デスクトップPC

【2023年】10万円以下で買えるおすすめゲーミングPC!ゲーム性能や選び方と合わせて紹介【デスクトップ】

記事内のURLはプロモーションを含む場合があります

PCゲームしたいなと思っていても、なかなか高くて手が出ない、どんなPC買えばいいか分からない人も多いんじゃないでしょうか。

そこで今回は、予算10万円以下で購入可能なゲーミングPC(デスクトップ)を9店舗調査した上で紹介していきます。

 

予算は10万円以下で買いたい
ゲームがどれくらい動くのか知りたい
メーカーを調べるのが大変なので、おすすめを知りたい

 

そんな人にピッタリの記事です。

 

正直、誰にでもおすすめというわけではありません

やっぱり10万円のPCができない人もいますので、それも合わせて参考にしていただければ幸いです

 

予算10万円のゲーミングPCの基本構成・どんな人におすすめ?

10万円以下で買えるPCの構成やおすすめする人について

基本構成

だいたい以下のような構成になってきます。

CPU Ryzen 5 4000番台
グラボ GTX1650・1660SUPER
メモリ 16GB
ストレージ 500GB~

 

予算10万になってくると、最新グラボを搭載したゲーミングPCの購入はできません

 

おすすめする人・しない人

おすすめできる人

  • 今持っているPCが古くてゲームができない
  • 将来パーツを交換して性能アップしたい
  • ノートPCからデスクトップに切り替えたい
  • はじめてゲーミングPCを購入予定
  • カジュアルにゲームプレイを楽しめればいい
  • リフレッシュレートは144Hzくらいでいい

おすすめしない人

  • すでにゲーミングPCを持っていて、性能を上げたい
  • 実況や配信をする予定
  • ゲームプレイの録画をしながら、快適にプレイしたい
  • 165Hz以上~240Hz対応のゲーミングモニターを使いたい
  • 重たい動画や画像の編集をサクサクやりたい

予算の関係でとりあえず安いゲーミングPCを購入しておいて、後でグラボの性能を上げるといった使い方が可能。

 

ノートPCやCS機器(PS4やSwitch)からゲーミングPCに乗り換えたい人も十分満足できる性能だと思います。

PS4やSwitchは60FPSが限界なので、PCに乗り換えるメリットが大きい。

 

はじめてゲーミングPCを購入してみたという人がレビューでも多く見受けられる価格帯で、そういった人たちは満足しておられます

 

元々ゲーミングPCを持っていて、さらに性能アップを考える人が狙う価格帯ではないです。

重たい作業やソフトをゴリゴリ使いたい、編集も配信もしたい、重たいゲームを最高設定で快適にプレイしたいと考えている人にもおすすめはしにくい価格帯になってきます。

 

やりたいゲームがどの程度のレベルでプレイできるのか、さらに性能をチェックしてみましょう。

 

予算10万円のゲーミングPCの性能

だいたいの性能の基準になると思いますので、だいたいどれくらいゲームが動くのか紹介します。

下記で紹介する情報は、GTX1660 SUPERを搭載したデスクトップ型ゲーミングPC「THIRDWAVE Lightning AT5」です。

ベンチマーク結果

ドラクエ10 すごく快適

 

GALLERIA RM5C-G60S シージのBench結果

レインボーシックスシージ 平均200FPS以上可能

 

FF14 最高品質 とても快適

 

FF15 高品質 やや快適

設定を下げて通常品質でプレイすると快適に遊べます

 

ストリートファイター6 ノーマルは100点

 

ポイント

ドラクエ10 最高設定で遊べる
レインボーシックスシージ 最高設定で遊べる
FF14 最高設定で遊べる
FF15 標準品質で遊べる
ストリートファイター6 ノーマルで遊べる

 

ゲームプレイ時の平均FPS

人気ゲームの検証結果です

APEX

最低:62FPS

平均:120FPS

最高:173FPS

 

