デスクトップPC

GALLERIA XA7C-R37T 第12世代Core搭載モデルをレビュー!おすすめ1位のゲーミングPCでゲームと動画編集してみた

GALLERIA(ガレリア)XA7C-R37T 第12世代Core搭載モデルをレビューします。

公式サイトをチェックすると、2022年5月時点でおすすめランキング1位になっているゲーミングPCです。

簡単に結論からお伝えすると

簡単な結論

このPCを購入すると人気ゲーム(フォートナイト・APEX)が平均240FPS以上でプレイできます。

4Kのゲームプレイも可能。後で詳しく紹介しますが、実況しながら録画しても、まだまだ余裕がありました。

動画編集はフルHDは余裕、4Kの動画編集をしても余裕あり。価格はそれなりにしますが長く使えるPCが欲しい人にオススメです。

 

この記事ではXA7C-R37Tのスペック・外観・性能・動画編集能力など、購入前にチェックしておきたいポイントを紹介しますので参考になれば嬉しいです。

 

\最短翌日出荷・ポイント還元も/

公式サイトで詳細を見る

7月8日まで!最大で期間中のお買い上げ金額相当分のドスパラポイントが返ってくる!キャンペーン

サードウェーブ様よりPCをお借りして記事を作成しています。

おすすめゲーミングPCレビュー
デスクトップ ノートパソコン 自作PCプラン 中古PC

GALLERIA XA7C-R37Tのスペックと特徴

GALLERIA(ガレリア)XA7C-R37T 第12世代Core搭載モデルの特徴を簡単に紹介します。

GALLERIA XA7C-R37Tの基本スペック

項目 スペック
OS Windows11
CPU Core i7-12700
グラボ GeForce RTX 3070 Ti 8GB GDDR6X
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ 1TB NVMe SSD
電源 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
ケース ガレリア専用 SKケース(ATX)
LAN 2.5Gb対応LAN
マザーボード インテル H670 チップセット ATXマザーボード
サイズ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
重量 約14kg
保証 保証期間1年

※価格はコロコロと変わりますので、最新価格は必ず公式サイトをご確認ください。

グラボ:RTX3070Ti

映像出力はHDMI2つ

Displayport3つ

適正価格で購入できないですが、やっと8万円台で購入できるようになってきたグラボです。

DLSS・NVIDIA Reflex・NVIDIA Encoder・NVIDIA Broadcast アプリに対応しています。

 

CPU:Core i7-12700

かなり人気のデスクトップPC用CPU。価格は5万円弱で購入できる製品です。

12コア・20スレッド

処理性能の高さは、かなりのもの。

それなりの発熱はあるようですが、GALLERIA(ガレリア)XA7C-R37T 第12世代Core搭載モデルで何度もベンチマークを回しても、そこまで温度は上がりませんでした。

 

高負荷時のグラボ・CPUの温度変化

CPUの最大温度は、FF15ベンチマーク開始して1分後の74度。グラボは中盤で71度が最高温度でした。

ケースが大きいですし、CPUクーラーもしっかり働いてくれていますね。

 

カスタマイズでCPUクーラーを変更できますが、基本構成のままで十分使えると思います。

 

ストレージは1TB NVMe SSD

PHISON PS5012-E12Sという製品が搭載されていました。

公式サイトの仕様表を見ると、1TBのシーケンシャルリード/ライトが3400 MB/s 3100 MB/s

 

ベンチマークの計測結果を見ると数値通り。

比較的安定したSSD。読み書き速度を見る限り、Gen3対応のM.2SSDですね。

 

さらに高速の読み書き環境を求めるならカスタマイズで、SamsungやWDの製品に変えて注文するといいですね

 

メモリ16GB

ゲームプレイだけなら気にしなくていいですが、高画質動画の編集を快適にやり続けたいと考えている人は、増設も検討してみるといいと思います。

フルHD動画の編集くらいなら、そこそこ性能の高いCPUとメモリは8GBでも対応できます。

 

GALLERIA XA7C-R37Tの外観

ケースサイズは大きめ

デザインはかなり落ち着いていますが、ゲーミング感はあります。

使用されているのはATXサイズのマザーボードが搭載できる「SKケース」と呼ばれているものです。

 

そこそこ大きいので、デスク上に置こうと思っている人は注意。

背面にケーブルがくるので、ケースサイズにプラスして10cmほど奥行が必要です。

 

