ノートPC

Lenovo IdeaPad Slim 170 14型(AMD)レビュー!Ryzen5搭載のコスパノートPC

記事内のURLはプロモーションを含む場合があります

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)アイキャッチ

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)

をレビューします。

AMD Ryzenモバイル・プロセッサー搭載の薄型軽量ボディ14型ノートPCです。

 

主な用途として

ウェブサイト閲覧/動画配信を見る
学校で使う
仕事で使う

こんな用途で購入している人が多くいる製品です。

 

IdeaPad Slim 170のAMDモデルは、レビュー時点では、グレーモデルが3万円台~購入できるコスパPC。

ただし、できること・できないことはハッキリしています。

 

この記事では、製品のスペック・外観・特徴・ベンチマーク結果や利用できる使用用途を紹介していますので、購入前の参考になれば幸いです。

 

公式ページ

Lenovoのセール対象製品はコチラ

 

レビュー用にPCをお借りして記事を記載しています

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)のスペック

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)は軽い

今回お借りした製品のスペックです。

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen™ 5 7520U (2.80 GHz 最大 4.30 GHz)
GPU AMD Radeon™ 610M
メモリ 8 GB LPDDR5-5500MHz
SSD 256 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
ディスプレイ 14インチFHD液晶 (1920 x 1080) TNパネル・非光沢
バッテリー 最大 約11.2時間
無線LAN Wi-Fi 6
WEBカメラ 720p HDカメラ (プライバシーシャッター付)
サイズ 約 325.3x216.5x17.9mm
重量 約1.4㎏
持込修理保証 1 年間 引き取り修理

 

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)購入者の評価

購入者の評価は高め

IdeaPad Slim 170 14型は、かなり売れている製品で製品評価も豊富にあります。

公式サイトで評価を見てみる

悪めの評価

  • 商品購入するホームページが見にくい
  • 作りはチープで液晶が綺麗ではない(安いので納得)

 

良い評価

  • 基本性能も十分で立ち上がりも早くて快適
  • Zoomでの使用もストレスがない
  • コスパ最強

 

もともと価格を抑えた製品なので、作りの安っぽさはなど納得して購入している人が多い印象。

あまり重たい作業ではなく、ネットの閲覧・仕事や学校での利用を考えて購入している方ばかりですね。

 

実際に実機を使用して色々と試してみました。

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)の外観と特徴

まずは、IdeaPad Slim 170 14型(AMD)の外観や特徴を見ていきましょう。

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)の外観

今回お借りした製品カラーはサンド。

クラウドグレーとサンドの2色のカラー

他にもクラウドグレーが販売されています。

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)の質感

プラスチックっぽい質感で、価格相応といった印象。

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)はコンパクト

閉じた状態でもかなり薄く、サイズもコンパクトなので、持ち運びやすいのは利点です。

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)のタッチパッド

タッチパッドは、結構大き目で反応は悪くありません。

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)の吸気

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)の排気

吸排気は背面とヒンジ部分から行っているようです。

 

 

TNパネルの14インチ液晶は視野角狭い

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)の視野角1

視野角が狭いのが特徴で、見やすい角度というのが決まっています。

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)の視野角2

少し上から見た画面

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)の視野角3

右側から見た画面

コンパクトなので、いろんな体制で使う事を想定しているかもしれませんが、一定の角度でしか綺麗に画面が見えないのは注意してください。

 

液晶の見やすさを求める人は、新製品の視野角が広いIPSパネルモデルがおすすめです

 

シャッター付きのWEBカメラを搭載

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)のWEBカメラ2

HD画質のWEBカメラを搭載

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)のWEBカメラ1

使用しないときはシャッターを閉めておくことができます

 

WEBカメラの映像や音声は後で検証結果を紹介します

 

キーボードはテンキー無し:一部キーが小さい

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)のキーボード

キーボードは日本語配列

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)のキーボード少しエンターキーあたりが小さい

一部の右側のキーが通常よりも小さくなっています

タイピングは、ポフポフといったクッションのような感覚

 

搭載されているポート類

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)のポート左

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)のポート右

  • 4-in-1メディアカードリーダー
  • HDMI
  • USB 2.0
  • USB 3.2 Gen1 Type-C
  • 電源ジャック
  • マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  • USB 3.2 Gen1

TypeAが2つ・TypeCが1つなので、このサイズのPCとしては普通のポート数です。

 

公式ページ

Lenovoのセール対象製品はコチラ

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)のベンチマーク結果

PCの性能が客観的に見れるベンチマークも試してみました。

AMD Ryzen 5 7520U:シネベンチ23

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)シネベンチ23スコア

マルチスコア:4570

シングルスコア:1140

4コア/8スレッドのCPUで、TDP15Wのモバイル向け低電力APU。

日常生活で使うには問題ないかな。ネット閲覧・書類作成は、ストレス無く快適にこなせると思います

 

