PCIe4.0・Gen4対応おすすめ最速M.2SSDはこれ!Ryzen第3世代の自作PCに




  1. HOME >
  2. PCパーツ >

PCIe4.0・Gen4対応おすすめ最速M.2SSDはこれ!Ryzen第3世代の自作PCに

 

さっそくおすすめM.2SSDを見る

 

Ryzenの第3世代を使って自作PCを組んでいる人、もしくはこれから自作PCを組もうと考えている人は、PCIe3.0対応M.2SSDだけでなく最速のPCIe4.0・Gen4対応M.2SSD商品も気になるところ。

しかし、商品数も多く最新規格が必要かどうか迷っている人もいるはず。そこで、この記事では「PCIe3.0」と「PCIe4.0」を比較し購入する意味があるのか、購入するならおすすめはこれ!という商品を紹介します。

 

↓ タップできる目次 ↓

「PCIe3.0・PCIe4.0」M.2SSDのスペックを比較

実際に規格が変わって大きく変化した部分、これからの考え方を書いています(主観の部分もあるので、あくまで参考に)

「PCIe4.0・Gen4」対応のM.2SSDは秒速5GB!

Gen3.4の転送速度差目安

2019年までの定番規格PCIe3(Gen3)M.2SSDの場合、エントリーモデルの転送速度で2500~3500MB/sが最高値でした。

PCIe4(Gen4)M.2SSDは、規格の理論上最大転送速度がPCIe3(Gen3)M.2SSDの2倍になるため、現状5000~5500程ですが、さらに上昇することも考えられます。

 

自作PCメリット

  • 大容量データの読み書き速度が速くなる
  • ゲームのロード時間をさらに短縮できる
  • ソフトウェア起動も一瞬

 

商品開発・価格競争はこれから?

最安商品の価格推移グラフ

まだまだ、商品を製造販売しているメーカーが少ないため、価格競争・性能面での競争はこれから激化していくはず。その中で2020年にストレージ性能がさらに向上していくのは間違いない。

まだまだPCIe3(Gen3)M.2SSDと比較するとコスパがいいとは言えませんが、価格もだいぶ下がってきています。PCIe4(Gen4)M.2SSDは、最速構成の自作PCにして色々楽しみたい人にはおすすめできる商品です。

 

自作PCメリット

  • 現状の最速構成自作PCが組める

 

チップの発熱や消費電力は?

PCIe3(Gen3)M.2SSDと比較して発熱・消費電力は、どの程度変化しているのか。公開されているデータによると消費電力は、高負荷時で約平均7~9W程。読み書き速度が速くなるほど電力消費量は上昇していきます。

となると、当然温度も上がる。ヒートシンクが付属している商品にするか、マザーボードのヒートシンクを使えば、だいたい60℃弱くらいに抑えられそうです。

 

自作PCデメリット

  • 転送速度は得られるが消費電力は上昇
  • 熱対策・ヒートシンクは必須

 

さっそくおすすめM.2SSDを見る

<目次に戻る>

利用するにはRyzen第3世代・X570構成

正式対応しているのは、今のところRyzen第3世代CPUとチップセットX570のマザーボード。BIOSアップデートで、使えなくはないけどメーカー推奨方法ではないので、本来の性能が発揮されているかは分かりません。

メーカー保証外の方法で利用すると保証されない問題もあるので(あくまでやるなら自己責任で)、B450で使うのはおすすめできない

使えるパーツリスト

<目次に戻る>

PCIe4.0・Gen4対応おすすめ「M.2SSD」

では、2019年12月時点でおすすめできるM.2SSDを紹介します。

選ぶポイント

  • ヒートシンク付きマザーボードなら「CFD販売
  • ヒートシンク無しマザーボードなら「Corsair・GIGABYTE」

CFD販売:PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF

≫Amazonレビューをチェック

項目スペック
読み込み5000MB/s
書き込み4400MB/s
容量1TB・2TB
ヒートシンク有り

ASRock X570 Steel Legend(ヒートシンク有)」などのマザーボードと一緒に利用する人におすすめ。ヒートシンクが搭載されていない商品ですが、他のパーツと当たらないように自作PC構成を工夫できる

PCIe4(Gen4)対応M.2SSDの中でも人気が高く、コストも比較的抑えられる。利用者の多さで選びたい人もこれですね。

 

Corsair:Force MP600 CSSD-F1000GBMP600

≫Amazonレビューをチェック

項目スペック
読み込み4950MB/s
書き込み4250MB/s
容量500GB・1TB・2TB
ヒートシンク有り

ブラックの大型ヒートシンクを搭載。M.2SSD上部のチップ部分だけでなく、基盤全体を覆うようなデザインのヒートシンクです。

冷却性能も高いのですが、他の2商品と比較すると特徴なない。ただ、デザイン面はスタイリッシュなので、PCケースで中が見える自作PCなら映えるかも!

 

GIGABYTE:AORUS HD2596GP-ASM2NE6100TTTD

≫Amazonレビューをチェック

項目スペック
読み込み5000MB/s
書き込み4400MB/s
容量500GB・1TB・2TB
ヒートシンク無し

熱伝導率の高い銅製品のヒートシンクを搭載したPCIe4対応M.2SSD。かなり大型のヒートシンクなので冷却性能が高く、耐久性の高さも魅力

マザーボードに収まる人は、これが最強のM.2SSD。一緒に合わせるマザーボードは「MSI MPG X570 GAMING PLUS(ヒートシンク無し)」のようなアーマーが付いていない物を選びましょう!ヒートシンクを外すと保証対象外です。

<目次に戻る>

第3世代Ryzenの自作PCにおすすめM.2SSD「まとめ」

使える構成は限られていますが、PCIe4.0・Gen4対応のM.2SSDは、Ryzen5の第3世代を使って自作PCを組もうと考えている人におすすめできる。

最速の転送速度を試してみたい人は、検討してみましょう!PCIe3.0・Gen3対応のおすすめM.2SSDは以下の記事で紹介しています。

おすすめM2SSD選び方
おすすめの最新M.2SSD(NVMe)はこれ!選び方と発熱対策用ヒートシンクも

続きを見る








クラフターレベル上げ
木工師1-80鍛冶師1-80甲冑師1-80彫金師1-80
革細工師1-80裁縫師1-80錬金術師1-80調理師1-80


PS4/周辺機器
外付けSSD外付けHDDコントローラー充電機器
内蔵SSDゲーミングモニタースピーカーFPSグッズ



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。(公式規約

-PCパーツ, M.2SSD
-, ,

Copyright© ゲーマーログ , 2020 All Rights Reserved.