モニター

コスパで決める!144Hz対応のゲーミングモニターBest8!

コスパ重視でゲーミングモニターを探している人にオススメの144Hz対応ゲーミングモニターを紹介します。

 

Fortnite/フォートナイト・Apex Legends/エーペックスレジェンズ・シージやBFなど、バトロワ系・FPSをプレイしたい
なるべく安く、ぬるぬる動くゲーミングモニターを手に入れたい

そんな人にオススメの記事です。

 

動きの激しいゲームをするなら確実に144Hz以上がおすすめ。しかも、240Hzとかが出てきている中、144Hzはかなり安く購入できるのも魅力ですね。

 

144Hzゲーミングモニターの選び方とオススメ商品を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

Acer VG240YSbmiipfxレビュー!165Hzコスパ最強ゲーミングモニターで遊びつくす

続きを見る

ガジェット・ゲーミングデバイス
キーボードマウスヘッドセットゲームパッド
ゲーミングモニターマウスパッドゲーミングイヤホンマイク
PCデスクデスク周り収納マイクアームオーディオインターフェース
外付けSSDスイッチングハブ無停電電源装置Bluetoothトランスミッター
プロジェクターデスクライトSSD/HDDケーススピーカー
ケアグッズリストレストデータ移行ソフトFF14推奨機器

60Hzと144Hzの違い!144Hzにするメリット

60Hzと144Hzの大きな違いは、1秒間に画像を何枚書き換えられるかです「Hz」の前に表記されている数値は、1秒間に書き換えられる画像枚数を表しています。

数値だけ見てもピンとこないと思うのですが、映像で比較してみると違いがハッキリ分かります。

60Hzで表示された場合の映像

165Hzで表示された場合の映像

※モニターだけを変えて、フォートナイトのクリエイティブモードを撮影し、スロー再生した時の画像です。

動画で確認したい方はコチラ

 

1秒間に表示できる画像枚数が2倍以上違うため、確実に144Hz以上になると画面上の動きが滑らかになり、見やすくなります。

パラパラ漫画をイメージすると違いが分かりやすいかも、ページ開くの遅いとカクカク動くけど、早ければ滑らかに動く!

 

60Hzモニターでゲームをしている人は、感動するレベルで違いを体感できると思います。

 

FPSの限界はHz数値

持っているPCがハイエンドでゲーム画面上でのFPSは240FPS以上出せるとしても、モニター側が60Hzだと60FPSまでしか表示できません

せっかく高FPS出せるPCを持ってるなら、せめて144Hz対応のゲーミングモニターを使ったほうが快適にゲームプレイを楽しめます。

 

逆の場合もあって、ゲーミングモニターが240Hzでも、PCの性能が足りてなければ240FPS出せるわけじゃない点も注意です。コスパのバランスを考えても、144HzあたりはミドルクラスのゲーミングPCで十分出せる数値なのでオススメかな

 

144Hz以上は違いを体感できる人、できない人がいる

一番大きな違いを体感できるのが、60Hzから144Hzに変えた時だと言われてます。

実際に僕もそう感じていますが、144Hzから165Hz・240Hzに変えたときは、ちょっと見やすくなってるかな?くらいに感じる人が多いみたいですね。

 

予算やPC環境が合うなら、それに合わせて高リフレッシュレート対応モニターにするのは、ありだと思います。

 

144Hzゲーミングモニターの選び方

144Hzに対応したゲーミングモニターといってもかなり種類があるので、どのスペックを見れば、自分好みのモニターが選べるのか初めてモニターを購入する人もわかるように説明していきます。

選び方POINT

  1. 画面サイズ・解像度
  2. 応答速度
  3. パネルの種類
  4. 入力端子の種類
  5. スピーカー
  6. モニターアームの対応
  7. メーカーで選ぶ ←メーカーの特徴がある

FPS系ゲームなら24インチ前後が定番

ポイント

  • FPS系ゲーム:24インチ前後がオススメ
  • 映画・MMOなど:27インチ以上も検討
  • 映像表示範囲を広げたい:ウルトラワイドモニターも検討

FPS系のゲームプレイを重視するなら全体を見渡しやすい24インチ前後がプロゲーマーさんたちの間でもオススメされている定番のサイズですね。

27インチ以上になると、見渡すのが大変に感じる人も中にはいるかもしれませんが、映像の迫力は楽しめます。フォートナイトも対応していますが、横表示できるエリアを広げてくれるウルトラワイドモニターも使いこなせば快適です。

