PR ガジェット

Oscal C80実機レビュー!1万円台で購入できるAndroidスマホでゲームプレイ

今回は中華メーカー「Blackview」のサブブランド「Oscal」の新商品「C80」を紹介します。

iPhoneが10万以上している中、Androidスマホは探せば1万円台でも、スマホとして十分使える製品がありますよね。

 

1万円台といっても、ネットも動画もカクカクで見れないようなスマホじゃ?
ちゃんとスマホとして使えるの?
すごく作りがちゃちいんじゃないの?

 

など気になるポイントを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Oscal C80は、9月14日からの18日間は「AliExpress」で15,000円ほどで販売されますので、安いAndroidスマホを探している方は要チェックです。

 

実際にゲームでも使ってみた感想ですが、ありか無しかで言えばあり。

スマホとしても十分使いやすい。ただし用途にはよるといったところです

 

詳細ページ

 

提供:Blackview

Oscal C80のスペック

カラーバリエーションは多数。

ディスプレイ 6.5インチ
リフレッシュレート 90Hz
CPU Unisoc T606
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
高速充電 18W充電対応
OS Android 12
SIMスロット デュアルSIM SIM&MicroSDなど使い方が可能
重量 188g
バッテリー駆動時間 通話・音楽再生は約20時間/ゲームは7時間ほど

初期設定時に指紋認証・顔認証設定可能。

Antutuのスコア

Antutuのスコアは、よくスマホのベンチマーク比較として使われているスコアです。

実際に計測してみたところ20万は超えました。

 

原神などのゲームは、20万以上のスコアならできると言われているので期待はできる

 

PCMarkのバッテリーベンチマーク

バッテリーが満タンから20%ほどまで減るのにかかる時間は約10時間ほど。

ネット・動画の再生など使い倒して、これくらいの時間と考えると、まぁまぁ電池持ちはいいと思う。

 

参考までに販売ショップにも各操作と駆動時間が記載されていました。

動画視聴 7.5時間
ゲーム 7時間
ブラウジング 10時間
音楽再生 21.5時間
通話 20時間
スタンバイ 528時間

使用している環境や、再生する動画・どれくらい重たいゲームをするかによっても前後すると思いますので、あくまで参考程度に見ておいてください。

 

Oscal C80の外観

付属品は、充電ケーブルUSBTypeC・アダプター・説明書(日本語あり)

注意ポイント

今回送っていただいたのは、サンプル品なのでアダプターが日本で使えないものですが、日本から購入した場合は、ちゃんと日本のコンセントで使用できるアダプターが付属するとのことでした。

最初から、保護ケースに入ってました。

この保護ケースは、よくあるビニールのケースで、耐久性が高いのが売りみたいです。

6.5インチは、そこそこ大きい。

元々メインで使っているのがiPhoneXRなので、それと比べるとかなり見やすい印象。

サイドボタンは、下が電源、上がボリューム上下。正直、この配置はスクショが撮影しにくい・・。

個人的には、iPhoneみたいに両側にボタン取り付けてくれるほうが使いやすいと思う。

反対側は、ケースを外すと、SIMスロットがでてきます。

ここには通話で使用するためのSIMカードを入れるのと、MicroSDを入れて容量をさらに追加することもできる。

下には、イヤホンジャック・マイク・USBTypeCポート・スピーカーを搭載。

メインカメラは50MP

フロントカメラは8MP

実際にいろいろと撮影してみた。

 

Oscal C80カメラ性能

撮影画面は、こんな感じ。Zoomは4倍まで可能。

動画・写真・ポートレート・PROモードがあります。

 

iPhoneXRで撮影した写真と、C80で撮影した写真を比較してみました。色味など好みはあるかと思います。

室内で物撮り・ボケ感

C80

全体的に薄い色味

背景のボケた感じは、C80のほうが、若干上の気がする

iPhoneXR

黄色の色味が若干濃いかもしれない

色味をクッキリ補正しているのか、ボカしたいところまでハッキリしてしまうのがiPhone。

屋外で撮影・逆光

C80

レンズの反射は入るけど、逆光でも綺麗に青空が撮影できてる

奥がボケるので、被写体の色が綺麗に撮影できている気がする。

iPhoneXR

逆光だと、レンズ部分が反射しますが、まだマシ。

撮影する画面は、暗く見えましたが、実際はかなり綺麗に撮れる。

 

薄暗い場所での撮影

C80

iPhoneXR

同じ撮影環境でもかなり違いが出たのが暗所撮影。C80は、かなり画像を明るくしてくれる。

iPhoneは、どちらかというと暗さを残すリアルな撮影ができる。

 

撮影環境や暗さなどによって異なりますが、手軽にスナップ間隔で撮影をしたいなら、C80はありだと思いました。

 

 

動画の撮影

動画撮影は圧倒的にiPhoneですね。映像がスムーズですし、手振れに強い。

でも、圧倒的な価格差があるiPhoneに、ここまで迫れているのはすごい。

 

Oscal C80でAPEX モバイルをプレイ

結論、プレイは、可能です。

グラフィック高めの設定にしていると、若干ですがもたつくシーンがあります。

ビデオ設定で負荷を下げることができるので、ゲームプレイをする場合は負荷を下げたほうがいい。

 

ずっとプレイしているとカメラあたりが熱くなってくるので、長時間プレイするなら、冷却できるようなグリップと一緒に使うのもいいと思う。

Androidスマホでゲームする人に!フリーク付きのコントローラー「GameSirX3 Type-C」

続きを見る

スピーカーの音質は可もなく不可もなく

スマホの下に1つスピーカーが付いているだけなので、めちゃくちゃ音がいいわけではない。

ポイント

動画視聴などの目的なら全く問題無し

ゲームをするときにスピーカーをふさいでしまうので、若干持ち方によっては聞きにくくなると思う。

 

まとめ

今回は、「Oscal」の新商品「C80」を紹介しました。

ポイント

  • ストレージ128GB・メモリ8GB搭載で安い(セール価格は1万円台で買える)
  • 写真性能は結構高い(かなり拘りが無いならOK)
  • バッテリーの持ち時間は、そこそこ長い
  • APEXモバイルなどのゲームはプレイできる
  • 動画撮影目的ならおすすめしない

iPhoneは高いな、かといってハイスペックすぎるAndroidスマホも高いしいらない人には、安くて性能もそこそこある丁度いいスマホです。

最新の価格は下記のリンクからチェックしてみてください。

 

最新価格

おすすめ記事

PCゲーマーに人気

カテゴリー

-ガジェット
-,