ゲーマーログYoutubeチャンネル

PC・ゲーミングデバイス・ガジェットレビューや役立つゲーム知識を発信しています。

最新動画はコチラ

ゲーミングPC(デスクトップ)

ガレリア「GALLERIA ZA9C-R39」レビュー!最強のゲーミングPCは4K対応のすごいやつ

02/24/2021

ハイエンドグラボRTX3090を搭載した、ガレリアの最強ゲーミングPC「GALLERIA ZA9C-R39」をレビューします。

RTX3090とCore i9-10850Kの組み合わせの性能ゲームベンチマークやゲームプレイ時のFPS・配信状況・他メーカーBTOとの比較を確認したい人は、ぜひ最後までご覧ください。

 

2021年2月20日時点でハイエンドグラボRTX3090そのものが入手しにくくなっているので、搭載しているBTOを見つけたら結構レアだと思います。

 

公式サイトはコチラ

/最短翌日出荷・ポイント還元も\

3/4までにPC購入で最大50,000P当たる\

詳細はこちら

ドスパラさんに「GALLERIA ZA9C-R39」をお借りして記事を作成しています。構成や価格は変更される可能性がありますので、公式サイトも確認するようになさってください。

GALLERIA ZA9C-R39のレビュー評価!

公式サイトのレビューも複数ありますが、実際に使ってみた感想をまとめてみました。

Good

  • スペックは文句なしのハイエンド
  • 4Kでのゲームプレイにも最適
  • 重たいグラボも安定して設置
  • 静音性も高い
  • 最短翌日出荷

Bad

  • ケースは大きめ
  • ケース上に物を置くのは厳しい
  • カスタマイズの選択肢少なめ
  • ケース開けないとパーツメーカー分からない

配信もしない、フルHDゲームプレイのためだけに購入するには完全にオーバースペックです。フォートナイトやAPEXレベルのゲームをプレイするだけなら、もっとスペックが低くても問題ありません。

ZA9C-R39は、動画編集もバリバリやって、4K60FPS以上でゲームプレイもしたい人・これから先長く使うために最強のゲーミングPCを購入しておきたい人向けだと思います。

 

RTX3090とCorei9-10850K構成で買う人はコスパ目的ではないはずなので、いかに自分の満足できるスペックのものが購入できるのか・・。そこまで求めてないってかたは、下の記事も参考にしてみてください。

 

10万円以下で買えるガレリア「GR1650TGF-T」レビュー!激安ゲーミングノートの動画編集・ゲーム性能【レンタル可能】

10万円以下で購入できるガレリア「GR1650TGF-T」の性能。動画編集やゲームプレイ時のFPS数値など気になるポイントを検証しました。

続きを見る

ALIENWARE「M17 R3 スプレマシー」レビュー!大画面の高リフレッシュレート対応ゲーミングノート

DELLのゲーミングPCブランドALIENWAREが販売している「M17 R3 スプレマシー」をレビューします。 エイリアンウェアの17インチノートが気になる ゲーミングノートPCの性能が気になる エ ...

続きを見る

GALLERIA ZA9C-R39のスペック

税抜き:313,980円

公式サイトはコチラ

/最短翌日出荷・ポイント還元も\

3/4までにPC購入で最大50,000P当たる\

詳細はこちら

パーツスペック
OSWindows10
CPUCore i9-10850K
グラボPalit RTX3090
メモリ16GB
マザーボードASUS PRIME Z490-P
M.2 NVMe SSD1TB
HDD無し
光学ドライブ無し
電源850W 静音電源 (80PLUS GOLD)

CPU:Core i9-10850K

CPUスコア
Ryzen9 3900XTマルチ:7153/シングル:542
Core i9-10900Kマルチ:6431/シングル:551
Core i9-10850Kマルチ:6350/シングル:539
Corei i7-10700Kマルチ:4997/シングル:514

