PC周辺機器 PS4・PS4Pro周辺機器 ゲーミングデバイス

FF14・FPSゲームに最適ウルトラワイドモニターおすすめ12選!選び方やメリットを紹介【PS4は?】

投稿日:

モニター




 

オンラインゲームもっと快適にプレイできないかな~?

 

誰もが思う、そんな悩みに応えてくれる商品ウルトラワイドモニター

買うべきメリットなど実機動画も交えて紹介!商品は価格別にわけてみたよ!

 

FF14のモルボルさんも興奮して使っていますが、実際どうなの?ってわけですよ(。´・ω・)ん? 

 

そんな疑問に答えるために、紹介している内容は以下の3つです!

ポイント

  • ウルトラワイドモニターのメリット
  • モニターの選び方
  • PS4で利用できるの?
  • おすすめ商品・価格別

などなど詳しい情報を紹介していきます。

 

さっそく商品が見たい人は、「目次」から移動してくださいね。

ウルトラワイドモニターがあればゲームが快適!ここがメリット!

モニター画像

出典:Amazon

なんといっても画面の広さが違います!これまでのフルHDモニターを使っている人なら、絶対感動できるレベルです。

 

モルボルさんも言われてますが、あなたも「広っ!」って絶対言いますよ!

 

モニター変えたらプレイ環境が快適になるよ

これまで見えなかった場所が見えるだけでゲームは有利に進められます。

 

フルHDサイズと、どのくらい違うの?

 

書いても伝わりにくいので、この動画を参考にしてね

レースとかFPSの画面ですけど、どれだけ違うのか分かると思います。ちなみにこの動画で使用されているモニターは上です。

 

これがあれば、敵の突進が見えない、映っていない場所の敵が何か詠唱してる。なんて状況も全て見えちゃうから難易度がかなり下がりますよ

 

普段のゲーム画面を写すと見える範囲は、こんな感じになります~

でっかい画面画像

広いでしょ?サイコウヽ(o’∀`o)ノ

 

エンドコンテンツ・FPSにもおすすめ

ケフカ画像

エンドコンテンツは、敵の動きのパターンが増えるので視野を確保するかでクリア率も変わってきます

 

今まで近くしか見えなかったDPSでも、見方の位置や範囲攻撃、安置の場所など全て確認できるのは、大きなメリットですね。

 

例:極スサノオ討伐戦ウルトラワイドモニター使用例

 

FPSの場合

29インチのLG製ウルトラワイドモニター(解像度:2560×1080)を使用している動画がこれ。

 

絶対動画のほうがウルトラワイドモニターのすごさが伝わりやすいと思うのでw

FPSの場合も、周りの状況を他のフルHDモニターより早く察知できるのでかなり有利になります。先に相手を見つけることができますからね。

 

この記事で紹介しているモニターには、ゲームモードなんかも搭載されているので暗い場所の敵を見やすくしてくれます(o’v`b)

 

PS4で使用すると横に伸びた表示になる

 

答えから言うと、利用はできるけど視野が広がるメリットはありません

 

元々表示されている画面情報を横長に引き延ばしている感じで映ります。

 

ウニョ~ンって人が太った感じに映るね

 

ちなみにPS4で表示できるのは16:9が限界なので、下の画像に表示されてる白枠の中の画像データだけなんですね~
16:9

出典:Amazon

 

PCだと上の画面情報すべてが表示されるので、FPSやると先に敵を見つけられて、かなり有利ですね!

 

ではでは、そんなウルトラワイドモニターを選ぶときのポイントも見ておきましょう!

 

ウルトラワイドモニターを選ぶときの「ポイント7つ」

欲しいなぁ~って思っている人は、次の項目をチェックしておけば間違いないと思います

ココがポイント

  1. サイズ
  2. モニタータイプ
  3. 応答速度
  4. リフレッシュレート
  5. GPUに合わせる
  6. 入力端子をチェック
  7. コスト

じゃあ、順番に説明していきますね~

 

サイズは27インチ以上がいいよ!

