PR ノートPC

GALLERIA XL7R-R36 4800Hレビュー!144FPS安定でフォートナイト・APEXができるゲーミングノート

今回は、ドスパラのおすすめランキング1位になっている「GALLERIA XL7R-R36 4800H」をお借りしたので、紹介したいと思います。

Ryzen7 4800H・RTX 3060LapTop・144Hzディスプレイを搭載したミドルクラスのゲーミングノートです。

 

この商品をしばらく使ってみましたが

144Hzでフォートナイト・APEXなどFPSをプレイしたい
録画して編集・ゲーム配信もしてみたい
たまに持ち運ぶかもしれないから軽めのゲーミングノートを探している

そんな人におすすめの商品だと思います。

 

価格はころころ変わるので、公式サイトでチェックしていただきたいんですが、レビュー作成時点では149,980円。実際のゲームプレイ時のFPS・ベンチマーク結果・録画時・配信時の状況を検証しましたので、ぜひ参考にしてください

 

動画で視聴する

 

\最新モデルは下記のリンクから/

公式サイトはコチラ

【ドスパラ】4月1日まで必ずポイントがもらえる新生活応援キャンペーン

ゲーミングPC・セール情報
デスクトップ ノートパソコン 自作PCプラン 中古PC
ドスパラセール情報 FRONTIERセール情報 TSUKUMOセール情報 mouseセール情報

GALLERIA XL7R-R36 4800Hのスペック

項目 スペック
OS Windows10
CPU Ryzen7 4800H
グラボ RTX 3060 Laptop
メモリ 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
Bluetooth 5.1対応
WiFi WiFi6
重さ 2㎏
WEBカメラ HD画質

CPUは高性能のRyzen7 4800Hを搭載

ベンチマークで比較してみると、マルチスコアがかなり高いを搭載しています。

処理能力も高いので、配信はもちろん、動画編集なんかもできるスペックですね。

 

グラボはミドルクラスの定番RTX 3060 Laptop

ノートパソコンなので搭載されているグラボは、デスクトップとは違いますが、同じノートで比較してみるとRTX 2080 SUPERと同等のレベルのグラボが搭載されています。

これで、どれくらいFPSが出せるかは後で紹介しますね。

 

GALLERIA XL7R-R36 4800Hの外観と特徴

パット見は、ガンメタのマットな質感がカッコいいと感じました。

厚さが2.3cmしかないので、結構薄いですし、2㎏くらいの重さも軽いと思います。

この商品の特徴のひとつは、ベゼルの狭い144Hz対応ディスプレイです。

サイズのわりに画面が大きく感じます。

拡張ポートは左側にUSB TypeAが1つと・マイク・ヘッドホン出力。

右側にUSB TypeAが2つとSDカードリーダー。

カメラのSDカードをよく使う人は、嬉しいですね。

背面には、HDMI2.1出力と映像出力もできるTypeCが搭載されています。

ちなみにこのTypeCはPDには対応していませんでした。

キーボードは、このサイズにテンキーが入っているのも特徴です。

フルサイズキーボードと似た感覚でタイピングできるので、個人的にはこの配置が気に入ってます。

よくテンキー入力する人やゲームでもテンキー使うような人は、使いやすいんじゃないかな。

キーボード上には、office・Gaming・Turboの3種類を切り替えられるボタンが付いています。

officeは静か、Turboはフルでパソコンを使う感じです。

 

ベンチマーク結果

ドラクエ・FF14・FF15のベンチマーク結果です。

ゲーム 評価
設定はフルHDで最高品質です。スコアは18089。すごく快適。
設定はフルHDで、最高品質にしています。スコアは14581。とても快適。
設定はフルHDの高品質です。スコアは7861で快適。重たいゲームも高品質設定で遊べるみたいですね。

FF15の高品質で快適になっているゲーミングPCは、現行の重たいゲームが、だいたい60FPSで遊べます。それくらい性能が高いです。

 

人気ゲームのFPSを検証!