通常プレイ時は下記のとおりです。

最低:80FPS

平均:136FPS

最高:201FPS

 

フォートナイト

最低:72FPS

平均:141FPS

最高:178FPS

負荷が高くないシーンなら、170FPS程度でプレイ可能。

 

Cyberpunk2077

高設定・フルHD解像度でのプレイ

最低:39FPS

平均:46FPS

最高:55FPS

FPSが必要なゲームではないので、これくらい出ていれば快適にプレイは可能です。

 

10万円以下でも重たいゲームは設定次第でプレイできますし、人気の高いAPEXやフォートナイト・原神などもプレイ可能

144Hz対応のゲーミングモニターと合わせて使えばさらに快適です

 

コスパで決める!144Hz対応のゲーミングモニターBest8!

続きを見る

10万円以下で購入できるゲーミングPCおすすめ3選

価格が10万円以下でセールではなくても購入できるおすすめゲーミングPCを紹介します。

全てグラフィックボードは搭載。下記のBTOショップを調査しました。

ドスパラ GALLERIA と 一般向けデスクトップに該当あり
mouse 1台該当あり
パソコン工房 グラボ搭載製品は無し
TSUKUMO 2台該当あり 在庫無し
PCショップark 10万円~
パソコンショップ7SEVEN グラボ搭載製品は無し
STORM 取り扱い無し
LENOVO 取り扱い無し
DELL  取り扱い無し

比較表

製品名 価格 CPU グラボ メモリ ストレージ
GALLERIA RM5R-G60S

 

 

99,980円

 

 

Ryzen5 4500

 

 

GeForce GTX 1660 SUPER 6GB

 

 

16GB

 

 

500GB

THIRDWAVE Lightning AT5

 

 

91,980円

 

 

Ryzen5 4500

 

 

GeForce GTX 1660 SUPER 6GB

 

 

16GB

 

 

500GB

NEXTGEAR JG-A5G1D

 

 

99,800円

 

 

Ryzen5 4500

 

 

GeForce GTX 1660 SUPER 6GB

 

 

16GB

 

 

512GB

 

※2023年11月17日時点での価格です

見た目も性能もコストも丁度いい GALLERIA RM5R-G60S

価格:99,980円(税込み)

CPU Ryzen 5 4500
グラボ GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ 16GBメモリ
ストレージ 500GB

少しコンパクトなMicroATXケースが使用されている定番構成のモデルです。

APEXやフォートナイトなど人気ゲームも設定すれば144FPSで遊ぶことができます。

 

公式サイトで見る

【ドスパラ】4月22日まで4,000円以上の購入で豪華景品が当たるかも!

 

以前レビューした時のモデルは、Ryzen5 3500だったのでCPUの性能が向上しています。

ゲーミングPCっぽい見た目やRGBで枠が光るなど低コストでも、見た目もこだわりたい人におすすめ。

 

ケース内部もゆとりがあるので、購入後にパーツを換装してさらに性能アップを目指すこともできます。

 

10万円台で買えるGALLERIA RM5R-G60S レビュー!フォートナイトやAPEX入門機におすすめ

続きを見る

ゲーマーっぽさは無いけどDVDは見れる!THIRDWAVE Lightning AT5

価格:91,980円(税込み)

CPU Ryzen 5 4500
グラボ GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ 16GBメモリ
ストレージ 500GB

上のGALLERIAとは見た目が異なり、さらにコンパクトなケースが使用されている製品です。DVDドライブが付属しているのも特徴。

ドスパラの中ではゲーミングPCではなく、グラボを搭載したデスクトップPCというジャンルで販売されています。

 

公式サイトで見る

【ドスパラ】4月22日まで4,000円以上の購入で豪華景品が当たるかも!