※細かい数値は計測ごとに変化します

CPUのスコアを図るベンチマークソフトの結果を比較すると、Core i9-10900Kとほぼ同じスペック。Ryzen9 3900XTにはマルチスコア性能で、10%ほど性能が劣ります。

ドスパラでも人気のCore i7-10700Kと比較すると、30%近く性能が上という結果です。

 

グラボ:PalitのRTX3090

ドスパラで販売されているPalitのグラボが搭載されていました。

グラボの性能は、2021年2月時点で超ハイエンドクラスなので、なんでもやりたいゲームで遊べるグラボです。

単体購入するとなるとRTX3090は20万円普通にしています。

詳しくはコチラ

マザーボード:ASUS PRIME Z490-P

コスパの良い商品で、冷却性能が高く、10世代のIntelCPUの性能を引き出すための設計になっています。

 

公式サイトはコチラ

/最短翌日出荷・ポイント還元も\

3/4までにPC購入で最大50,000P当たる\

詳細はこちら

GALLERIA ZA9C-R39の外観

外観と特徴を紹介します。

GALLERIA(ガレリア)ZA9C-R39の外観を画像でチェック

前後左右の見た目は、こんな感じ、全体的に落ち着いたデザインでRGBが搭載されていますが消して使うこともできます。

古いケースがブラックだったのに対し、新しいケースはグレー系でブルーのラインがアクセント。

項目スペック
サイズ220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
重量約14Kg

 

奥行きが44㎝と書かれていましたが、実際はケーブルを接続するためのスペースも必要なので、設置場所の奥行きは50㎝ほど必要です。

両サイドのブルーのメッシュ部分もエアフローに関係するため、完全に左右壁にベタ付けすることもできません。

 

アクセスしやすい前面インターフェース

斜め45度に搭載された前面インターフェース類は使いやすいです。

デスク下に置いても、デスク上に置いても比較的アクセスしやすい位置にポート類が搭載されています。

 

静音性を保ちながら冷却性能の高いデザイン

ケース上部は排気に使えるようメッシュ形状になっているため物を置けません。個人的には置いても問題ないようにしてほしい。

吸気は、サイドパネルのブルーのメッシュ部分から。

電源下にも取り外し可能なメッシュのフィルターが搭載されているので、ホコリの除去がしやすくなっています。

内部を見てみると、前面に140mmファンを搭載。

背面にも140mmファンを搭載。

大型の空冷CPUクーラーも搭載。

拡張性は十分!

ケース内の拡張性はかなり高いです。RTX3090など大型グラボの場合は、グラボを支えるためのバーが取り付けられているので、安定感も抜群です。

電源上の四角い部分にはHDDを増設することができ、Blu-rayドライブもカスタマイズ注文できます。

マザーボードの裏のスペースは、こんな感じです。

上下に電源ケーブルを通しやすい隙間があるので、裏配線に拘って綺麗にケーブルをまとめたい人にもオススメできます。

空冷以外にも、上と全面には簡易水冷ラジエーターを取り付けられる十分なスペースがありました

背面には2.5インチSSDを2つ

HDDを2つ増設できるスロットを搭載。手でつまむだけで簡単に出てきます。

底の電源横スペースもゆとりがあるので、ケーブルを隠しやすくなっています。

公式サイトはコチラ

/最短翌日出荷・ポイント還元も\

3/4までにPC購入で最大50,000P当たる\

詳細はこちら

GALLERIA ZA9C-R39の各種ベンチマーク結果

各種ベンチマークの結果を紹介します。

ゲームベンチマーク

ソフトフルHD最高設定4K最高設定
DQ10

PSO2など軽いゲームの目安になります。なぜか4K設定のほうがスコアが高いという・・。

FF14

フォートナイト・APEXなどミドルクラスレベルのゲームの参考になるスコアです。このあたりは設定気にせずに遊べます。

FF15

サイバーパンク・モンスターハンターなど重たいゲームの参考になるスコアです。4Kでもかなり高いスコアが出ました。

スペック系ベンチマーク

ソフトスコア
ストレージ

読み込み・書き込みともに高速です。

CPU

R23で計測した結果は、マルチ15070・シングル1302です。

他のCPUのベンチマークと比較したいかたは、この数値で処理能力を比較してみてください。

 

人気ゲームプレイ時のFPS!

