スマートホーム

Switchbot ボットの電池交換方法を画像付きで解説!工具はいりません

記事内のURLはプロモーションを含む場合があります

Switchbotの電池交換方法アイキャッチ

Switchbot ボットの電池交換方法や必要な電池を解説をしていきます。

 

我が家はスマート家電が多く、エアコン・電気・カーテンをアレクサで操作している家です。

これからも、ありとあらゆる物をスマート化していく予定

 

この記事の内容

  • Switchbotの電気交換方法の手順
  • 必要な電池の種類(実際に使っているものを紹介)

が分かります。

 

バッテリー残量の確認方法も含め紹介していきますので、参考になれば幸いです。

スイッチボット(SwitchBot)
¥4,525 (2024/07/12 23:21:40時点 Amazon調べ-詳細)

一緒に使うと便利なガジェット

スイッチボット(SwitchBot)
¥5,339 (2024/07/12 23:21:41時点 Amazon調べ-詳細)
スイッチボット(SwitchBot)
¥2,180 (2024/07/12 23:21:42時点 Amazon調べ-詳細)

Switchbotの電池交換に必要なもの

SwitchbotのCR2電池

CR2規格のリチウムイオン電池が必要です。

 

PanasonicのCR2電池

今回、準備したのは、Panasonic製の製品

2つ交換する必要があったので1,200円くらいしました。

結構お高めですが、ビビりなので、安心できるメーカーを選びます。

 

一度交換したら、だいたい「2年くらいは持つ」と公式に書いてるので、安心代金としては安いはず。

CR2 リチウム」で検索するとAmazonで大量に出てきます。

 

予備も購入しておきたいなら、こっちのほうが安いかも。

 

ちなみに電池交換に交換に必要なものは電池のみで、工具はいりません

 

ただし、貼りつけている場所からSwitchbotをはがしている人は、もう一つ必要です。

両面テープがダメになっていると思いますので新しくシールも購入しましょう。

 

わたしは引っ越しの時にはがしてたので、両面テープすら付いてませんでした。

シールは4枚入りがAmazonで800円で売ってます。

Switchbot2つぶんなので、丁度良かった。

 

Switchbotの電池交換方法

Switchbot側面のくぼみ

交換方法は、本体の側面に一部分だけへこんでいる場所があります。

Switchbotのくぼみに爪を入れスライド

そこを爪で引っ掛けながら左右どちらかにスライドさせると、パカっと簡単に開きます。

爪恐い人はマイナスドライバーとか使うといいかもしれません。

Switchbotの内部

開くと、電池が出てきます。

左側にあるボタンは、リセットスイッチですね。

Switchbotのリセットボタン

設定リセットしたい人は押してください。

Switchbotに新しい電池を入れる

電池を取り出して、新しいのを入れましょう。

プラスマイナスの表示はないんですが、バネが無いほうがプラス側です。

Switchbotのフタをする

電池を取り付けたら、蓋をして完成。

Switchbotのフタを押す

フタをしめるときは押し込むとパチっと音がします。

 

フタの外し方は、かなりアナログで、多少力がいります。

隙間に入れて無理やり開けるよりスライドさせたほうがスムーズでした

 

Switchbotで快適なスマートホーム生活を

Switchbotのアプリ Switchbotの動作チェック

スマホのアプリを操作して、スイッチが動くかチェックしてみてください。

 

バッテリー残量はSwitchbotのアプリを開いて、確認したいSwitchbotを選び、ファームウェア&バッテリーで確認できます。

電池が少なくなればアプリから通知が来るので親切ですね。

 

今回電池交換したSwitchbotボットは、他の製品と組み合わせて使うと超便利です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

一緒に使うと便利なガジェット

スイッチボット(SwitchBot)
¥5,339 (2024/07/12 23:21:41時点 Amazon調べ-詳細)
スイッチボット(SwitchBot)
¥2,180 (2024/07/12 23:21:42時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ記事

PCゲーマーに人気

カテゴリー

-スマートホーム
-