 

24インチ前後・144Hzのモニターはコチラ

 

ウルトラワイドモニターのメリット・デメリット!仕事とゲームで数年使った事実

続きを見る

応答速度は1ms以下

ポイント

応答速度は5ms(GtG)表記以下なら安心

迷ったら、1msや0.6msなどで表記されているゲーミングモニターを選んでおけば間違いはないです。

GtoGは、「Gray to Gray」の略で、ゲームプレイ中に色が変わっていく速度を表しています。動きの速いゲームやってて、なんか目がしんどいなと感じるのはモニターの性能が低いのかもしれません。

ただ、昔は注目されていた数値ですが、最近は1ms以下のゲーミングモニターが当たり前になってきているので、1ms以下の数値のもの選んでおけば安心です。

 

コスパで絞るならTNパネルが定番!他はダメ?

簡単に違いを表にしてみました。

パネルの種類おすすめ用途メリットデメリット
TNゲーミングコスパがよく、最も応答速度が速い。視野角が狭く、色の表現は他より微妙
IPS映像制作系視野角が広く、色の表現は綺麗TNよりコスト増・応答速度も劣りがち
VA映画鑑賞黒の表現が一番綺麗選択肢が少なく、色の表現はIPSより劣りがち

コスパやFPSをガチでプレイする人は、eスポーツでも良く使われているTNパネルが選択肢も豊富でオススメです。

最近は、IPSも価格が下がっているので、いろんな使い方がしたい人はIPSも検討してみてください。映像を楽しむゲームをしたいならVAで探してみるといいですね。

 

あと細かいところですが、パネルは光が反射しやすいグレアと反射を抑えるノングレアがありますが、確実にノングレアのほうが映りこみで見にくくならないのでオススメです。

 

入力端子の数と種類をチェック

HDMI×2・Displayport×1 PC・PS5・SwitchをHDMI接続したいならHDMIポートの数が足りません

基本的なことなんですが、ゲーミングモニターに接続したい機器のケーブルに対応した入力端子が搭載されているかは必ずチェックしておいたほうがいいです。

PCだけならDisplayportやHDMIが1つあれば問題ありませんが、PSやSwitchもとなるとHDMIが2~3必要になります。

 

HDMI端子の数が足りなくて、変換ケーブル買わないといけなくなったこともあるので注意点です。

 

スピーカーの有無

パソコン用のスピーカーを取り付ける予定が無い人は、モニターにスピーカーが搭載されているのかチェックしておきましょう。

モニターのスピーカーといってもピンキリで、スピーカーを搭載せずコストを落としている商品も結構あります。

注意ポイント

イヤホンやヘッドセットしか使う予定が無いなら気にしなくてもいいポイントです。

 

デスクを広く使いたいならモニターアーム対応かチェック

デスク上を広く使えるといいなと感じるならモニターアームに対応しているかチェックしておくこともオススメです。VESA規格という表記があれば対応しています。

ノートパソコンと合わせてアームで浮かせることもできますし、モニターを2つ並べて使用するときもモニターの足がデスク上に無いだけで、かなり広く使えます。

 

各メーカーのゲーム機能もチェック

Acer

ジャンルに応じて最適な映像モードを8種類から選べる「Gameモード」や黒の強弱を調整できる「ブラック・ブースト」機能を搭載しています。

  • GameView
  • Black Boost
  • 照準機能
  • 2W+2Wのスピーカー

 

Acerおすすめはコチラ

 

ASUS

ASUS独自の「Extreme Low Motion Blur」「Adaptive-Sync(AMD FreeSync™)」テクノロジーを搭載していて、ティアリングやスタッタリングを抑えたなめらかな映像が楽しめます。

  • 入力遅延を極限まで抑えるGameFast入力技術
  • スムーズなゲームプレイを実現するADAPTIVE-SYNC
  • 7種類の画質プリセットを用意するGameVisual機能

ASUSは独自の名称のついた機能が結構多い印象です。

 

