マザーボード

intel 12世代対応のおすすめマザーボードランキング10選!2022年最新

記事内のURLはプロモーションを含む場合があります

2021年に発売されたIntelの第12世代に対応したマザーボードのオススメを紹介します。

搭載できるメモリ「DDR4・DDR5」・チップセット・大きさに分けて人気順でランキングにしてみましたので、購入時の参考にしていただければ幸いです。

自作PCパーツカテゴリー
CPU グラフィックボード マザーボード メモリ
M.2SSD SSD

Intel 12世代 マザーボードの選び方

まずは選び方から簡単に。

LGA1700対応は必須

LGA1700という専用ソケットに対応している必要があります

12世代になりIntelのCPUサイズが大きくなったので、これまでのソケットは使えません。

 

PCパーツを選ぶ順番として、搭載したいCPUに合わせたマザーボードを選ぶと選びやすいかな

 

チップセットを選ぶ

左側のチップセットほど性能が高く、高額。主なチップセットの違いは、以下の表に記載しておきます。

クラス ハイ ミドル ミドル ロー
チップセット Z690 H670 B660 H610
メモリ対応 DDR5/4 DDR5/4 DDR5/4 DDR5/4
CPUOC
メモリOC
CPUパス DMI4.0x8 DMI4.0x8 DMI4.0x4 DMI4.0x4
CPU PCIe5.0 1x16or2x8 1x16or2x8 1x16 1x16
CPU PCIe4.0 1×4 1×4 1×4
PCIe4.0(16G) 12 12 6
PCIe3.0(8G) 16 12 8 8
USB3.2(20G) 4 2 2
USB3.2(10G) 10 4 4 2
USB3.2(5G) 10 8 6 4
USB 2.0 14 14 12 10
SATA(6G) 8 8 4 4

チップセット次第で、利用できるメモリ容量・速度・オーバークロックできるか、搭載できるストレージなどの最大数が変わってきます

売れ筋の人気チップセットはB660が多いですね。価格が抑えられていて、2万円以下で購入できるのが魅力でしょうか。

 

注意ポイント

各チップセットごとにDDR5対応製品がありますが、メモリスロットの形状が異なるため、DDR4と併用はできません。

フォームファクタは3種類

ATX・MicroATX・MiniITXが主流です。ここは、作りたいパソコンのサイズに合わせるのが一番

ただし、作りやすさや価格が変わってきます。

ATXは大きいので、メンテナンス性も高く、初心者でも作りやすい。MiniITXは、小さいので制作難易度が高く、拡張性も高くありません。

MicroATXは丁度中間あたりですね。

 

作りやすさ重視ならATXかMicroATX。見た目やコンパクトさ重視ならMiniITXという選び方でいいと思います。

 

搭載端子は必ずチェック

USB端子・映像出力・WiFiに対応しているか、SATAが何本刺さるのか、このあたりは必ずチェックしておいたほうがいい項目です。

LGA1700対応のマザーボードによって、搭載されているUSB端子の種類や数が全く違います。

 

TypeCが2つ欲しかったのに付いてなかった。

なんてことになりかねません。

 

CPUの内臓グラフィックを使用してパソコンを使おうと思っている人は、搭載されている映像出力の種類もチェックしておいたほうがいいです。

 

映像出力に関しては、グラボを搭載するなら気にする必要はないですけどね。

 

DDR5対応は必須ではない

Intelの12世代CPUからは、今までより高速でデータのやり取りができるDDR5メモリが使えるようになりましたが、DDR5でなければCPUが使えないわけではないのでDDR5に拘る必要もありません

ソケットの形状がDDR4とは違うため、DDR5メモリを使いたい人は、LGA1700に加えてDDR5対応の記載があるマザーボードが必要です。

 

LGA1700対応でDDR4メモリが使えるマザーボードが多く、DDR5メモリの供給が増えるまでは、主流はDDR4メモリのままだと思います。

 