ケースのLEDは変更可能

設定方法は、公式サイトにも記載されているとおり、マザーボードのソフトウェアをインストールして行います。

購入したマザーボードの確認は、同梱されている構成表をチェックしてみてください。

前面ポートが斜めに設置されているのも特徴の1つで、デスク下に置いたときのアクセスいい。

背面はマザーボードの端子にグラボの端子が出ているだけで、特に変わった設計ではありません。

使用しない映像出力端子に使用不可って書いてるのも間違えなくていいですね。

側面は、片方が少し透けるパネルになっています。

上はメッシュ構造。

物を置いても問題ない設計になっているそうです。

底面にも取り外して掃除できるフィルターが付いていました。

側面パネルを開けて内部を確認。

カスタマイズでDVDやBlu-rayドライブを増設して注文できます。

このクラスになるとグラボがやっぱり大きいですが、RTX3070Ti以上を搭載したGALLERIAには大型ステー「リジッドカードサポート」を搭載しています。

これついてないと斜めになっちゃいますからね。

 

ちなみに、自分でHDDを増設したい方は、ここに設置してケーブルでつなげばOK。背面にはSSDを増設することも可能です。

 

\最短翌日出荷・ポイント還元も/

公式サイトで詳細を見る

7月8日まで!最大で期間中のお買い上げ金額相当分のドスパラポイントが返ってくる!キャンペーン

 

GALLERIA XA7C-R37Tのベンチマーク結果

ドラクエ・FF14・FF15・Cyberpunk2077・Rainbow Six Siegeのベンチマーク結果です

ドラクエ10

軽いゲームの基準。

マイクラ(MOD無し)・PSO2などのゲームは、これくらいの軽さですね。

FF14

26,870のスコアはスゴイ。

中くらいの負荷のゲームが快適にプレイできるかの基準になります。

FF15

重ためのゲームをプレイしたい人の基準になりますが、これくらいのスペックがあると、全く問題なく好きな設定で遊べそう。

Cyberpunk2077

レイトレーシング:ウルトラで測定

最低:61FPS

平均:118FPS

最高:172FPS

一番重たい設定でベンチマークを回した結果がこれ、最低でも60FPS以上は驚き。

Rainbow Six Siege

最低:293FPS

平均:400FPS

最高:549FPS

かなり軽いゲームなので、好きな設定で遊べます。

 

GALLERIA XA7C-R37TのゲームFPS

みんなが知っていて、プレイ人口も多いフォートナイトとAPEX。重ためのゲームCyberpunk2077で検証してみました。

Fortnite(フォートナイト)のFPS

通常プレイ時

競技設定は、3D解像度と描写距離以外、全てOFFです。

最高設定

最低:31

平均:151

最高:211

競技設定

最低:103

平均:295

最高:397

最高設定でも144Hz対応ゲーミングモニターでプレイできます

競技設定なら、平均240FPS以上で遊び続けられるので、240Hz対応モニターを使ってもいいですね。

 

Youtubeで配信した場合

最低:78

平均:281

最高:435

配信環境設定はOBSを使用。解像度はフルHD。ビットレートは10,000にしています。

配信したときも、特に競技設定と違いはありませんでした。

むしろ最高FPSは、なぜか配信時のほうが出ていたので不思議。

 

Apex LegendsのFPS

基本的に全部OFFです。

かなり余裕があるので、使っているゲーミングモニターのリフレッシュレートに合わせて、設定を高くするのもあり。

通常プレイ時

最低:160

平均:276

最高:300

かなり高いFPSで安定してくれます。

降下時に少し下がるかなという程度で、地上に降りてからは200FPS以上で安定。

 

Youtubeで配信した場合

最低:168

平均:271

最高:301

ポイント

Youtube配信しながらのプレイで、戦闘時でも画像のように200FPS以上出ます。

配信してもキャプチャーしてもスペックに余裕があるからなのか、高いFPSをキープできます。

ゲーム配信したい人も満足できるスペックじゃないでしょうか。

 

 

Cyberpunk2077のFPS

FPS系ゲームではないので、60FPSを目指します。

一番重たい、乗り物に乗ったときのFPSを測定しました。

レイトレーシング・ウルトラ

DLSS自動

最低:71

平均:83

最高:90

レイトレーシング・ウルトラ

DLSSをOFF

最低:49

平均:55

最高:60

検証していた時に気が付いたんですが、レイトレーシングウルトラにした時点でDLSSの設定が「自動」になってました。

わざとOFFにして、レイトレーシングウルトラの設定でプレイするとFPSが落ちます。

 

