M.2SSD

PCIe4.0・Gen4対応おすすめ最速M.2SSDはこれ!Ryzen第3世代の自作PCに

最高の転送速度環境にできる「PCIe4.0・Gen4」対応のM.2SSD商品の中からおすすめを紹介します。Ryzenの第3世代を使って自作PCを組んでいる人、もしくはこれから自作PCを組もうと考えている人は、Gen4対応構成にして損することは絶対にありません。

 

でも、商品数も増えてきて最新規格が必要かどうか迷いますよね。

 

そこで、この記事では、今Gen4・PCIe4.0を購入する意味があるのか、購入する場合どこを比較すればいいのかも含め紹介していきますので参考になれば幸いです。

PCパーツカテゴリー
CPUグラフィックボードマザーボードメモリ
M.2SSDSSD

PCIe4.0・Gen4対応おすすめ「M.2SSD」

では、2021年3月時点でおすすめできるM.2SSDを紹介します。

比較ポイント

  • 読み書き速度
  • 容量の種類
  • ヒートシンクの有無
  • 耐久性:TBW・MTBF(1TBモデルの数値を比較)
  • 価格

TBWとは?

TBWとは、SSDの推定寿命を表す数値で、600TBWと書かれていれば「600TB書き込んだら、だいたい寿命ですよ。」という意味になります。

MTBFとは?

MTBFとは、平均故障間隔を表す時間です。だいたい、どれくらい使いつづけると故障する可能性があるのかの参考にできますが、公表してくれているメーカーが少ないのが残念ですね。

 

長く使えて安心して使えるかどうかを基準にランキング化してみました。耐久性などを比較できる数値が公開されていない商品も多いんです。

 

1位:Seagate「FireCuda 520」は耐久性が高くコスパ抜群【実機レビュー記事あり】

Seagate FireCuda 520 M.2 【データ復旧3年付】 1TB PCIe Gen4x4 ZP1000GM3A002
SEAGATE
Seagate FireCuda 520をレビュー!耐久性・安心重視なら間違いなくおすすめのGen4対応M.2SSD

続きを見る

項目スペック
読み書き速度5000/4400MB
容量500GB・1TB・2TB
ヒートシンクの有無無し
TBW1800
MTBF180万時間

耐久性が他社製品と比較しても圧倒的に優秀な商品です。

TBW・MTBFの公開数値もかなり高いうえに、普通は何万円もする3年間データを自分のミスで消したり・破損させた場合の復旧サービスも無料でついています

大切なデータを守るという観点で選ぶならオススメの商品ですね。詳しいデータ詳細は、下記のレビュー記事をご確認ください。

 

2位:CFD CSSD-M2B1TPG3VND 予算を少しでも抑えてGen4にしたい人に

項目スペック
読み書き速度4950/4400MB
容量500GB・1TB・2TB
ヒートシンクの有無無し
TBW1800
MTBF非公開

ヒートシンクが搭載されているマザーボードと一緒にコストを抑えて購入したい人向けの商品です。1TBの価格が一番抑えられる商品でもあります。

TBWの数値が1800TBまでと、かなり耐久性も高めなのもポイント。

 

3位:サムスン 980 PRO MZ-V8P1T0B/IT 高速転送と耐久性

項目スペック
読み書き速度7000/5000MB
容量500GB・1TB・2TB
ヒートシンクの有無無し
TBW600
MTBF150万時間

転送速度の速さと人気。そして耐久性を比較できる数値も公開されているのがポイント。MTBFも150万時間、普通に使っていて壊れることは少ないと判断できます。

Gen4対応商品の中でも利用者が比較的多い印象なのも安心できるポイントかなと思います。

 

4位:WD_Black SN850 読み書き速度最速を目指す人に

項目スペック
読み書き速度7000/5300MB
容量1TB
ヒートシンクの有無無し
TBW600
MTBF非公開

転送速度が圧倒的に早い「7000/5300MB」です。それなりに価格が上がってしまうのは難点ですが、保証期間も5年ついています。

予算が許すのであれば、試してみたい商品ではありますね。

 

5位:GIGABYTE AORUS HD2596GP-ASM2NE6100TTTD 耐久性・速度も速い・・

項目スペック
読み書き速度5000/4400MB
容量1TB・2TB・4TB
ヒートシンクの有無あり
TBW1800TB
MTBF177万時間

熱伝導率の高い銅製品のヒートシンクを搭載したPCIe4対応M.2SSD。転送速度も速く、耐久性とのバランスもかなりいいと思います。

ただし、ヒートシンクがついていて、外してしまうと保証対象外になってしまうのがネックです。マザーボードにヒートシンクが付いていると使えない・他のパーツに干渉してしまう可能性があるため、ランキングは下位にしています。

