PC周辺機器 ゲーミングデバイス

144Hz・1ms対応のおすすめウルトラワイドモニターBest3【FPSゲームや映画にも最適】

投稿日:

ウルトラワイドモニター画像



 

ゲームプレイがしやすい視野環境・FPS・TPSで相手より優位に立ちたくてウルトラワイドモニターの購入を考えているんだけど、144Hzと60Hzとかってどれくらい違うのかな?長時間プレイしていると目が痛くなるから、チラツキとか改善できるモニターを手に入れたい。

 

ゲーミング用のモニターは数多く販売されていますが、上記の悩みの場合、特におすすめなのが「144Hz・1ms対応ウルトラワイドモニター」です。この記事では、商品の特徴から得られるメリット・販売されている商品の中から厳選した3つの商品を紹介しています。

 

確かに商品説明欄に記載されているスペックは種類が多く、ウルトラワイドモニターを選ぶとなっても迷ってしまうでしょう。また、144Hz・1ms対応商品がいいと知っている人でも、本当にそこまでスペックが必要なのか迷っている人も多いかもしれませんね

 

そんな人のために、この記事では、以下の疑問について答えています。

疑問を解消!

  • 144Hz・1ms対応ウルトラワイドモニター環境は?
  • リフレッシュレート144Hz対応にするメリットは?
  • 応答速度1msのメリットは?
  • おすすめ144Hz・1ms対応モニターはどれ?
  • ウルトラワイドモニターの活用方法は?

 

自作PCを多く作り、多くのゲーミングモニターを試してきた経験もふまえ、公式サイトに記載されている情報を分かりやすく説明しています。ウルトラワイドモニター購入時の参考になれば幸いです。

 

144hz・1msウルトラワイドモニターで快適なゲーム環境を手に入れよう!

以下の動画は、「16:9」のゲーム映像から始まり、すぐに「21:9」の画面へ切り替わります。単純に視野が広がっていることがよくわかる動画です。

 

 

通常モニターの16:9の画面比率とは異なり、21:9の画面比率になると、単純に画面に映る範囲が広がるのがよくわかると思います。FPS・TPSならこれまでは見えていなかった範囲が見えるので、圧倒的に有利です

 

上記の映像視野が手に入るのとは別に、144Hz・1ms対応ウルトラワイドモニターなら、より動きが滑らかに表現され、対戦なら相手より有利な最高のゲーム環境が手に入るのは最高です。

 

だから「ウルトラワイドモニター」は、PCゲーマーの利用者が多いんですね。ただ、144Hz・1msに拘る理由はあるでしょうか?

 

その理由をこれから説明していきます。

 

144Hz・1msウルトラワイドモニターはゲームに最適!

なぜ、PCでゲームをする人にとって144Hz・1msモニターがオススメなのか理由をハッキリ把握しておきましょう

 

基本的な用語の説明は、以下をクリックしてご覧ください。

メモ

+ 144Hzとは?▶

リフレッシュレートの違いが分かる画像

LG公式サイトより

144Hzとは、リフレッシュレートを表わす数値のことです。リフレッシュレートの数値が高いほど、1秒間に処理できる画像の数が多くなり、低いと少なくなります。

パラパラ漫画を想像してもらうと分かりやすいですが、より細かく何ページにも分けて描写されている漫画なら、滑らかな動きになりますよね。目で見える漫画が少ない、手抜きのパラパラ漫画は変な動きになり違和感を感じませんか

同じようにリフレッシュレートが低いモニターは、カクカクした表現になりやすく、画面のチラつきを感じる原因にもなってしまいます。避けるためには、できるだけ数値の高いモニターが必要です。

+ 1msとは?▶

1msのブレの少なさ

LG公式サイト

1msとは、画面の応答速度を表わす数値のことです。応答速度とは、映像表示に使用される画面上のドットが変化(例:白から黒)するためにかかる時間を意味しており、応答時間とも呼ばれています。

応答速度は、数値が低いほど高性能。オフィスなどで利用されているモニターは、5ms~10ms程ですが、ゲーミングモニターなら1ms~4msの商品が多く販売されています。

応答速度は、低いほどモニターに表示される映像のブレが少なくなり、動きの激しいゲーム向けです。FPSなど秒単位での反応が求められるゲームには必須スペックと言えるでしょう。自分の目にもやさしいのも大切なことですね。

 

