PC・ゲーミングデバイス・ガジェットレビューや役立つゲーム知識を発信しています。

最新動画はコチラ

マウスパッド

Amazon売れ筋上位のロジクール「G240t」ゲーミングマウスパッドレビュー!洗い方とおすすめする人しない人

02/01/2021

Amazonのゲーミングマウス売れ筋ランキングで、いつも上位にある人気商品ロジクール「G240t」ゲーミングマウスパッドをレビューします。

G240tの特徴は?
他のマウスパッドと何が違うの?
洗って使っている人が多いけど大丈夫なの?

ロジクール「G240t」ゲーミングマウスパッドを購入して1年。他にも特徴の違う「G440t」や「G640r」が販売されていますが、中でも薄くて安いゲーミングマウスパッドならこれです。

まだまだ現役で使っていますが、どんなところがいいのか・どんな人にはおすすめできないのか、マウスパッドの洗い方の注意点なども紹介しますので参考にしていただければ幸いです。

 

Youtubeでもレビュー動画・ゲーム情報を出しています。ゲーミングマウスゲーミングPCのレビューをしていますので見ていただけると嬉しいです。

 

Amazonで買うなら要チェック

Amazonで商品購入する場合、プライム会員なら「注文金額2000円未満」「お急ぎ便(即日配達希望)」でも配送料が無料になるのでお得。無料体験可能で使用後すぐ退会OK!
👉30日間の無料体験を試す

ロジクール「G240t」ゲーミングマウスパッドをレビュー

大きな特徴は、他のゲーミングマウスパッドと比較してもかなり薄いことです。厚さは1mm、デスクとマウスパッドの差をあまり感じさせないデザインになっていると思います。

サイズは公式サイトに記載されている寸法が、横340 × 縦28 × 高さ1mmですが、実際に計測してみると若干違います。横33.9cm・縦が28.1cmありました。

奥行き45cmのデスクに置くとこんな感じです。

表面は滑りやすい布っぽい素材でできていて、全体的な質感はラバー素材になっています。

薄いので、これだけグニャグニャと曲げても、まったく問題がありません。

裏面は、きれいなロジクールの水色カラー。全体が滑り止めになっています。

ずっと使っていると右下についていりロゴ部分が少し反りあがってきました。でも、使っている時に邪魔になる位置というわけでもないので、気にせず使っています。

キーボードと並べると、テンキーレスでも横幅が最低72cmは必要です。テンキーありのフルサイズキーボードと合わせるとプラス10cmくらいは必要になりますね。

箱がもう1年前で捨ててしまってないんですが、ロジクールのゲーミングマウスパッドは、しっかりした箱に丸まって入っています。G240tもしっかり丸まっていましたが、デスクにおくとすぐピタッと張り付く感じでした。特に反り返りもなかったので、変なあとがつくこともありません。

ロジクール「G240t」ゲーミングマウスパッドをゲームで使ってみた感じ

SteelseriesやAmazonベーシックのゲーミングマウスパッドと比較すると、かなり滑りがいい感じです。マウスパッド自体も比較的大き目ですし、ローセンシで、結構マウスを動かして操作したいタイプの人に向いているんじゃないかなと思います。

 

エイムで使うのって横幅なので、それが30cm以上あると、結構余裕がある

 

ロジクールのゲーミングマウスパッドラインナップを紹介

素材や大きさが異なるゲーミングマウスパッドがロジクールから複数販売されています。ハードは昔付かっていたこともあるんですが、クッション性が0で、あまり好みではないので使っていません。

 

画像・商品名をクリックすると商品詳細が表示されます。

 

商品名/画像サイズ/素材価格
G240t

縦:280mm 横:340mm 厚さ:1mm/ソフト1,418円
G440t

縦:280mm 横:340mm 厚さ:3mm/ハード2,800円
G640r

縦:400mm 横:460mm 厚さ:3mm/ソフト2,200円

※21年2/1日時点の価格です

G240tとG440tの違いは、表面の質感がハードかソフトかと、厚さが1mmと3mmの違いがあります。

G240tとG640rの違いは、サイズと厚さですね。これは大判なので、ある程度奥行きのあるデスクでなければ置くと圧迫感があるかもしれません。

 

G240tを洗ってみた・手順と失敗したポイント

ずっと使っているとこんなふうにマウスパッドって汚れてきませんか?