 

6位:Corsair MP600 CORE 1TB NVMe PCIe M.2 SSD 大容量を購入するならおすすめ



項目スペック
読み書き速度4950/3800MB
容量1TB・2TB・4TB
ヒートシンクの有無無し
TBW225TB
MTBF180万時間

放熱性の高い大型ヒートシンクを搭載。チップ部分だけでなく、基盤全体をしっかり覆うデザインのヒートシンクです。4TBが販売されているのもポイントですね。

冷却性能も高いのですが、他の商品と比較するとそこまで特徴らしい特徴はないかなと思います。TBWも少し低めなのがネックかも。

 

スペックのバランスや耐久性はかなり高い商品でも、大型のヒートシンク付きだとマザーボード選び・パーツ干渉などを自分で確認したうえで購入する必要があります。初心者さんが購入するとなるとハードルが若干高めかな。

 

「PCIe3.0・PCIe4.0」M.2SSDのスペックを比較

実際に規格が変わって大きく変化した部分、これからの考え方を書いています。

主観の部分もあるので、あくまで参考にしてください

「PCIe4.0・Gen4」対応のM.2SSDは秒速5GB!

Gen3.4の転送速度差目安

「PCIe4.0・Gen4」対応のM.2SSDは、読み書き速度が圧倒的に早くなります。2019年までの定番規格PCIe3(Gen3)M.2SSDでは、2500~3500MB/sだったものが、現状5000~5500程です。さらに上昇することも考えられます。

もし取り入れたとすれば、パソコンの起動速度・ソフトの使用環境・ゲームを入れた場合のゲームロード時間もかなり短縮できるということです。かなり魅力的じゃありませんか?

 

商品開発・価格競争はこれから?

最安商品の価格推移グラフ

まだまだ、商品を製造販売しているメーカーが少ないため、価格競争・性能面での競争はこれから激化していくはず。その中で2020年以降ストレージ性能がさらに向上していくのは間違いない。

まだまだPCIe3(Gen3)M.2SSDと比較するとコスパがいいとは言えませんが、価格もだいぶ下がってきています。現状、最強最速の自作PC構成にしたい人に「PCIe4(Gen4)M.2SSD」はオススメ商品です。

 

チップの発熱や消費電力は?

公開されているデータによると消費電力は、高負荷時で約平均7~9W程読み書き速度が速くなるほど電力消費量は上昇していきます。

当然温度も上がりますね。ヒートシンクが付属している商品にするか、マザーボードのヒートシンクを使えば、だいたい60℃弱くらいに抑えられそうです。

PCIe3(Gen3)M.2SSDと比較して発熱・消費電力は上昇気味。転送速度を爆速にするかわりに、デメリットもあるということですね。熱対策は必須そう・・。

<目次に戻る>

利用するにはAMDプラットフォームとチップセット500番台構成が必要

正式対応しているのは、今のところAMD系CPUとチップセット500番台のマザーボードですBIOSアップデートで、使えなくはないけどメーカー推奨方法ではないので、本来の性能が発揮されているかは分かりません。

メーカー保証外の方法で利用すると保証されない問題もあるので(あくまでやるなら自己責任で)。B450マザーボードで使うこともできるらしいですが、オススメはしません。

 

AMD系のCPUと合わせて利用できるマザーボードを下記の記事で紹介していますので、これから構成を考える人は参考にしていただければと思います。

まとめ

使える構成は限られていますが、PCIe4.0・Gen4対応のM.2SSDは、Ryzen5の第3世代を使って自作PCを組もうと考えている人におすすめできます。

最速の転送速度を試してみたい人は、検討してみましょう!PCIe3.0・Gen3対応のおすすめM.2SSDは以下の記事で紹介していますので、見てくださいね。







Amazonで買うなら要チェック

Amazonで商品購入する場合、プライム会員なら「注文金額2000円未満」「お急ぎ便(即日配達希望)」でも配送料が無料になるのでお得。無料体験可能で使用後すぐ退会OK!
👉30日間の無料体験を試す

関連記事



Youtubeチャンネル

Youtubeでもゲーミングデバイス・ガジェット・ゲーム関連情報をアップしていますので、ぜひご覧ください。わからないことなどあれば、コメントにできるだけお答えしています。

人気

New

人気

New

New

動画一覧を表示

カテゴリーから記事を探す

-M.2SSD
-, ,

© 2021 ゲーマーログ