環境でゲームしたい人におすすめの商品を紹介しています。

ReadMore

ゲームデバイス/ガジェット

2022/9/1

Switch・PC対応のコントローラー「PXN P-50」をレビュー!かわいいデザインとスマホ連携機能が魅力

純正プロコンより安く機能も豊富なコントローラーを紹介します

ReadMore

スピーカー

2022/12/29

コスパ最強のPCスピーカーおすすめ18選!高音質・ゲーミングモデルも

PCスピーカーの音を良くしたい人にオススメのスピーカーを紹介。安い商品から音に拘りたい人。ゲーミングPCスピーカーまで厳選しました。

ReadMore

モニター

2022/8/29

FF14・FPSゲームに最適なウルトラワイドモニターおすすめ12選!選び方やメリットを紹介【2022年】

FF14・FPSにおすすめの最新ウルトラワイドモニターや選び方を紹介しています

ReadMore

プロジェクター

2022/7/19

賃貸にプロジェクター用の壁紙を貼ってみた!ポップインアラジン2で映像を検証

賃貸の壁にプロジェクター用の壁紙をDIYで貼って検証!賃貸でも貼れる方法も紹介しています

ReadMore

ガジェット

2022/7/11

PITAKA MagEZ Case2 for iPad Air 第5世代対応ケースをレビュー!iPadを使いこなすためのガジェット

iPad Air第5世代で使えるApple Magic Keyboardと相性が良く、マグネットで簡単に付け外しができる「PITAKA MagEZ Case2 for iPad Air」を紹介します。   マグネット対応のiPadケースが欲しい 丈夫なケースを探している iPadを快適に使える周辺機器が欲しい   そんな人におすすめの商品です。   このケースを持ち歩いたり、ケースに取り付けてみたりして、2週間ほど使ってみた感想をお伝えします。   同じPITAKA ...

ReadMore

ゲーミングイヤホン

2022/7/7

6000円以下で防水・ノイキャン付き完全ワイヤレスイヤホン!MUINE T1をレビュー

防水・ノイズキャンセル機能搭載で、通話品質もそこそこいい完全ワイヤレスイヤホンをしばらく使用した感想

ReadMore

ソフト

2022/7/4

主婦が「Filmora(フィモーラ)」で編集してYoutubeに初投稿!初心者でも楽しく動画編集できるおすすめソフト

初心者の妻でも簡単に編集してYoutubeに初投稿!動画編集ソフト「Filmora(フィモーラ)」のレビュー

ReadMore

2023年1月限定セール&おすすめPC

続きを見る

2023年「黒い砂漠」PC版の魅力!必要スペックや容量とダウンロード手順も徹底解説

続きを見る

Youtubeチャンネル

Youtubeでもゲーミングデバイス・ガジェット・ゲーム関連情報をアップしていますので、ぜひご覧ください。

動画一覧

カテゴリーから記事を探す

-M.2SSD, PS5周辺機器
-, ,