モニター画像

出典:Amazon

27インチ以下だと、あんまりウルトラワイドモニターのメリットが感じられないので、快適さを求めるなら27インチ以上がおすすめです。

 

27インチだと横幅が60cm以上になるので、机の上は整理しておきましょう!

 

もし、机に置き場所がないなら、自由に設置できるモニターアームを利用するのも1つの方法です。しっかりした商品でも2,000円くらいで手に入ります。

 

 

モニタータイプは湾曲がおすすめ

モニター画像

出典:Amazon

平面タイプと湾曲モニターの2種類あるんですけど、ゲーム用途なら湾曲ですね。

 

座ってモニターを見たときの見え方が湾曲だと一定なので、画面全体が見やすいのがメリットです。

 

ただし、ゲーム以外にイラストやデザインなどのために使用する人は、線が曲がるので平面にしておくのが無難かもしれませんねぇ・・

 

FPSもするなら応答速度1msがベスト!

モニター画像

出典:Amazon

応答速度の数字は「~ms」で書かれている項目です。この数値が低いほど高性能のモニターで、画面のブレが少なくなります

 

FPSなど画面を素早く動かすことの多いゲームをする人は、応答速度が最低5ms以下にしておくと快適にプレイできますよ~

 

リフレッシュレートは最低60Hz以上がおすすめ

モニター画像

出典:Amazon

これも動きが激しいゲームに関係するスペックですが、最低でも60Hz以上の数値になっているウルトラワイドモニターを選んでおきましょう

 

リフレッシュレートは、数値が高いほど高性能で、スペック表には「~Hz」と表記されています。FPSをするなら高性能の144Hzなどにするのもおすすめですけど、高いので予算と相談して決めてね。

 

 

GPUメーカーに合わせれば専用機能も使える

モニター画像

出典:Amazon

AMDかNVDIAかで、選ぶモニターを絞るのもおすすめです

 

高性能モニターには、同じメーカーのGPUを使っている必要がありますけど、画面のカクつきを軽減する機能がついています

 

案外、これがいいものなので、できれば合わせて選んだほうがいいですよ~

 

入力端子の種類もチェックしておきましょう!

PS4ならHDMI端子、PCと接続するならDisplayPort・DVI・HDMI端子が必要です。

 

同時に他の機器と接続して利用したい場合は、必要な端子の数が揃っているかチェックしておくといいですよ~

 

スペックと合わせて予算の範囲内の商品を比較してみましょう!

 

予算はおいくらですか?

 

予算

  • 3万円以下
  • 3万円代
  • 5万円以上ミドルクラス
  • 5万円以上ハイエンドクラス
  • 高いけど超高性能!

 

この5つに分けて、モニターの口コミも合わせて紹介しますね。

 

3万以下で買えるおすすめゲーム用ウルトラワイドモニター

モニター画像

出典:Amazon

まずは、コスパ抜群の低価格で購入できるゲーム用ウルトラワイドモニターを紹介しちゃいます。

 

AMD製GPU機能が使えるLG29インチウルトラワイドモニター

スペック

  • モニター:平面/IPS/非光沢
  • メーカー:「AMD FreeSync」対応
  • 入力端子:HDMI×2
  • 応答速度:5ms
  • リフレッシュレート:56-75Hz

何か特別なドライバーが必要?

購入前、Win10のデフォルト解像度で2560×1080が選択肢の中になく、
特別なドライバーがいるかどうか心配でしたが、口コミにも特に言及されてなく、
最悪LGサイトで専用ドライバーをDLすればいいと思い購入しました。

使用PCは、ASUS のTransBook T100HAでしたが、拡張画面で繋げば
あっけなくフル解像度で映りました

 

低コストで手に入れたいならLG25インチウルトラワイドモニター

スペック

  • モニター:平面/IPS/非光沢
  • 入力端子:HDMI×2
  • 応答速度:5ms
  • リフレッシュレート:56-75Hz

メインモニターとして使用しています。

ウルトラワイドならではの仕事領域の広さは圧巻です。

HDMIの切り替えも行えるためPCとPS4を切り替えて利用しています。

出典:Amazon

 