プレイ開始から戦闘が終わるまでの平均FPS数値を検証しています。

キャプチャーソフトはBANDICAMを利用しました。144Hz対応のディスプレイなので、144FPS以上出したとしても意味はありません。

フォートナイト通常プレイ時

何もソフトを起動せず、必要最低限の設定にしてプレイすると平均FPSが200FPS半ばになりました。

たまーに200以下になりますけど、144Hzモニターの性能からするとFPSここまで出ても意味ないです。

 

フォートナイト録画時

録画ソフトを起動させると、平均FPSが20くらい下がりました。

といっても平均200くらいだったので、全くプレイに支障はありません。画面もヌルヌルです。

 

Apex Legends通常プレイ時

平均FPSが170くらいでした。

もっと設定を下げれば、もう少し上がるかもしれませんが、ノートパソコンで遊ぶなら、これで十分ですね。

 

Apex Legends録画時

上がり下がりが結構激しかったのですが、戦闘後半で平均FPSが133。上は170以上出ますし、下は120くらいになることもありました。

録画しながら144FPSをキープするなら画質下げたほうがいいかもしれません。

 

ゲーム配信した時のFPS数値

外部のモニターに繋いでデュアルモニター状態にし、OBSを使ってなるべく高画質で配信してみました。ノートPC一台で配信できるのか。

フォートナイト

録画していたときよりもさらにFPSが下がります。平均170~180FPSくらいに落ち着きました。

200FPS以上出ることもありますが、200以上でキープするのは難しいです。ただ、配信時でも144Hzディスプレイの性能は十分発揮できることは分かりました。

 

Apex Legends

Apex Legendsのほうがフォートナイトより重たいので平均FPSが落ちましたが、録画ソフト起動させたときよりは高くなりました。

上下幅はありますが、配信時は平均150FPSくらいになると思います。

 

通常プレイから配信までテストしてみましたが、問題なく高FPSでプレイできましたね。RTX3060LapTopは以外と性能高いと思います。

 

\最新モデルは下記のリンクから/

公式サイトはコチラ

【ドスパラ】4月1日まで必ずポイントがもらえる新生活応援キャンペーン

 

ゲームプレイ中の温度変化

フォートナイトを数時間プレイした検証結果です。

CPU・グラボ

結構負荷のかかる状況を作ってみたんですが、本体をTurboモードにして、デュアルディスプレイでゲームプレイ配信。Youtubeのページ・OBS・ゲームプレイをしてた時の温度です。

ずっとプレイしていると94℃までCPU温度が上がることがありました。グラボは基本的に80℃後半をキープしていて90℃にいくことはありません。

 

ここまでPCに負荷かけると、ヒュイーンってファンの音がすごいです。

 

本体キーボード周辺の熱

キーボード部分はゲームをしていると少しずつ温かくなってくる感じ。

キーボード上部の何もないスペース部分は、かなり熱を持っていて、触ると熱いなって感じると思います。

 

WEBカメラの映像と音質

Zoomに接続して試してみましたが、ごくごく普通のノートパソコンについてるHDカメラです。

マイク音質も普通かなと思います。もちろん、そこまでこだわらない人は問題なく仕事でも使えるレベルだと思いました。

 

まとめ

今回はドスパラで販売されている「GALLERIA XL7R-R36 4800H」を紹介しました。この商品は、144Hzディスプレイを搭載した薄いゲーミングノートパソコンです。外部モニターに接続すれば、さらに快適に配信を行うこともできました。

性能はミドルクラスですが、144FPSでのゲームプレイは十分できるので、144FPSでゲームプレイをしたい人は満足できる商品だと思います。

商品価格は、ころころ変わりやすいので、詳細は是非公式サイトをご覧ください。

\最新モデルは下記のリンクから/

公式サイトはコチラ

【ドスパラ】4月1日まで必ずポイントがもらえる新生活応援キャンペーン

おすすめ記事

PCゲーマーに人気

カテゴリー

-ノートPC
-, ,