Intel 第12世代 おすすめマザーボードランキング7選【DDR4メモリ】

DDR4メモリを搭載したい人向けのランキング。人気はB660チップセットです。

ポイント

価格コムやAmazonなどの売れ筋上位で人気の高い順番にランキング化しています

順位/製品名/フォームファクタで記載

1位:ASUS TUF GAMING B660M-PLUS D4/MicroATX

フォームファクタ Micro-ATX M.2ソケット数 2
メモリスロット(最大128GB) 4 SATA 4
PCI-Express 16X 2 映像出力 HDMI×1/Displayport×1
PCI-Express 1X 1 USB USB3.2 Gen2x2 Type-Cx1
USB3.2 Gen2 Type-Ax4
USB3.2 Gen1 Type-Ax1
USB2.0x2

耐久性が高く、PCIe 5.0にも対応している製品。Thunderbolt 4にも対応しています。

2.5Gオンボードイーサネット。双方向AIノイズキャンセリング。ゲーミングヘッドセットやスピーカーのオーディオ体験を向上させてくれる「DTS Audio Processing」を搭載しているのも特徴です。

PCIeスロットのすぐ下にM.2のスロットがあるので、M.2のヒートシンクを分厚くしすぎると、グラボに干渉する恐れがある点のみ注意。

 

多機能・耐久性も高く、価格も抑えられている人気商品。DDR4対応マザーで価格を抑えてゲーミングPCを組みたいならおすすめです。

 

2位:BIOSTAR B660MX-E PRO/MicroATX

フォームファクタ Micro-ATX M.2ソケット数 2
メモリスロット(最大128GB) 4 SATA 4
PCI-Express 16X 1 映像出力 HDMI×1/DVI-D×1/D-Sub 15pin×1
PCI-Express 1X 1 USB USB3.2 Gen1 Type-Ax4
USB2.0x2

価格コムなどを見てみると、Micro-ATXの中でも売れ筋No1の商品。魅力は価格の安さ、2万円をかなり下回る金額でB660対応のマザーボードが入手できます。

映像出力はHDMIが1つのみ・TypeCが無しなど、スペックは高くありませんが、価格重視ならありです。

 

3位:ASUS PRIME B660M-A D4/MicroATX

ASUS
¥13,111 (2024/04/21 08:30:27時点 Amazon調べ-詳細)
フォームファクタ Micro-ATX M.2ソケット数 2
メモリスロット(最大128GB) 4 SATA 4
PCI-Express 16X 3 映像出力 HDMI×2/Displayport×1
PCI-Express 1X USB USB3.2 Gen1 Type-Ax2
USB2.0x4

M.2スロットは両方ともGen4に対応。メモリーのOCも可能。

Primeシリーズは人気が高いですが、TypeCが欲しい人は、別のがいいですね。

 

4位:MSI PRO B660M-E DDR4/MicroATX

MSI
¥17,494 (2024/04/21 08:30:28時点 Amazon調べ-詳細)
フォームファクタ Micro-ATX M.2ソケット数 1
メモリスロット(最大64GB) 2 SATA 4
PCI-Express 16X 1 映像出力 HDMI×1
PCI-Express 1X 1 USB USB3.2 Gen1 Type-Ax2
USB2.0x4

価格の安さゆえにかなり売れている製品。コスパ重視で購入品を探している人にオススメです。

I/Oパネル周りにヒートシンクがありませんが、VRM周りはしっかりしています。削減されている部分もありますが、その分他のパーツにお金をかけたい人向け。

 

5位:MSI MAG H670 TOMAHAWK WIFI/ATX

MSI
¥22,500 (2024/04/21 08:30:29時点 Amazon調べ-詳細)
フォームファクタ ATX M.2ソケット数 3
メモリスロット(最大128GB) 4 SATA 6
PCI-Express 16X 3 映像出力 HDMI×1/Displayport×1
PCI-Express 1X 1 USB USB3.2 Gen2x2 Type-Cx1
USB3.2 Gen2 Type-Ax1
USB2.0x6

Gen4対応のスロットを3つ搭載しているので、高速転送可能なM.2を3つ使えます。SATA6つは全て6Gbpsに対応。

H670チップセットのマザーボードの中でもかなりの人気で、見た目にもこだわりたい人におすすめ。

 

6位:ASRock B660M-ITX/ac/Mini-ITX

ASRock
¥26,800 (2024/04/21 08:30:29時点 Amazon調べ-詳細)
フォームファクタ Mini-ITX M.2ソケット数 1
メモリスロット(最大64GB) 2 SATA 4
PCI-Express 16X 1 映像出力 HDMI×1/Displayport×1
PCI-Express 1X USB USB3.2 Gen1 Type-Ax2
USB2.0x2