3万円代で買えるゲーム用ウルトラワイドモニター

モニター画像

まだまだコスパ抜群の3万円~で購入できるゲーム用ウルトラワイドモニターです。

 

【応答速度1ms】コストバランスが良い29インチゲーミングモニター

スペック

  • モニター:曲面/IPS/非光沢
  • メーカー:「AMD FreeSync」対応
  • 入力端子:HDMI・DisplayPort・USBTypeC
  • 応答速度:1ms
  • リフレッシュレート:56-75Hz

FF14で使っています。画質もそこそこ綺麗でした。
視野が左右ひろがるのでマップなど余裕の配置、hudレイアウトに余裕ができとてもプレイしやすくなった
コスパとてもいいと思います。

 

中クラス向けゲーム用ウルトラワイドモニター「5万円以上」

ここからは、GPUの性能がハイエンド向けでなくても遊べる解像度「2560x1080」のウルトラワイドモニターです

ぜったいというわけではないので、GPU性能が高いにこしたことはないですけどね。

 

1ms・144Hz対応の高性能34インチウルトラワイドモニター

スペック

  • モニター:曲面/IPS/非光沢
  • メーカー:「AMD FreeSync」対応
  • 入力端子:HDMI・DisplayPort・USB3.0
  • 応答速度:1ms
  • リフレッシュレート:144Hz

某MMOのために購入
初めて見たときは所詮横幅がちょっと増えた程度という認識だったが、実際にゲームすると大違いでした。
安いですし、ウルトラワイドモニターを試すにはいいと思います。

 

NVIDA製GPUと相性の良い34インチゲーミングモニター

スペック

  • モニター:曲面/IPS/非光沢
  • メーカー:「NVDIA G-Sync対応」対応
  • 入力端子:HDMI・DisplayPort・USB3.0
  • 応答速度:1ms
  • リフレッシュレート:144Hz

ゲーミング用に購入しました。
DOOMやニーアオートマタ、黒い砂漠など最近はかなり2560x1080に対応しているのでオススメします!

とにかくデカイです。
とても満足しています。
文字が荒いとかWindows10がそうなだけであって、この解像度なら問題ないと思いますよ。

 

リフレッシュレート200Hz!35インチAcer製ウルトラワイドモニター

スペック

  • モニター:曲面/IPS/非光沢
  • メーカー:「NVDIA G-Sync対応」対応
  • 入力端子:HDMI×1・DisplayPort
  • 応答速度:1ms
  • リフレッシュレート:200Hz

念願のウルトラワイド購入にかなり悩みましたが、本品で非常に満足しています。比較相当品より割安な事が逆に気になったのですがPC、PS4、動画、映画と落ち度なく活躍出来ています。一ヶ所フレーム下部のプラスチック部に変形が見られましたがまぁ無視できるレベル。今では差額分出して比較機種を買ってたら?と言う思いも生じない位使い心地が良いです。

 

4ms・160Hz対応!ALIENWARE製の34インチウルトラワイドモニター

スペック

  • モニター:曲面/IPS/非光沢
  • メーカー:「NVDIA G-Sync対応」対応
  • 入力端子:HDMI×1・DisplayPort
  • 応答速度:4ms
  • リフレッシュレート:160Hz

はじめて買ったゲーミングモニターなのですがドット抜けもなく、発色もよくとても満足しています。
足の取り付けは簡単で、すぐに出来ましたが足が大きくて場所を取ります。代わりに安定性は抜群。
高リフレッシュレートとG-syncのお陰もあってゲーム画面がスムーズになりました。

 

マイナーだけどスペック十分!35インチウルトラワイドモニター

スペック

  • モニター:曲面/IPS/非光沢
  • メーカー:「AMD Freesync対応」対応
  • 入力端子:HDMI×1・DisplayPort・DVI
  • 応答速度:3ms
  • リフレッシュレート:200Hz