ASUSおすすめはコチラ

 

アイ・オー・データ

貴重な日本メーカーでサポートがかなり充実しているのが魅力でもあります。

  • 内部遅延を抑えるスルーモード
  • 暗いシーンに隠れた敵もより鮮明に映し出すことができる「Night Clear Vision」
  • 映像にメリハリをつけつつ、鮮やかに表現する「エンハンストカラー」
  • 自動で最適な明るさに調整してくれる「CREX」

 

アイ・オー・データおすすめはコチラ

 

BenQ

MOBIUZシリーズやZOWIEブランドなど、esports向けに開発されたゲーミングモニターを多数販売しています。

HDRi搭載の綺麗な映像

trevoloサウンドシステムにより音の良さ

など独自の機能が多いのも特徴ですね。

 

BenQおすすめはコチラ

 

LG

映像をリアルタイムに映し出す「DASモード」を搭載。「DASモード」は、フレームバッファを通さず映像を画面に出力することで、遅延を最小限に抑えます。

  • ブラックスタビライザー:暗いシーンを見やすくする。
  • クロスヘア:FPS用に画面中央に目立つターゲットマークを表示させることができる。

 

LGおすすめはコチラ

 

144Hz・1ms対応のコスパ最強のおすすめゲーミングモニター!Best8

各メーカーのコスパ商品で、144Hz以上・1ms以下のものに絞り、2021年冬の価格順でランキングしています。

Pixio PX248 PrimeMSI Optix G24C4Acer KG251QJbmidpxアイ・オー・データ EX-LDGC242HTBLG UltraGear 24GN650-BAJPBenQ ZOWIE XL2411KASUS VG258QR-JBenQ MOBIUZ EX2510S
22,980円25,801円26,082円26,800円26,900円27,091円30,101円34,162円
144144165144144144165165
23.823.624.523.623.82424.524.5
1ms1ms0.6ms0.6ms1ms1ms0.5ms1ms
IPS/ノングレアVA湾曲/ノングレアTN/ノングレアTFT/ノングレアIPS/ノングレアTN/ノングレアTN/ノングレアIPS/ノングレア
HDMI×2・Displayport×1・ヘッドホンHDMI×2・Displayport×1・ヘッドホンDVI-D×1・HDMI×1・Displayport×1HDMI×3/DisplayPort×1/ヘッドフォンHDMI×2・Displayport×1・ヘッドホンHDMI×3/DisplayPort×1DVI-D×1・HDMI×1・Displayport×1・ヘッドホンHDMI2.0×2、DisplayPort1.2×1
○(高音質)

 

※最新価格はリンク先をチェックしてください。

1位:Pixio PX248 Prime

Pixio
¥22,980 (2023/01/29 22:10:37時点 Amazon調べ-詳細)
項目対応
リフレッシュレート144Hz
画面サイズ23.8
応答速度1ms
パネルIPS/ノングレア
入力端子HDMI×2/DisplayPort×1/Head Phone Jack
スピーカー
モニターアーム

 

2位:MSI Optix G24C4

MSI
¥25,800 (2023/01/29 22:10:38時点 Amazon調べ-詳細)
項目対応
リフレッシュレート144Hz
画面サイズ23.6
応答速度1ms
パネルVA湾曲/ノングレア
入力端子HDMI 1.4b ×2 / DisplayPort 1.2a ×1 / ヘッドホン出力 ×1
スピーカー
モニターアーム

 

3位:Acer KG251QJbmidpx

日本エイサー
¥22,980 (2023/01/29 22:10:38時点 Amazon調べ-詳細)
項目対応
リフレッシュレート165Hz
画面サイズ24.5
応答速度0.6ms
パネルTN/ノングレア
入力端子DVI-D(Dual Link対応)×1 、HDMI 1.4×1、DisplayPort v1.2×1
スピーカー
モニターアーム

 

4位:アイ・オー・データ EX-LDGC242HTB

アイ・オー・データ
¥23,800 (2023/01/29 22:10:39時点 Amazon調べ-詳細)
項目対応
リフレッシュレート144Hz
画面サイズ23.6
応答速度0.6ms
パネルTFT/ノングレア
入力端子HDMI×3/DisplayPort×1/ヘッドフォン端子
スピーカー
モニターアーム