このまま使えなくはないんですけど、やっぱり綺麗にしたいですよね。というわけで、洗っていきます。

必要なもの

水をためられる場所・桶とか大き目のマウスパッドなら風呂場でもいいと思う・必要なら洗剤

step
1
ぬるま湯につける

水でもいいんですが、何回か洗ってみて、ぬるま湯のほうが汚れが落ちやすく泡立ちやすいと思います。あんまり汚れていなければ、ぬるま湯につけて表面をなでるくらいで、だいたいのホコリとか汚れは落ちるイメージです。

step
2
汚れがひどいなら洗剤

結構汚れがついているなと感じたら、ボディソープとかを直接つけずに手になじませてから、マウスパッドにつけて洗います

たわしや硬いスポンジを使うと、表面に傷みたいな跡が残って取れなくなるので、手を洗う感じで洗うのがオススメです。

注意ポイント

固形石鹸も使えますが、直接塗り付けると石鹸の跡が残ってなかなか取れなくなりました。使うときは手で泡立てたほうがいいと思います。

step
3
よーくすすぐ

 

ぬるま湯だけで洗ったときも、浮かした汚れが残らないように水を出しながら、よーくすすいでください。洗剤を使った人は、とくにしっかり洗い流さないと洗剤のあとが乾いたときに出てきてしまいます。

step
3
乾燥

ドライヤー使う人もいますけど、なんかゴムがいたみそうなんで僕はタオルで軽くポンポンと叩いて水気を切ったら、ハンガーに干して乾かしています

 

マウスパッドって黒いので、花粉シーズンとか黄砂が飛んでいるシーズンの場合、外に干さないほうがいいです。いちどそれで、めっちゃ黄色い点々がついていたことがありました。

個人的には室内かお風呂場に干しておいたほうが無難だと思っています。

 

step
3
before・After

結構目立っていた汗染みみたいな汚れも、しっかり取れました。

 

 

コーヒーでボトボトになったり、ポテチの塩まみれになったマウスパッドも、この方法で綺麗になって使えているので、良かったら試してみてくださいね。

 

人気ランキングもチェック

人気が高く、よく売れている商品からゲーミングマウスパッドを探したい人は、下記のランキングも参考になると思います。

Amazonゲーミングマウスパッドランキング

楽天ゲーミングマウスパッドランキング

 

他のマウスパッドと比較すると

Amazonでも売れ筋上位の他メーカー品と比較してみると、ロジクール製品の価格は一番上になります。ただし、マウスサイズは一番大きくて、滑りも一番いい。そして、1mmという薄さも違います。

表面の質感は、ロジクールは滑りやすいですが、ほかのは若干すべりにくくなっている印象があります。ある程度の大きさのマウスパッドで滑りもよく、手を置いたときにデスクとの段差をあまり感じたくない人に最適だと思います。

 

実際に触ってみると感じるんですが、薄いけど作りはしっかりしているので、長くつかえると思う。実際1年使って、もう無理だなと感じることもないですしね。

 

Amazonレビュー4万超えSteelSeries QcK マウスパッドレビュー!バリエーションが一番豊富かも

続きを見る

Amazonベーシック「ゲーミングマウスパット」レビュー!安くてサイズも豊富だけどホントにお得?

続きを見る

まとめ・おすすめしない人・おすすめする人

今回は、ロジクールのゲーミングマウスパッド「G240t」をビューしました。

おすすめしない人

手を置いたときのクッション性を重視したい人は、薄型なのでクッション性は他のマウスパッドより劣ると思います。

デスクが小さい人でコンパクトに収めたい人には、若干大きく感じる人もいるかもしれません。

長く使っていると右下のロゴ部分は浮いてきます。

こんな人におすすめ

しっかりした作りのマウスパッドが欲しい人も満足できる作りだと思います。

ローセンシでマウスを動かしやすいミドルサイズのマウスパッドです。

デスクとの段差を感じにくい薄型も、操作していて手首や腕に違和感を感じにくいですね。

あと洗えるので、長く使えば使うほどコスパもいい!

マウスパッドは消耗品なのは確かだと思います。プロゲーマーさんは、頻繁に買い替えたりしているみたいですしね。ただ、そこにお金をかけるくらいなら、もっと長く使って別のデバイス買いたいという人は、マウスパッドを洗って使ってみてはいかがでしょうか?

Amazonで買うなら要チェック

Amazonで商品購入する場合、プライム会員なら「注文金額2000円未満」「お急ぎ便(即日配達希望)」でも配送料が無料になるのでお得。無料体験可能で使用後すぐ退会OK!
👉30日間の無料体験を試す







/お急ぎ便・日時指定が無料に\

/人気メーカー「Xaomi」製品が安い\

Youtubeチャンネル

関連記事



カテゴリーから記事を探す

-マウスパッド
-, ,

© 2021 ゲーマーログ