 

ハイエンド向けGPUが必要なゲーミングモニター「5万円以上」

ここから紹介しているモニターは、人気があるんですけど解像度が3440×1440と高いため、高性能GPUが必須のモニターたちです

 

DisplayPort接続すれば最大FPS200で遊べる34インチモニター

スペック

  • モニター:曲面/IPS/非光沢
  • メーカー:「NVDIA G-Sync対応」対応
  • 入力端子:HDMI×1・DisplayPort
  • 応答速度:4ms
  • リフレッシュレート:120Hz

画質、迫力ともに申し分なし。通常のワイド画面とは次元が違う。フレームレートも100以上のこだわりがなければ問題なしです。
シュミュ系を良くプレイする人には不可欠な一品でしょう。

 

サウンドの良い34インチウルトラワイドモニター

スペック

  • モニター:曲面/IPS
  • 入力端子:HDMI×3・DisplayPort
  • 応答速度:4ms
  • リフレッシュレート:100Hz

10万以上するだけあって性能はとても素晴らしい。
曲面ディスプレイを買ったのは初めてだが、ゲームや動画への没入感
が凄い。それだけでなく、広い画面なのに自然と画面のすべてが視野に入る
ので、3ウィンドウ並べた作業がとてもやりやすい。

 

ちょっと高いなぁと思うけど欲しいモニターTOP2!

ちょっとね新しいモニターが欲しいなと思ってまして、、どうせ買うならやっぱり長く使いたいので、いいやつをと考えているわけです。

 

現在の選択肢は、この2商品ですね~

 

2位! Acer X34Pbmiphzx

スペック

  • モニター:曲面/IPS
  • 入力端子:HDMI×3・DisplayPort
  • NVIDIA G-SYNC対応
  • GameViewモード搭載
  • 応答速度:4ms
  • リフレッシュレート:120Hz

最初4Kを買おうと思っていた
しかし、ゲーム以外の時は字が小さく、老眼が進んできたこの頃では見えない
35インチのでかい画面とFHDが丁度いい
文字も見やすい
画質もイイ
実にちょうどいい
4Kとか、まだ要らない

第二位!Acerのモニターなんだけど・・132,537円(´;Д;`)

ハウっ!って感じですね~けど解像度高いし・・かっこいいなぁって思っているところです。

 

1位 ASUS ROG SWIFT

スペック

  • モニター:曲面/IPS
  • 入力端子:HDMI×3・DisplayPort
  • NVIDIA G-SYNC対応
  • 応答速度:5ms
  • リフレッシュレート:100Hz

現時点でウルトラワイドモニター最高スペックのこのディスプレイは、ゲーマーにとって最高の楽しい時間を与えてくれることでしょう。
流石に値段はお高いですが、それ以上に見合ったものだと思います。 マジで買って良かったぁ(^o^)

ゲームするならこれだろ!って思うくらい高性能で評価も高い人気商品

 

ASUSのPCゲーマー向けに特別設計されたのが、R.O.G.シリーズなんです。

 

なんでみんなそんなにサクサク買えるんだヽ(゚Д゚;)ノ!!

 

れを買うためにリアル金策中です。絶対買ってやる!

 

まとめ

かなりたくさんメリット・選び方・おすすめ商品なんかを紹介しましたけど、ウルトラワイドモニター欲しくなりました?w

 

書いてて、めっちゃ欲しくなってしまった・・早く新しいの欲しいなぁ・・

 

ゲーム環境が有利になるのは間違いないので、予算を決めて、スペックを見て買えるなら買っちゃいましょう(・ω・)ノ

 

他のおすすめ周辺機器は↓をチェックだ!!

 

 




おすすめコンテンツ


-PC周辺機器, PS4・PS4Pro周辺機器, ゲーミングデバイス
-, ,

Copyright© Step Up Online Game , 2018 All Rights Reserved.