ゲームに関してまとめると、フォートナイトやAPEXクラスのゲームなら平均270FPS以上で遊べました。多少重たいゲームでもDLSS対応していますし、対応していなくても最高設定で60FPSは出ます。 普通にゲームプレイをするのに不満を感じることはないと思います。

 

\最短翌日出荷・ポイント還元も/

公式サイトで詳細を見る

7月8日まで!最大で期間中のお買い上げ金額相当分のドスパラポイントが返ってくる!キャンペーン

 

GALLERIA XA7C-R37Tの動画編集性能

ゲームキャプチャー動画の編集・4Kの撮影した動画の編集を、無料の高性能編集ソフト「ダヴィンチリゾルブ」でフルHDと4K動画の編集をしてみました。

フルHDのキャプチャー動画編集と書き出し時間

フルHD動画の編集は余裕すぎます。

性能が低いと、サムネイル画面の動画確認・エフェクトの反映したあとの再生など重たくなりますが、全く問題ありません。

だいたい2分半のフルHD動画書き出しにかかる時間は、30秒ほどでした。

 

4K動画の編集と書き出し時間

4Kの動画素材の編集もしてみましたが、これもかなり余裕でしたね。

性能が低いと、そもそもカット作業自体が大変なんですが、サクサク動いてくれます。

3分半の動画の書き出しにかかる時間は、2分ちょっと

 

動画編集に関しても、全く問題なく基本構成で行えるとおもいます。フルHDと4Kは余裕ですが、色々とソフトを開いたときにメモリは結構使っていたので、さらに快適さを求める人や8K動画もと考えている人は32GBあったらいいかもしれませんね。

 

GALLERIA XA7C-R37Tのまとめ

今回は、GALLERIA(ガレリア)XA7C-R37T 第12世代Core搭載モデルをレビューしました。

デメリットというか注意しておいたほうがいい点もあるので紹介しておきます。

注意ポイント

  • ケースサイズが大きい(もう少し小さいケースの商品も販売されています)
  • 高リフレッシュレート対応ゲーミングモニターが欲しい(FPSをプレイするなら無いと性能が引き出せません)
  • 初期搭載ストレージは普通(最新のGen4を求めるならカスタマイズ時に変更を)

軽いゲームから重たいゲームまで満足できる設定でプレイできます。FPSが求められないゲームなら、4Kゲームプレイも可能です。

実況・録画しながらのプレイも余裕。動画編集はフルHD・4Kともにサクサク編集できました。ただし、さらに高画質や快適さを求めるなら購入時にメモリを32GBにするのもあり。

20万以上はしていますが、長期的に使用できるスペックだという点は間違いないので、先を見据えて投資できるならオススメです。

 

\最短翌日出荷・ポイント還元も/

公式サイトで詳細を見る

7月8日まで!最大で期間中のお買い上げ金額相当分のドスパラポイントが返ってくる!キャンペーン

 

ここまでの金額は出せない
FPSは144FPSくらい出ればいい

という方は、15万円ほどを予算に探してみるといいと思います。

 

15万円以内のPCはコチラ


こんな記事も読まれています

PCデスク

2022/7/4

AmazonPrimeDayセールでFLEXISPOTの電動スタンディングデスクが最大40%OFF!おすすめを紹介

AmazonPrimeDayのセールでおすすめのFLEXISPOT電動スタンディングデスクを紹介します

ReadMore

ソフト

2022/7/4

主婦が「Filmora(フィモーラ)」で編集してYoutubeに初投稿!初心者でも楽しく動画編集できるおすすめソフト

初心者の妻でも簡単に編集してYoutubeに初投稿!動画編集ソフト「Filmora(フィモーラ)」のレビュー

ReadMore

収納

2022/6/28

PCケーブルの整理におすすめのアイテム7選!綺麗に収納する実践方法

デスク周りをスッキリさせるためにPCケーブルの整理に使えるアイテムを色々調べて、実際に使ってみました。

ReadMore

ガジェット

2022/6/15

Androidスマホでゲームする人に!フリーク付きのコントローラー「GameSirX3 Type-C」

Androidスマホ専用コントローラー「GameSirX3 Type-C」を紹介

ReadMore

PS5外付けSSD SSD 外付けSSD

2022/6/13

おしゃれでコンパクトな外付けSSD ELECOM「EF0500GNV」をレビュー!