人気ゲームをインストールしてプレイしてみました。

ポイント

  • フォートナイト(ミドル)
  • APEX(ミドル)
  • モンスターハンターワールド(重たい)
  • CyberPunk2077(重たい)

フォートナイト

プリセットの最高設定でも144FPS以上は余裕で出ます。綺麗な映像でゲームしたい人は最高設定で遊んでください。

描写距離や解像度以外を最低にすると300以上出ますので、240Hzモニターなども十分使えます。

 

Apex Legends

165Hzのゲーミングモニターを使用しています。

最高設定から何も変更しなくても、165FPSから一切下がりませんでした。

 

モンスターハンターワールド

平均FPSは、110~120くらいです。

最高設定でクエストに挑戦しましたが、100FPSを切ることはまず無さそうです。

 

CyberPunk2077

重たいゲームとしても有名ですが、レイトレーシングの最高設定でも快適にプレイできます。

街中は一番人が多くてFPSが落ちやすい環境ですが、60FPSを下回ることはまずありません。

 

公式サイトはコチラ

/最短翌日出荷・ポイント還元も\

3/4までにPC購入で最大50,000P当たる\

詳細はこちら

ゲーム配信と設定

フォートナイトをOBSを使ってYoutubeで配信したときの状況です。

OBSの配信設定

フルHD解像度

60FPS

20000ビットレートで配信

フォートナイトの設定

最高設定の状態でプレイ

ポイント

最高設定時のFPSで、だいたい平均140FPS以上。影を切ってみるだけでも平均200FPS以上になるので、快適にプレイできると思います。

かなりスペックに余裕があるので、最高設定のままでも十分プレイできます。

わたしの環境の場合、配信画質をもっとあげるとなると、自宅のインターネット回線の遅さが足を引っ張ている感覚が強いです。

 

動画編集

ダビンチリゾルブをインストールして、このPCで動画編集がどれくらい快適にできるのかも試してみました。

カット作業・エフェクトを入れたり、画像を重ねたりと色々やりましたが、かなり快適に作業できる印象です。

約7分の動画を書き出すのにかかる時間は、半分以下。動画編集する人でも安心して使えると思います。

 

初期搭載されているメモリが16GBなので購入時に予算に余裕があるなら32GBにして、HDDを追加しておくと最初から完璧構成で使い始められると思います。あとで追加も増設もできますよ。

 

公式サイトはコチラ

/最短翌日出荷・ポイント還元も\

3/4までにPC購入で最大50,000P当たる\

詳細はこちら

RTX3090搭載!他メーカーのBTOと比較

RTX3090を搭載している他メーカーBTOとの比較です。

arkhive Gaming Custom GC-I9G39Z

キューブ型のゲーミングPC

詳しくはコチラ

/税込:479,800円\

パーツスペック
OSWindows10
CPUCore i9-10900K
グラボRTX3090 メーカー指定不可
メモリ32GB SanMax DDR4-2933
マザーボードASRock Z490M-ITX/ac Mini-ITX [無線LAN対応]
M.2 NVMe SSD1TB - Western Digital BLUE
HDD無し
光学ドライブ無し
電源1000W - 80PLUS PLATINUM

このゲーミングPCが勝っている点は、メモリ32GB・1000WのPLATINUM電源を搭載している点です。CPUクーラーは、MSI MAG Core Liquid 240Rが搭載されています。

マザーボードも無線対応なので、WiFi環境でも使えますね。キューブ型のコンパクトサイズのケースが使われているので、省スペースに設置したい人にもおすすめできます。

 