リフレッシュレート「144hz」の違いは滑らかさ

 

まずは、リフレッシュレートによる違いが分かりやすい動画を見てみましょう。

 

ポイント

  • 60Hz:静止画が並行移動
  • 120Hz:まだ、平行移動ですね
  • 144Hz:足が静止画ではなく動いてる!
  • 240Hz:144Hzとそこまで差がない

 

144Hz以上にしてしまうと、さらにPC側に求められるスペックも高性能になってしまうため、バランスを考えても144Hz程度にしておくのがおすすめです。

 

残像を抑えられる応答速度「1ms」

応答速度を表わす画像

EIZO公式サイト

 

ゲームプレイで動きの早い映像を見ていると目が疲れることはありませんか?それはあなたの目ではなく、モニターが原因かもしれません。長時間プレイする人ほど拘りたいポイントですね。

 

1msにすれば、FPS・TPSゲームでエイム操作をしたときにもしっかり映像がブレずについてきます。より的に標準が合わせやすくなるのが特徴です。

 

他にもレースゲーム・視点をよく動かすゲームをするときにも応答速度の速さは効果を発揮してくれます。PCゲームをするなら、応答速度の速さで選ぶのは必須です。

 

GtoGとは?

GTOGとは

GTOGの説明

「GtoG」とは、中間色から中間色へ色が変化するのにかかる時間を表わしている数値です。黒➔白のような、はっきりした色の変化にかかる時間は、基本的にどのモニターも短時間。しかし、中間色の変化には時間がかかるのが特徴です。

 

上記の情報も踏まえて、ゲーミングモニターを選ぶときは、中間色も高速で変化してくれる「GtoG」数値の低いウルトラワイドモニターにするのがおすすめです。

 

商品を比較するときは、「GTG・GtoG」という表記の横にある数値をチェックしてみましょう。ただし、数値が2ms~5msのゲーミングモニターでも1msに対応している商品があります。

 

豆知識

モニター側の設定やシステムによって「1ms対応」になっている商品がある。

例:LG

「1ms Motion Blur Reduction」など

 

 

144Hz・1ms対応のおすすめウルトラワイドモニターベスト3!

では、販売されている「144Hz・1ms対応ウルトラワイドモニター」の中でもおすすめの商品を紹介していきます。数は少ないですが、商品スペックは異なるのでしっかり比較してくださいね。

 

同じスペック

  • リフレッシュレート
  • 応答速度

 

以下のポイントは、紹介するモニターによって異なるポイントです。

比較したいポイント

  • 接続できる端子の種類
  • モニターサイズ
  • GPU連動システム
  • 付属ケーブルの種類
  • 価格・保証

 

価格が高いほどいいのかというと、そういうわけではなく、価格が高い商品は解像度がより高くなっています。

より大画面でプレイしたいか、ほどほどに抑えるかは好みになってきますが、「3840×1080」になってくると迫力がかなり違うのは確かです。

 

3位:2019年2月発売開始!高性能「34GK950F-B 

インチ 34インチ
モニター形状 湾曲
対応端子 DisplayPort・HDMI×2
GPUシステム AMD RADEON FreeSync2
応答速度 5ms(GTG)/1ms MBR搭載
付属ケーブル DisplayPort・HDMI
保証 3年

2019年2月に発売されたばかりの最新ウルトラワイドモニターです。HDR対応はもちろんAMDRaeronシリーズとの相性のよいシステムも搭載。

臨場感・没入感にこだわってモニターを選びたい人におすすめの商品でしょう。従来のモニターよりもさらに綺麗になった高コントラストも特徴。最新モニターで探すならこの商品がおすすめです。

created by Rinker
LG
¥129,421 (2019/03/26 21:59:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

2位:フルHDを横に2つ並べた大迫力ディスプレイ「C49HG90

インチ 49インチ
モニター形状 湾曲
対応端子 DisplayPort・HDMI×2・miniDisplayPort
GPUシステム AMD FreeSync
応答速度 1ms
付属ケーブル DisplayPort・HDMI
保証

27インチモニター2枚分のモニターサイズが特徴。かなりの大きさですが、視野が広がるのは当たり前ですね。デスク上に置けるスペースがあるなら手に入れたいディスプレイでしょう。