おしゃれでかわいい外付けSSD!エレコムの「EF0500GNV」をレビューしました。

ReadMore

PCデスク

2022/7/4

FLEXISPOT 電動昇降スタンディングデスク E7をレビュー!E8・EG8との違いも解説

FLEXISPOTのE7をレビュー。使用感・E8・EG8との比較もしています。

ReadMore

PS5におすすめのゲーミングヘッドセット

ゲーミングヘッドセット ヘッドセット

2022/5/26

PS5におすすめのヘッドセット14選!3Dオーディオ対応の選び方と注意点【ワイヤレス・有線】2022年最新

PS5の「Tempest” 3Dオーディオ」技術対応商品の選び方。メーカー側がPS5で使用できることを記載しているゲーミングヘッドセットを紹介します。

ReadMore

マウス

2022/6/13

Logicool Lift M800をレビュー!静音性の高い縦型エルゴノミックマウス

Logicool LIFT M800を使って分かったメリット・デメリットを紹介します

ReadMore

モニター

2022/5/24

Pixio PX274 Primeをレビュー!3万円で2KのIPSパネル、75Hz、1msはサブモニターにおすすめ

PixioのPX274Pを3週間程使ってみた感想です

ReadMore

ゲームデバイス/ガジェット

2022/7/4

【セール情報】FlexiSpot電動昇降スタンディングデスク!5月31日までアンコールセール開催中

電動昇降スタンディングを安く買いたい人必見!FLEXISPOTのセール情報とオススメスタンディングデスクを紹介

ReadMore

プロジェクター

2022/4/14

Anker Nebula Novaとpopin Aladdin2を比較!どっちがいい?

Ankerから発売されたシーリングプロジェクター「Nebula Nova」と「popin Aladdin2」の違いを比較して、「Nebula Nova」優れているポイントを解説

ReadMore

マウスパッド

2022/4/11

【2022年】プロも使うゲーミングマウスパッドのおすすめランキング10選!Amazon売れ筋上位3つを徹底比較

マウスパッド購入時にチェックしておきたい選び方のポイント・プロゲーマーが愛用しているゲーミングマウスパッドのおすすめランキング・Amazonの売れ筋上位商品を3つ比較してみました。

ReadMore

モニター

2022/2/22

GMKの4Kモバイルモニターをレビュー!Switchで遊ぶなら買うと超快適

GMKの4K・タッチパネル対応のモバイルモニターをレビュー。1ヶ月使った感想・Switch・PS5・PC・スマホの使い方や使用感を検証

ReadMore

PS5外付けSSD

2022/6/13

PS5におすすめの外付けSSDランキング12選!利用条件と注意点も解説【2022年】

PS5におすすめの外付けSSDを転送速度順で紹介。PS5の使用条件や、利用するべき情報を紹介

ReadMore

ゲーミングイヤホン

2022/2/10

XROUND AERO plus「XRD-XA-03」レビュー!マイク性能が向上したおすすめゲーミングイヤホン

XROUND AERO plus「XRD-XA-03」とAIノイズキャンセリングアダプター「XRD-XTA-02」を2週間使ってみたレビュー

ReadMore

マウスパッド

2021/12/15

Pulsar「ParaSpeed V2」の2週間使用レビュー!滑りやすさ重視の人にオススメのゲーミングマウスパッド

Pulsar ParaSpeed V2を2週間程使用してみた感想

ReadMore

PS5周辺機器

2022/5/6

FireCuda 530はヒートシンク付きを買う価値がある!読み書き・冷却性能を比較【PS5対応M.2SSD】

FireCuda 530のヒートシンク付き商品をPS5・PCに取り付け、読み書き・冷却性能を比較してみました。

ReadMore

モニター

2021/12/3

コスパで決める!144Hz対応のゲーミングモニターBest8!

コスパ重視でゲーミングモニターを探している人にオススメの144Hz対応ゲーミングモニターを紹介します。

ReadMore

ヘッドセット

2021/11/4

Logicool G335 数ヶ月使用したレビュー!安さ・軽さ・小ささを求めるならコレ!

Logicool G335を数ヶ月使ってみたレビューです

ReadMore

ゲーミングキーボード

2021/10/26

自分好みのゲーミングキーボードが造れるPulsar「PCMK TKL」レビュー!コスパ抜群です

基盤の種類・カラー・キータイプ・キーキャップを選んで、自分で組み立てられるPulsarのゲーミングキーボード「PCMK TKL」をレビュー

ReadMore

Youtubeチャンネル

Youtubeでもゲーミングデバイス・ガジェット・ゲーム関連情報をアップしていますので、ぜひご覧ください。

動画一覧

カテゴリーから記事を探す

-デスクトップPC
-,