PCMark10:PCの総合ベンチマーク

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)PCMark10スコア

全体のスコアは4044

Essentials 6959
Productivity 7045
Digital Content Creation 3662

  • 「Essentials」はパソコンの基本性能・速度
  • 「Productivity」は事務系ソフト
  • 「Digital Content Creation」は画像編集などのクリエイティブソフト

基本性能・事務系の作業に関しては全く問題ありませんね。

ただ、グラフィックが弱いのでクリエイティブなソフトを使うのは厳しいです。

 

ストレージ:CrystalDiscMark

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)CrystalDiscMarkスコア

ストレージの転送速度を検証できるベンチマーク結果です。

特に転送速度が速いストレージが使用されているわけではありませんが、このくらい転送速度が出ていれば通常用途での利用は問題ないレベルです。

 

ドラクエ10:軽いゲームのベンチマーク

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)DQ10スコア 標準設定

結果は普通。

標準設定でも遊べるんですね。

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)DQ10スコア 低設定

快適という結果に!

この程度の負荷のゲームなら、CPU内蔵のGPUでも遊べます。

 

ゲーミングPCではないのに、軽いゲームなら設定を落として快適レベルで遊べそうです。

 

FF14:中程度の負荷のゲームベンチマーク

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)FF14スコア 標準ノートPC設定

結果は普通でした。

もっと低いスコアになると思ってましたが驚きです。

ただし、好きな設定で遊ぶのは難しそう

 

公式ページ

Lenovoのセール対象製品はコチラ

できること・できないこと

できること・できないことを試してみたので紹介します

Chromeで複数タブを開きながら文章作成は可能

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)複数タブ

Chromeをインストールして、複数タブを開きYoutubeを再生しながら、文字入力をしてみました。

結果、なんとか使えます。メモリの仕様具合を確認してみましたが、ギリギリです。

 

中程度の負荷のゲームは厳しい(FF14検証動画あり)

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)FF14

ゲーミングノートではないので、ゲーム用途で購入する方は少ないと思いますが、一応FF14がプレイできるか試してみました。

結果、動くことは動きますが厳しいです。

 

一番低い設定にしてFPS(フレームレート)は、25~30FPS程度が限界。

多少カクつくこともあります。

 

FPS系のゲームはできないですが、ドラクエ10くらいなら動きます。

FF14も1人でプレイしたり、制作系のコンテンツを外で少しやるくらいの使い方ならできそう

 

Zoom利用は快適・音質も良好(動画あり)

Zoomは快適に利用できます。相手には結構綺麗な映像が映っている。

意外とマイクがいいのか、音質も良好でした。

 

デュアルディスプレイ環境は可能

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)デュアルディスプレイ

搭載されているTNパネルディスプレイが見にくい場合、外部モニターにHDMI接続して使用することも可能。

実際に使用してみましたが、そこまで負荷は高くならない様子でした。

 

使用したモニター

 

持ち運んで使いやすい機動性は失われますが、自宅ではモニターに使って使用したほうが画面が見やすいですね

 

公式ページ

Lenovoのセール対象製品はコチラ

SSDやメモリの増設は可能?

IdeaPad Slim 170 14型(AMD)は構成変更できない

購入時に搭載するSSDやメモリの増設は残念ですが、できません。

できるのは、サービス関係の追加のみでした。

 

購入後に分解すればSSDのみ交換することはできるようですが難易度は高め。

保証も外れる行為なのでおすすめはできません

 

もう少しスペックが欲しい方は、下記のページでストレージ512GB・メモリ16GBの製品をまとめました。

公式ページ

まとめ:セール価格ならおすすめできる日常使い用のコスパノートPC

同じCPU・メモリ容量でも、価格は3万円台~7万円台と幅があります。

違いはストレージ容量と使用されているパネルの種類・マイクロソフトオフィスの有無です。

 

今回レビューしたのは、下記のサンド。

基本構成でセール品(クラウドグレー) 基本構成で定価(サンド) 新型:クラウドグレー 新型:クラウドグレー(office付き)
39,820円 61,600円 59,840円 79,860円
256GB 256GB 512GB 512GB
TNパネル TNパネル IPSパネル IPSパネル

※レビュー時点での価格です。

 

定価販売価格の場合、確実にIPSパネル・512GBストレージを搭載した新型がおすすめです

 

液晶の綺麗さを求める人や、クリエイター系の重たい作業をする可能性がある人には、おすすめできないパソコン。

価格の安さ、学校・仕事で使用できるノートPCを探しているという人にはおすすめできます。

 

公式ページ

Lenovoのセール対象製品はコチラ

おすすめ記事

PCゲーマーに人気

カテゴリー

-ノートPC
-