M.2SSD SSD

Seagate FireCuda 540 SSDレビュー:最高のゲームパフォーマンスを実現するGen5対応の高性能M.2 SSD

記事内のURLはプロモーションを含む場合があります

FireCuda540のアイキャッチ

Seagateの最新製品「FireCuda 540 SSD」は、Gen5規格に対応した高性能SSDです。

FireCuda 540 SSDの魅力

  • 高い耐久性
  • 快適な読み書き速度
  • 最大10Gb/sの速度
  • DirectStorageに対応

個人的に耐久性で選ぶなら、SeagateのM.2SSDはかなり優秀。

 

この記事では、FireCuda 540 SSDの特徴、性能、そしてゲームプレイに与える影響について、分かりやすく解説していきます。

 

自作PC歴10年以上・ガジェット・ゲーム好きのWEBライター。TwitterYoutubeもやってます。お問い合わせはコチラ

 

Seagate FireCuda 540 SSD

Amazonで探す

TSUKUMOで探す

コスパならコレ
FireCuda520リフレッシュアイキャッチ画像
コスパが高いM.2 SSD!Seagate FireCuda 520 リフレッシュをレビューで徹底解説

続きを見る

提供:Seagate様

FireCuda 540 SSDのスペックと特徴

まずは、FireCuda 540のスペックと特徴からお伝えします。

FireCuda 540 SSDのスペック

項目 FireCuda 540 SSD 2TB
インターフェイス PCIe Gen5 ×4、NVMe 2.0
読取り 10,000MB/秒
書込み 10,000MB/秒
TBW(最大) 2,000TB
MTBF(平均故障間隔) 180万時間
容量 2TB、1TB
保証 5年
データ復旧サービス「Rescue」 付帯
価格 53,480円(23年7月24日時点)

FireCuda 540 SSDは、NVMe技術を採用したM.2SSDです。

容量は1TBと2TBの2種類。

 

耐久性の高さは比較しても圧倒的

Fire Cuda 540のTBW

容量に合わせてTBWは下がりますが、他メーカー同じ2TBの製品と比較しても耐久性の高さTBW2000TBは抜群。

FireCuda 540 SSD 2000TB
crucial T700 CT2000T700SSD5JP 1200TB
ADATA LEGEND 970 SLEG-970-2000GCI 1400TB

転送速度のデータ最速は、crucial T700 で最大12,400MB/秒でした。

 

レビュー時点でGen5対応のM.2がかなり少ないですが、出ている製品の中で比較しても耐久性で選ぶならおすすめできます。

 

Gen5で読み書き速度が高速化

Firecuda540 Gen5に対応

By:FireCuda公式

FireCuda 540 SSDは、Gen5に対応で圧倒的な読み込み速度なのも特徴。

ゲーム起動・ロード時間や大容量ファイルの読み込み速度の時間が大幅に削減されるのが大きなメリットです。

 

読み書き速度については、どれくらい差があるのか、後で検証しています

 

DirectStorageに対応

Directstorageでロードを高速化

By:FireCuda公式

DirectStorageは、Windows 11向けに開発されたゲーム向けの技術のことです。

従来のストレージシステムでは、ゲームのデータを読み込む際にCPUが中間処理を行っていましたが、DirectStorageではストレージとGPUが直接データをやり取りすることができるため、処理速度が向上するという仕組みになっています。

 

DirectStorage対応ゲームで今のところ情報があるのは「Forspoken」というアクションゲームくらいなので、これから増えることに期待ですね。

 

Seagate FireCuda 540 SSD

Amazonで探す

TSUKUMOで探す

FireCuda 540 SSDの外観

FireCuda540のパッケージ表

FireCuda540のパッケージ裏

パッケージは、紙の箱に入っています。

FireCuda540の同梱物

同梱物は、説明書類とシール。データ復旧サービス「Rescue」の紙。そして本体です。

FireCuda540

FireCuda540は両面

FireCuda 540 SSDの2TBモデルは、両面にチップが搭載されている製品でした。

 

Seagate FireCuda 540 SSD

Amazonで探す

TSUKUMOで探す

検証に利用したPCスペック

AMDマザーボードの構成です。

GPU:RTX2070SUPER

電源:750W GOLD

CPUクーラー:Noctua NH-D15S Chromax

AMD Ryzen 5 7600X

AMD
¥37,980 (2024/07/13 00:20:00時点 Amazon調べ-詳細)

ゲームにもおすすめのCPUと言われている製品。

価格を抑えながら、DDR5メモリ・Gen5SSDに対応させたい人におすすめです。

ただし、クーラーは付いてないので、AM5対応のCPUクーラーは揃える必要があります。

 

MSI マザーボードMAG X670E TOMAHAWK WIFI

全体がブラックカラーでLED装飾も無いマザーボードです。LEDで光らせたくない人にピッタリだと思います。

ゲーミングモデルなので、電源周りもしっかりしていて14+2+1フェーズ 80A SPS対応。

Gen5 SSDにもちろん対応していますし、M.2スロットが4つ搭載されているのも特徴です。リアI/Oパネルは、WiFiアンテナを直接取り付けて使えるタイプ。

 

M.2の取り付けがクリップ式になっているのもかなり便利。

ただ、CPU電源に8ピン2つ必要だった点は注意。低W数の電源だと1つしか8ピンがついてない場合があります。

 

ADATA PC5-38400 (DDR5-4800)

定格4800で駆動するDDR5メモリ。16GB×2の32GBを利用しています。

比較的安くなってきましたが、その中でも安さが魅力だったので、ADATAの製品にしました。

 