G-tune XP-Z & XP-A

8Kにも対応表記・Core i9-10900K

XP-Z

/税別:419,800円\

 

Ryzen7 3800XT Gen4 SSD搭載

XP-A

/税別:399,800円\

パーツスペック
OSWindows10
CPUCore i9-10900K
グラボRTX3090
メモリ32GB
マザーボード不明
M.2 NVMe SSD1TB
HDD4TB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
電源1200W (80PLUS GOLD)

マウスは搭載されているパーツのメーカーまでは公開されていないので、開けてみないと分かりません。ドスパラのPCと比較するとかなり価格は上ですが、32GBメモリに360mmの大型水冷クーラーが搭載されています。

4TBのHDDも搭載していますし、1200W電源搭載で電源容量にゆとりがありますね。だいたい注文後20日程度で出荷されるようです。CPU違いで2つのタイプが販売されています。

 

パソコン工房「LEVEL-R049-LCiX8K-XAXH」

メンテナンス性抜群のケース

詳しくはコチラ

/税別:325,980円\

パーツスペック
OSWindows10
CPUCore i9-10850K
グラボRTX3090
メモリ32GB
マザーボードZ490チップセットマザーボード
M.2 NVMe SSD500GB
HDD2TB
光学ドライブDVDスーパーマルチ
電源800W  (80PLUS GOLD)

価格は一番ドスパラと近いですが若干上。メモリ32GBを搭載していて、HDD・DVDドライブも搭載しているのがポイントです。

注文してから、だいたい1~2週間ほどで届くみたいですね。それ以外は特にこれといった特徴もないですね。ケースのデザインは、カッコいいと思います。

 

まとめ

今回は、RTX3090とCore i9-10850Kの組み合わせの性能ゲームベンチマークやゲームプレイ時のFPS・配信状況・他メーカーBTOとの比較してきました。

価格はそれなりにしますが、その中でもドスパラはかなりコスパもいいほうです。ハイエンドゲームも4K画質でプレイできる性能・ゲーム実況全く問題なく可能・動画編集も確実にできるスペックで販売されています。

最強のゲーミングPCが欲しい人は検討してみてはいかがでしょうか。

ガレリアはRTX3090を搭載したゲーミングPCラインナップが結構豊富です。予算に合わせてチェックしてみてください。

GALLERIA RTX3090ラインナップ

ZA9C-R39 本商品Core i9-10850K313,980円
ZA7C-R39Core i7-10700K304,980円
XA7C-R39Core i7-10700273,980円
ZA9R-R39Ryzen 9 5900X356,480円
ZA7R-R39 5800XRyzen 7 5800X326,480円
ZA7R-R39 SSD1TBRyzen 7 3700X276,480円
ZA7R-R39 SSD512GBRyzen 7 3700X265,480円

 

公式サイトはコチラ

/最短翌日出荷・ポイント還元も\

3/4までにPC購入で最大50,000P当たる\

詳細はこちら

/お急ぎ便・日時指定が無料に\

Youtubeチャンネル

関連記事



カテゴリーから記事を探す

おすすめ記事

1

マウスパッド購入時にチェックしておきたい選び方のポイント・プロゲーマーが愛用しているゲーミングマウスパッドのおすすめランキング・Amazonの売れ筋上位商品を3つ比較してみました。

2

10万円以下で購入できるガレリア「GR1650TGF-T」の性能。動画編集やゲームプレイ時のFPS数値など気になるポイントを検証しました。

PS5におすすめのゲーミングヘッドセット 3

PS5の「Tempest” 3Dオーディオ」技術対応商品の選び方。メーカー側がPS5で使用できることを記載しているゲーミングヘッドセットを紹介します。

4

PS5におすすめの外付けSSDを転送速度順で紹介。PS5の使用条件や、利用するべき情報を紹介

-ゲーミングPC(デスクトップ)
-, ,

© 2021 ゲーマーログ