 

5位:LG UltraGear 24GN650-BAJP

LG
¥31,000 (2023/01/29 22:10:40時点 Amazon調べ-詳細)
項目対応
リフレッシュレート144Hz
画面サイズ23.8
応答速度1ms
パネルIPS/ノングレア
入力端子HDMI×2/DisplayPort×1/Head Phone Jack
スピーカー
モニターアーム

 

6位:BenQ ZOWIE XL2411K

ベンキュージャパン
¥33,273 (2023/01/29 22:10:40時点 Amazon調べ-詳細)
項目対応
リフレッシュレート144Hz
画面サイズ24
応答速度1ms
パネルTN/ノングレア
入力端子HDMI 2.0 x1 / HDMI1.4 x2 / Display Port 1.2 x1
スピーカー
モニターアーム

 

7位:ASUS VG258QR-J

項目対応
リフレッシュレート165Hz
画面サイズ24.5
応答速度0.5ms
パネルTN/ノングレア
入力端子HDMI 1.4, DVI-D(Dual Link), DisplayPort 1.2, 3.5mmステレオミニジャック
スピーカー
モニターアームVESA対応100mm

 

8位:BenQ MOBIUZ EX2510S

ベンキュージャパン
¥39,273 (2023/01/29 22:10:41時点 Amazon調べ-詳細)
項目対応
リフレッシュレート165Hz
画面サイズ24.5
応答速度1ms
パネルIPS/ノングレア
入力端子HDMI2.0×2、DisplayPort1.2×1
スピーカー○(高音質)
モニターアームVESA対応100mm

 

売れ筋ランキングから選ぶ

Amazonはコチラ

こんな記事も読まれています

無停電電源装置

2023/1/6

無停電電源装置(UPS)機能搭載「BLUETTI EB3A」をレビュー!家でもアウトドアでも使える超小型ポータブル電源

家でもアウトドアでも使えるポータブル電源「BLUETTI EB3A」をレビュー!コンパクトで600W出力に対応

ReadMore

ゲーミングイヤホン

2022/12/26

SOUNDPEATS Capsule3 Proをレビュー!コスパ最高のANC・ハイレゾ対応完全ワイヤレスイヤホン

SOUNDPEATS「Capsule3 Pro」の製品スペック・外観だけでなく、実際に使用してみた感想やイヤホンから出る音を録音した音源なども聞いていただくことができます

ReadMore

M.2SSD PS5周辺機器

2022/12/23

「Kingston FURY Renegade SSD ヒートシンクモデル」をレビュー!PS5のロード時間を高速化できる内蔵M.2SSD

PS5の内蔵ストレージ増設に使用できるM.2 SSD「Kingston FURY Renegade SSD ヒートシンクモデル」の冷却性能・転送速度を検証

ReadMore

ゲームパッド

2022/12/8

GameSir G7の使用レビュー!2種類のパネルが楽しめる背面ボタン付き有線コントローラー

交換パネル付き・背面ボタンを搭載した有線コントローラー「G7」の使用レビュー

ReadMore

ゲームデバイス/ガジェット

2022/12/23

TP-Link「Deco M4」長期使用レビュー!メッシュWiFiで快適な通信環境を作る

自宅のWiFi環境を安定させたい人におすすめの「Deco m4」の長期使用レビュー

ReadMore

PCデスク

2022/11/22

「FlexiSpot」のスタンディングデスクがAmazonブラックフライデーセールで最大40%OFF!日替わり1円対象も

Amazon2022年ブラックフライデーセールのセールでおすすめのFLEXISPOT電動スタンディングデスクを紹介します

ReadMore

ガジェット

2022/10/31

Funlogy Portableをレビュー!安くて音が良い防水ワイヤレススピーカー

お風呂・アウトドア・キッチン・デスクなど、どこでも気にせず使いやすく、小さいのに以外と音も出るコスパの良いスピーカー「Funlogy Portable」をレビュー

ReadMore

ゲーミングイヤホン

2022/11/25

SOUNDPEATS新製品Air3 Deluxe HSをレビュー!世界初のハイレゾ対応インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSをしばらく使ってみた感想や実際に聞こえる音・マイク音質など検証した結果・良い点や気になった点をお伝えします

