ゲーミングPC(デスクトップ)

RTX3090搭載ゲーミングPC!3つのガレリアのスペック比較

期間限定セール・キャンペーン

今安い!期間限定のゲーミングデバイスセール品。期間限定キャンペーン情報。

無料でお急ぎ・時間指定可能なAmazonPrime

10/21日まで!Prime会員限定で最大20,000ポイントもらえるキャンペーン中!

★Razer PC/PS4/Switch対応 ゲーミングヘッドセット

Razer Kraken Black・Green 24%OFF→8,980円

10/31日までなら、さらに300円OFFクーポンあり。

 

★Acer 165Hz 0.5ms 23.8型ゲーミングモニター

VG240YSbmiipfx 10%OFF→25,345円

10/20日までなら、さらに5%OFF

最新Youtube動画

  1. HOME >
  2. ゲーミングPC >
  3. ゲーミングPC(デスクトップ) >

RTX3090搭載ゲーミングPC!3つのガレリアのスペック比較

20万円前後で販売されているハイエンドグラボ「RTX3090」を搭載したゲーミングPCがドスパラのガレリアシリーズで手に入るようになりました。

今回は、ガレリアで販売されているラインナップを比較してみたいと思います。「GeForce RTX 3090」をどうしても手に入れたかった人は、狙ってみてもいいかもしれませんね!

 

RTX30シリーズの性能

 

RTX3090搭載のガレリアのスペックを比較

ラインナップは3種類

GALLERIA UA9C-R39 RTX3090搭載(インテル(R)Core(TM)i9-10900K / NVIDIA(R) GeForce RTX(TM)3090)429,980円(+税)
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=9610&sn=0

GALLERIA ZA9C-R39 RTX3090搭載(インテル(R)Core(TM)i9-10850K / NVIDIA(R) GeForce RTX(TM)3090)369,980円(+税)
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=9611&sn=0

GALLERIA ZA7C-R39 RTX3090搭載(インテル(R)Core(TM)i7-10700K / NVIDIA(R)GeForce RTX(TM)3090)349,980円(+税)
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=30&ft=&mc=9612&sn=0

機種ZA7C-R39ZA9C-R39UA9C-R39
価格349,980円(+税)369,980円(+税)429,980円(+税)
CPUCore i7-10700K(8コア/16スレッド)Core i9-10850K(10コア/20スレッド)Core i9-10900K(10コア/20スレッド)
グラボ(全て同じ)RTX3090 24GB GDDR6XRTX3090 24GB GDDR6XRTX3090 24GB GDDR6X
メモリ16GB DDR4 SDRAM16GB DDR4 SDRAM32GB DDR4 SDRAM
ストレージ1TB NVMe SSD1TB NVMe SSD1TB NVMe SSD/2TB HDD
電源850W(80PLUS GOLD)850W(80PLUS GOLD)850W(80PLUS GOLD)
マザーボードZ490 ATXマザーボードZ490 ATXマザーボードZ490 ATXマザーボード
おすすめの人コストを抑えて、RTX3090を使いたい人。

元々BTOを使用しており、スペック向上のために購入したい人。ストレージ類は、手持ちを使うか買い足す予定。

なるべくマルチコア性能が高いゲーミングPCを購入したい人。

手持ちにメモリやストレージがあれば、一番高い構成とほとんど差のないスペックにすることができそうです。

最初からフルスペックで、何不自由なくゲームも動画編集も配信も全てやりたい人におすすめのPCです。

さらに付け足すとしてもストレージくらい。それも最初から3TB搭載されているので、長期間使い続けられる構成だと思います。

搭載されているグラボは全て同じなので、ゲームスペックで言うと、FPS数値の差はそこまで感じられないかも。ただし、CPUは別で、8コア16スレッドの「Core i7-10700K」から10コア20スレッドの「Core i9-10850K」や「10900K」になると、マルチコア性能がかなり高くなってきます。

ゲーム配信しながらなどになるとメモリやCPUも高性能であればあるほどゆとりが出てきますし、高画質で配信できるので、用途によってスペックを決めていきたいですね。

 

今まで使っていたBTOのパーツがあるなら「ZA9C-R39」にすれば、DDR4メモリを載せ替えて増設し、ストレージも流用すれば、一番高い商品とほとんど同じスペックにできるのでオススメです。はじめて購入するという人は、コストを抑えるのか、最初からフルスペックにするのか、後で足りないパーツを買い足すのかで選べばいいと思います。

 

RTX3080搭載シリーズなら20万円台で購入できる

 

ベンチマーク

公式サイトに記載されている情報ですが各製品のベンチマーク結果です。

機種ZA7C-R39ZA9C-R39UA9C-R39
Time Spy171921717617631
Fire Strike315013134631759
Fire Strike Ultra122061231412243
PC Mark 10779680278126

スコアは、あくまで参考程度ですが、Time Spyから3つばグラフィック機能のベンチマーク結果。同じグラボを搭載しているので、ほとんど差が出ません。マルチコア性能が高いCPUを入れると若干の差があるくらいなので、RTX3090はCore i7でも十分性能を引き出せるみたいですね。

PC Mark 10の総合ベンチ結果は、400ほどスコアに差が出ました。

 

コスパ重視で購入したい人向けのBTO

以下の記事では、ドスパラで販売されている超コスパゲーミングPCを紹介しています。

 

10万円台で買えるGALLERIA RM5R-G60S レビュー!フォートナイトやAPEX入門機におすすめ

7万円台!ドスパラ「Magnate MH」をレビュー!

 

まとめ

今回は、ドスパラが販売しているRTX3090を搭載したゲーミングパソコンを紹介しました。ドスパラさんは、ポイントシステムも魅力で、還元を受ければ最大10000円以上お得になることも少なくありません。

RTX3090シリーズを搭載したゲーミングPCの購入を検討されている方は、ぜひ検討してみてくださいね。









カテゴリーから記事を探す

-ゲーミングPC(デスクトップ)
-,

© 2020 ゲーマーログ