Amazonレビューの評価がとても高く、満足しているのが分かります。初期設定は韓国語ですが、日本語にも対応していますので安心してくださいね。

VAパネルなので黒の表現とコントラストが最高。FPS・レースゲームでの没入感も湾曲ディスプレイなので抜群です。フル画面でプレイすればアーケードゲーム並の迫力あるゲーム体験ができます。

Amazonレビュー

created by Rinker
Samsung
¥123,498 (2019/03/26 21:59:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

1位:コスパ最高!人気も高いLG「34UC79G-B

インチ 34インチ
モニター形状 湾曲
対応端子 DisplayPort・HDMI×2
GPUシステム AMD FreeSync
応答速度 5ms(GTG)/1ms MBR搭載
付属ケーブル HDMI・DisplayPort
保証 3年

HDMIポートを2つ搭載しており、PCだけでなく、PS3など機器をいくつか一緒に接続したい人にも最適。保証も3年付いており、初期不良があれば対応してくれます。

曲面型ディスプレイなので、中心からモニターまでの距離が一定になるのも魅力。目が疲れにくく、迫力のある大画面でゲームや映画を楽しみたい人におすすめの商品です。

以前まで75Hz対応のゲーミングモニターを使用。144Hzのこのモニターになり、動きがなめらかで対戦でのパフォーマンスがあがりました。PCスペックは、corei7 8700k+メモリー32G+GTX1080搭載です。

Amazonレビュー

created by Rinker
LG
¥61,800 (2019/03/26 17:02:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

144Hz・1ms対応ウルトラワイドモニターの比較表

この記事内で紹介しているモニターのスペック比較をしたい人は、以下の表を参考にしてください。

商品名 1位:LG 34UC79G-B 2位:Samsung C49HG90 3位:LG 34GK950F-B
商品画像
インチ 34インチ 49インチ 34インチ
モニター形状 湾曲 湾曲 湾曲
対応端子 DisplayPort・HDMI×2 DisplayPort・HDMI×2・miniDisplayPort DisplayPort・HDMI×2
GPUシステム AMD FreeSync AMD FreeSync AMD RADEON FreeSync2
応答速度 5ms(GTG)/1ms MBR搭載 1ms 5ms(GTG)/1ms MBR搭載
付属ケーブル HDMI・DisplayPort DisplayPort・HDMI DisplayPort・HDMI
保証 3年 3年

 

もう少しコストを抑えて、ウルトラワイドモニターを購入したい人は、以下の記事を参考にしてくださいね。

モニター
FF14・FPSゲームに最適ウルトラワイドモニターおすすめ12選!選び方やメリットを紹介【PS4は?】

続きを見る

 

映画・動画視聴にも最適なウルトラワイドモニター

ウルトラワイドモニター映像

ウルトラワイドモニターを利用するメリットはゲームだけではありません。大画面の横に広いモニターで迫力ある映画を楽しんだり、動画を視聴することも可能です。

Amazonプライムやレンタルしてきた映画も大画面で見れるのも魅力でしょう。ゲームだけでなく、映画も見るのであれば、購入して損はしないモニターと言えます。

映画を見るならヘッドホン・スピーカーがおすすめ

ウルトラワイドモニターに搭載されているスピーカーは、音質がいいと言えません。そもそも搭載されていないと考えておいたほうが無難です。

ゲームプレイも考えヘッドホンを利用するのが一番おすすめですが、スピーカーから音を出したい人は、PCから光デジタルやオーディオ端子で接続できるスピーカーを利用するといいでしょう。

created by Rinker
RAZER
¥17,800 (2019/03/27 01:14:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
JBL
¥4,656 (2019/03/27 01:14:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

ウルトラワイドモニターでゲームを有利に進めよう

この記事で紹介した「144Hz・1ms対応ウルトラワイドモニター」は、ゲーマーなら拘っておきたいポイントを抑えている商品です。

 

メリット

  • 映像のチラつきがなく疲れにくい
  • 映像がブレにくく見やすい
  • 長時間プレイに最適
  • 動きの激しいゲームにピッタリ
  • 横長画面で相手より先に敵を発見
  • 自宅で迫力ある画面で映画を楽しめる

 

簡単に購入できる商品ではないかもしれませんが、手に入れればゲーム環境やその他の作業が快適になるのは確実でしょう。

 




おすすめコンテンツ


-PC周辺機器, ゲーミングデバイス
-,

Copyright© Step Up Online Game , 2019 All Rights Reserved.