 

この記事でも触れているベンチマーク結果は、THIRDWAVE Lightning AT5のレビューです。

最低設定にしなくても上記のFPS数値でゲームプレイ可能でした。

ポイント

  • 予算10万円!安いほどいい
  • フルHDでゲームがしたい
  • 軽くてコンパクトなPCがいい
  • 144Hzのゲーミングモニターを使いたい
  • 高FPSを維持したいわけではない
  • DVDも使えるといいな

というポイントにマッチするかたにはオススメです。

 

mouseから販売!エントリークラス向け NEXTGEAR JG-A5G1D

価格:99,800円(税込み)

CPU Ryzen 5 4500
グラボ GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ 16GBメモリ
ストレージ 512GB

mouseのコスパモデルのミニタワー型デスクトップPC。ゲーミングPCっぽい見た目、中が見えるパネル。カスタマイズでRGBカラーの選択可能。

USBなどのインターフェースを上部に搭載しているのも特徴です。

 

公式サイトで見る

 

国内生産で、サポートも充実しているmouseのゲーミングPC。「NEXTGEAR」シリーズは直販サイトのみで購入できるブランドです。

G-TuneシリーズもハイエンドPCが多く有名ですが、コスパ重視で選びたいなら「NEXTGEAR」シリーズをチェックしてみましょう。

 

10万円以下のゲーミングPCの選び方

コスト重視の中でも最大限のスペックを求めるのがポイントです。

内蔵グラフィックではなくグラボ搭載品を

ゲームプレイを快適にプレイしたいのであればCPUの統合グラフィックではなくグラボを搭載している製品を選ぶようにしましょう。

intelやAMDの統合グラフィックでゲームプレイは不可能ではありませんが、グラボ搭載品に比べると劣ります。

メモリ容量は可能なら16GB

ゲームはもちろんいろんなソフトを同時に使いたいのであれば、8GBではなく16GBあったほうが快適です。

  • インターネットを開きながら
  • 録画ソフトを起動
  • APEXをプレイ

この時のメモリ使用状況は15GBです。

 

ストレージ容量は多いほどいい

最近のPCゲームは1本100GB近くになるものも多いです。

  • APEX 80GB以上
  • フォートナイト 50GB程
  • FF14 80GB以上
  • アーマードコア6 60GB

プレイするゲームにもよりますが最低でも500GB以上あったほうが安心です。

デザインもチェック

USBのインターフェースが上にあるのか、前にあるのかで使いやすさも変わってきます。

ガラスパネルで中が見えるのか、パネルがふさがっていて中が見えないのかで、ゲーミングっぽさも変わってくるのでチェックしておきたいポイントです。

 

まとめ

この記事では10万円以下で購入できるゲーミングPCの特徴やおすすめを紹介しました。

APEXやフォートナイトは144FPS程度、原神も60FPSでプレイ可能。重たいCyberpunk2077などのゲームは設定を落とせば、プレイすることもできます。

 

おすすめできる人

  • 今持っているPCが古くてゲームができない
  • 将来パーツを交換して性能アップしたい
  • ノートPCからデスクトップに切り替えたい
  • はじめてゲーミングPCを購入予定
  • カジュアルにゲームプレイを楽しめればいい
  • リフレッシュレートは144Hzくらいでいい

という用途に合う人はチェックしてみてくださいね。

製品名 価格 CPU グラボ メモリ ストレージ
GALLERIA RM5R-G60S

 

 

99,980円

 

 

Ryzen5 4500

 

 

GeForce GTX 1660 SUPER 6GB

 

 

16GB

 

 

500GB

THIRDWAVE Lightning AT5

 

 

91,980円

 

 

Ryzen5 4500

 

 

GeForce GTX 1660 SUPER 6GB

 

 

16GB

 

 

500GB

NEXTGEAR JG-A5G1D

 

 

99,800円

 

 

Ryzen5 4500

 

 

GeForce GTX 1660 SUPER 6GB

 

 

16GB

 

 

512GB

 

※2023年11月17日時点での価格です

おすすめ記事

PCゲーマーに人気

カテゴリー

-デスクトップPC
-