Seagate FireCuda 540 SSD

Amazonで探す

TSUKUMOで探す

FireCuda 540 SSDのベンチマーク結果

Gen4のM.2SSDのデータと比較しながら見ていきましょう。

CrystalDiscMarkで転送速度を検証

転送容量 FireCuda 540(Gen5) FireCuda 530(Gen4)
64MB FireCuda540 64MB FireCuda53064MB
1GB FireCuda540 1GB FireCuda5301GB
4GB FireCuda540 4GB FireCuda5304GB
16GB FireCuda540 16GB FireCuda53016GB
32GB FireCuda540 32GB FireCuda530 32GB

※検証結果は2TBの製品のものです

 

Gen4と比較すると、読み書き、どちらもかなり性能が上がっています。

 

3DMarkのストレージベンチマーク結果

storageベンチマーク

各ゲームの読込や、録画。

SSDの性能を数値化してくれるベンチマークです。

転送速度のスペックが約半分ほどのFireCuda 520のスコアと比較すると、だいたい倍くらい性能があるのが分かります。

 

Seagate FireCuda 540 SSD

Amazonで探す

TSUKUMOで探す

ゲームのロード時間を比較

ロードが多いゲーム「FF14・MonsterHunterWorld・原神」で検証してみました。

※注意:製品の性能は実際の使用状況によって異なる場合があります。

FF14のロード時間の差

FF14ロード時間

FF14は、ロードタイミングも多く発生するゲームです。

種類 FireCuda 540 Gen5 FireCuda 530 Gen4
キャラクター選択画面から画面表示 5.46秒 7.30秒
テレポ移動時のロード時間 2.40秒 2.53秒

 

テレポは誤差・・ですが、最初のロードは早いですね。

 

MonsterHunterWorldのロード時間の差

MonsterHunterWorld

種類 FireCuda 540 Gen5 FireCuda 530 Gen4
出発~到着までのタイム 4.36秒 4.93秒
帰還までのタイム 1.76秒 2.93秒

クエスト出発時の画面暗転から明るくなるまで。クエスト離脱時のセーブ・拠点へ戻るまで。の2つを計測。

出発はほぼ差が無いですが、帰還時のロードは少し早い。

 

原神のロード時間の差

原神

初期画面が読み込まれるまでの時間、移動時の読込速度を計測。

項目 FireCuda 540 FireCuda 530
ゲーム画面が表示されるまで 12.13秒 14.13秒
MAPテレポ移動時 2.40秒 2.50秒

原神は、最初の長いロードで結構差が開きます。

 

ゲームのロード時間を少しでも短くしたいと感じている人は、FireCuda540でさらに快適に感じるはずです。

 

Seagate FireCuda 540 SSD

Amazonで探す

TSUKUMOで探す

転送速度の安定性と温度

安定性と転送時の温度もチェックしてみました。

安定した速度で転送できるか

多数ファイルを移動させた場合の転送速度がどの程度維持できるのかチェックしています。

FireCuda 540データ移動1 4Kの動画ファイルを複数移動。50GBほどのデータで一気に移動させた場合、かかる時間は20秒ほどです。
FireCuda 540データ移動2 転送開始直後は最大2.37GB/sで転送。
FireCuda 540データ移動3 転送開始して10秒ほどすると、一度500MB/sほどに落ちますが、最後は1GB/sで安定していました。

 

個人的には、大容量のデータの転送もかなり早くなってる印象を受けました。

動画編集で大きいデータを扱うことも多いので、嬉しいポイント

 

温度変化

Fire cud5040温度

何も転送していない時の温度が43℃。

上記のファイル転送時の最大温度が49℃でした。

温度変化Fire Cuda540

ベンチマークを回したときの温度は、通常が40℃でしたが、後半になると最大75℃まで上がりました。

 

上がるといっても75℃は、まだまだ低いほう。

マザーボードのヒートシンクがしっかり冷やしてくれてそうです。

 

Seagate FireCuda 540 SSD

Amazonで探す

TSUKUMOで探す

Gen5対応M.2が使用できるマザーボード

Gen5を使ってみたいと思う人は、下記の表を参考にしてパーツを揃えてみてください。

AMDマザーボードの場合

Ryzen7000番台のCPUを搭載するマザーボードが必要。

チップセットの種類 対応状況
X670E 対応
X670 対応
B650E 対応
B650 一部対応
A620 非対応

今回テストで利用した下記の製品は、確実に使える組み合わせです。

AMD
¥37,980 (2024/07/13 00:20:00時点 Amazon調べ-詳細)

Intelマザーボード

LGA1700ソケットの「Z790」を中心に、一部メーカーのみ「Z690」でも使用できる状況です。

ただし、Z790でもGen5が使えるマザーボードと使えないマザーボードがあるので注意が必要。

 

AMDのほうが対応しているマザーボードの種類は多い状況。そしてややこしい・・。

Gen5対応のM.2を使いたい場合、CPU・マザーボード・メモリを揃えないといけない人が多いかもしれないですね。

 

Seagate FireCuda 540 SSD

Amazonで探す

TSUKUMOで探す

まとめ

Seagate FireCuda 540 SSDは、高い耐久性、速い読み込み速度などゲーマーにとって嬉しい特徴を持っています。

  • 耐久性は他と比較してもかなり優秀
  • 確実にゲームのロード時間が短縮される

  • 現状Gen5 M.2SSD対応環境はまだ金額が高い
  • 対応マザーボードが分かりにくい
  • Directstorage対応ゲームが少ない

Directstorageについては、今後対応ゲームが増えることに期待です。

転送速度が速くなることは検証して間違いないので、現時点でさらに転送速度やロード時間の快適さを求める人は検討してみる価値があると思います。

Seagate FireCuda 540 SSD

Amazonで探す

TSUKUMOで探す

おすすめ記事

PCゲーマーに人気

カテゴリー

-M.2SSD, SSD
-