ビエン

自作PC・ガジェット・ゲーム好き。気になる商品があれば購入してレビューしています。Twitter・Youtubeでも情報公開中。お仕事のご依頼はお問い合わせへお願いします。

ゲームパッド

小さい手におすすめのプロコン!GameSir T4 Miniレビュー

今回はSwitch・iOS・Android・PCで使えるコンパクトなコントローラー「GameSir T4 Mini」をレビューします。

しばらく使ってみた感想をまとめると

プロコンが自分の手に大きいなと感じている
Switch・PC・スマホのコントローラーを一つにまとめたい
連射・バイブレーション・ジャイロ機能はやっぱり欲しい

そんな人におすすめできるコントローラーです。

 

見た目かわいいし、手が小さくても持ちやすかった!
って妻が言ってましたので、商品の外観や特徴に加えて、うち2人で使ってみた感想をお伝えできればと思います。

 

注意ポイント

アミーボ機能は搭載していません。

提供:GameSir

Gamesir T4 Miniのスペック!機能が豊富

価格:4,299円(Amazon)

詳しくはコチラ

項目スペック
対応機種Switch・Android9.0以降・iOS13以降・Windows
接続Bluetooth5.0(MFI認証)・有線
6軸ジャイロSwitch
振動モーターSwitch・PC
自動スリープあり
ホームボタンSwitch起動あり
バッテリー600mAh
駆動時間10時間
サイズ143×83×53mm
重量153g(実測値)

純正プロコンと比較

項目T4 Miniプロコン
画像
価格4,2997,678
接続方法Bluetooth5.0(MFI認証)Bluetooth3.0
HD振動
ジャイロセンサー
加速度センサー
アミーボ
充電/駆動時間3時間/10時間6時間/40時間
連射機能
HD振動
重量153g246g

純正プロコンと比較した場合のメリットは、価格・重量・連射機能あたりかなと思います。T4 miniには加速度センサーの記載は無く、アミーボにも対応していない点は注意です。

見た目は、好みが分かれると思いますけど、個人的にXYBAボタンが光って、少しスケルトンになっているボディはいいなと思います。

 

MFI認証に対応したコントローラーなので、iOSの性能基準をパスしているようです。iPhoneやiPadでゲームプレイしている人にとっては嬉しいかもしれませんね。

 

Switchの付属コントローラーと重さを比較

153g

197g

意外とジョイコンのコントローラーも重たいんですね。それより軽かった。

 

 

付属品

1mのTypeCケーブル:充電&PCへの有線接続時に使用します。

日本語説明書:他の言語でも記載されてますが、真ん中あたりは日本語です。

三角形のラベル

Gamesir T4 Miniの外観と機能操作方法

やっぱり見た目のコンパクトさ、手で持ったときの小ささを感じます

電源を入れていない時の質感は少しマットな感じでしょうか。安っぽくないと思います。

電源を入れると、またちょっと雰囲気が変わります。

ジョイスティックの周辺と、XYBAボタンがカラフルに光るのがいいですね。

上にはTypeCポートとSwitchとのペアリング用ボタンが付いています。

LED・振動強弱は変更可能

コントローラー真ん中のTボタンを使っていろんな機能を操作できます。

ポイント

T+L3(右アナログスティック押し込み)でアナログスティック部分のLEDライトの変更が可能

T+L3ダブルクリックするたびに、消灯→色自動変更と切り替えられます

T+十字キーの上下でHD振動の強弱調整

 

連射操作方法

ポイント

XYBAボタンとLR・ZL・ZRボタンは連射に対応しています

連射したい上記のボタンを長押ししながらTボタンを押すと連射できます。

 

個人的には連射モードの使い道がわかりません!

 

ペアリング操作は4種類!

T4 miniは、Switch・スマホ・PCに接続できるのが魅力ですね。それぞれペアリング方法が異なりますので紹介しておきます。

Switchへの接続

初期接続時のみペアリングが必要です。コントローラーの「持ちかた/順番を変える」の画面を開き、コントローラー上部についている「Syncボタン」を長押ししてください。

すると自動でペアリングされます。次回からは、ホームボタンを押せばSwitchがスリープから復帰するだけでOKです。

 

iOS/Android

iPhoneの場合:ホームボタンとBボタンを長押しでペアリングモードに

Androidの場合:ホームボタンとAボタン長押しでペアリングモードに

一般的なBluetooth機器と接続方法は変わりません。BluetoothをONにしてペアリングモードにすると、iPhoneではWirelessControllerと表示され接続できました。

 

PC接続

PC接続は有線のみ、Bluetooth接続には対応していないと記載されていました。USBTypeCケーブルで本体と接続すれば、自動で認識してくれます。

 

ペアリング方法は複数ありますが、接続機器の数だけコントローラーを揃えなくていいのは大きなメリットだと思います。

 

実際に遊んでみた感想

大乱闘スマッシュブラザーズ・ニンジャラをプレイした感想です。

まず、遅延を感じることはありません。操作したら、その通りにスムーズに動いてくれます。振動機能の強弱もゲームしながら調整できるのは便利です。

上のLRボタンはジョイコンのコントローラーよりも幅があるので押しやすかったです。

妻の場合は、特に違和感なく遊べたようですので、手の小さい方にちょうどいいサイズだと思います。手に持った感じ、僕の場合はちょっと小さいなと感じました。

しばらく遊んでいて思ったんですが、手で握れるポイントが少ない分、普通のプロコンよりもグリップ感が落ちてますね。

ツルツルと滑る素材でもあるので、ゴムのグリップが付いてるともっと良かったかなぁってのが正直な感想です。

 

しっかりグリップ効かせたいって方にはオススメできないですね。

 

スティックの感度も見てみたんですが、遊びはなく正常に反応していました。

 

まとめ

今回は、コンパクトなコントローラー「T4 mini」をレビューしました。しばらく遊んでみて微妙かなと思ったところと、良かったところをお伝えします。

微妙なところ

  • 手の大きい人は使いにくいかも
  • グリップ感が少ない

良いところ

  • プロコンが大きいと感じる人には最適サイズ
  • LEDライトも綺麗
  • プロコンより3,000円位安い
  • PC・スマホ・Switchのコントローラーが1つにまとめられる

デメリットといっても致命的ではないので、そこを理解したうえで、コンパクトなコントローラーが欲しい方には、オススメできると思います。







Amazonを使うなら

10人に1人ポイントが当たるスタンプラリーもあるので、要チェック

Amazonで買うなら要チェック

Amazonで商品購入する場合、プライム会員なら「注文金額2000円未満」「お急ぎ便(即日配達希望)」でも配送料が無料になるのでお得。無料体験可能で使用後すぐ退会OK!
👉30日間の無料体験を試す

Youtubeチャンネル

ゲーミングPC買うなら要チェック

ゲーミングPCを販売しているドスパラやマウスなどのセール・キャンペーン情報をまとめています。

詳しくはコチラ

カテゴリーから記事を探す

関連記事



-ゲームパッド
-, ,

© 2021 ゲーマーログ