ReadMore

ゲーミングイヤホン

2022/10/31

ゲームで使えるコスパ最強の人気イヤホン「fainal E500」をレビュー

人気のある「fainal E500」の特徴・使用感・ゲームで長時間使った感想

ReadMore

ゲーミングキーボード

2022/10/31

Razer Tartarus Proの長期使用レビュー!人気左手デバイスができること・できないこと

Razer Tartarus Proのできること・できないこと。基本的な使いかたを紹介

ReadMore

ヘッドセット

2022/10/31

PS5 PULSE 3D ワイヤレスヘッドセットの長期使用レビュー!プレイするゲームを選ぶ純正品

PULSE 3D ワイヤレスヘッドセットを長期間使い続けたレビュー

ReadMore

ガジェット

2022/10/31

Oscal C80実機レビュー!1万円台で購入できるAndroidスマホでゲームプレイ

安いAndroidスマホを探している人におすすめできる「Oscal」の新商品「C80」をレビュー

ReadMore

ゲーミングキーボード

2022/9/7

5000円の前後の安いおすすめゲーミングキーボード12選!MMO・FPSに最適

超低コストで「ゲーミングキーボード」を手に入れて、快適な環境でゲームしたい人におすすめの商品を紹介しています。

ReadMore

ゲームデバイス/ガジェット

2022/9/1

Switch・PC対応のコントローラー「PXN P-50」をレビュー!かわいいデザインとスマホ連携機能が魅力

純正プロコンより安く機能も豊富なコントローラーを紹介します

ReadMore

スピーカー

2022/12/29

コスパ最強のPCスピーカーおすすめ18選!高音質・ゲーミングモデルも

PCスピーカーの音を良くしたい人にオススメのスピーカーを紹介。安い商品から音に拘りたい人。ゲーミングPCスピーカーまで厳選しました。

ReadMore

モニター

2022/8/29

FF14・FPSゲームに最適なウルトラワイドモニターおすすめ12選!選び方やメリットを紹介【2022年】

FF14・FPSにおすすめの最新ウルトラワイドモニターや選び方を紹介しています

ReadMore

プロジェクター

2022/7/19

賃貸にプロジェクター用の壁紙を貼ってみた!ポップインアラジン2で映像を検証

賃貸の壁にプロジェクター用の壁紙をDIYで貼って検証!賃貸でも貼れる方法も紹介しています

ReadMore

ガジェット

2022/7/11

PITAKA MagEZ Case2 for iPad Air 第5世代対応ケースをレビュー!iPadを使いこなすためのガジェット

iPad Air第5世代で使えるApple Magic Keyboardと相性が良く、マグネットで簡単に付け外しができる「PITAKA MagEZ Case2 for iPad Air」を紹介します。   マグネット対応のiPadケースが欲しい 丈夫なケースを探している iPadを快適に使える周辺機器が欲しい   そんな人におすすめの商品です。   このケースを持ち歩いたり、ケースに取り付けてみたりして、2週間ほど使ってみた感想をお伝えします。   同じPITAKA ...

ReadMore

ゲーミングイヤホン

2022/7/7

6000円以下で防水・ノイキャン付き完全ワイヤレスイヤホン!MUINE T1をレビュー

防水・ノイズキャンセル機能搭載で、通話品質もそこそこいい完全ワイヤレスイヤホンをしばらく使用した感想

ReadMore

ソフト

2022/7/4

主婦が「Filmora(フィモーラ)」で編集してYoutubeに初投稿!初心者でも楽しく動画編集できるおすすめソフト

初心者の妻でも簡単に編集してYoutubeに初投稿!動画編集ソフト「Filmora(フィモーラ)」のレビュー

ReadMore

2023年1月限定セール&おすすめPC

続きを見る

2023年「黒い砂漠」PC版の魅力!必要スペックや容量とダウンロード手順も徹底解説

続きを見る

Youtubeチャンネル

Youtubeでもゲーミングデバイス・ガジェット・ゲーム関連情報をアップしていますので、ぜひご覧ください。

動画一覧

カテゴリーから記事を探す

-モニター
-,