メモリはDDR4の5000MHzまでOC可能。電圧をデジタル制御することで安定性を向上させている製品です。

互換性のある LED デバイスに接続して制御することも可能。前面の「USB 3.2 Gen1 Type-C」に対応しているのも特徴ですね。

 

7位:MSI MAG Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4/ATX

フォームファクタ ATX M.2ソケット数 4
メモリスロット(最大128GB) 4 SATA 6
PCI-Express 16X 3 映像出力 HDMI×1/Displayport×1
PCI-Express 1X 1 USB USB3.2 Gen2x2 Type-Cx1
USB3.2 Gen2 Type-Ax3
USB3.2 Gen1 Type-Ax2
USB2.0x2

ハイエンドマザーボードZ690チップセット搭載製品の中で人気なのが「MAG Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4」です。

M.2を冷却するための大型ヒートシンクが標準搭載されていて、WiFi6にも対応しているのが特徴。

 

DDR4対応マザーボード比較表

製品名リンク ASUS TUF GAMING B660M-PLUS D4 BIOSTAR B660MX-E PRO ASUS PRIME B660M-A D4 MSI PRO B660M-E DDR4 MSI MAG H670 TOMAHAWK WIFI ASRock B660M-ITX/ac MSI MAG Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4
フォームファクタ Micro-ATX Micro-ATX Micro-ATX Micro-ATX ATX Mini-ITX ATX
メモリ/最大 4/128GB 4/128GB 4/128GB 2/64GB 4/128GB 2/64GB 4/128GB
M.2 2 2 2 1 3 1 4
SATA 4 4 4 4 6 4 6
PCI-Express 16X 2 1 3 1 3 1 3
PCI-Express 1X 1 1 1 1 1
映像出力 HDMI×1

Displayport×1

HDMI×1

DVI-D×1

D-Sub 15pin×1

HDMI×1

Displayport×1

HDMI×1

VGAポート

HDMI×1

Displayport×1

HDMI×1

Displayport×1

HDMI×1

Displayport×1

USB USB3.2 Gen2x2 Type-Cx1
USB3.2 Gen2 Type-Ax4
USB3.2 Gen1 Type-Ax1
USB2.0x2
USB3.2 Gen1 Type-Ax4
USB2.0x2
USB3.2 Gen1 Type-Ax2
USB2.0x4
USB3.2 Gen1 Type-Ax2
USB2.0x4
USB3.2 Gen2x2 Type-Cx1
USB3.2 Gen2 Type-Ax1
USB2.0x6
USB3.2 Gen1 Type-Ax2
USB2.0x2
USB3.2 Gen2x2 Type-Cx1
USB3.2 Gen2 Type-Ax3
USB3.2 Gen1 Type-Ax2
USB2.0x2

 

 

Intel 第12世代 おすすめマザーボードランキング3選【DDR5メモリ対応】

DDR5メモリを使いたいと思っている人は、このリストを参考にしてください。

1位:ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI/Mini-ITX

フォームファクタ Mini-ITX M.2ソケット数 2
メモリスロット(最大64GB) 2 SATA 4
PCI-Express 16X 1 映像出力 HDMI×1/Displayport×1
PCI-Express 1X USB USB3.2 Gen2x2 Type-Cx1
USB3.2 Gen1 Type-Ax3/Type-Cx1
USB2.0x3

Intel WiFi 6に対応している人気製品。ASUSは初期設定が楽なのも魅力です。

DDR5対応でMini-ITXの中では、価格も下がってきているのでオススメできる製品です。

 

2位:ASUS ROG STRIX B660-G GAMING WIFI/Micro-ATX

フォームファクタ Micro-ATX M.2ソケット数 2
メモリスロット(最大128GB) 4 SATA 4
PCI-Express 16X 2 映像出力 HDMI×1/Displayport×1
PCI-Express 1X 2 USB USB3.2 Gen2x2 Type-Cx1
USB3.2 Gen2 Type-Ax1
USB3.2 Gen1 Type-Ax2/Type-Cx1
USB2.0x4

2万円ほどで購入できるミドルクラスのマザーボード。WiFi6に対応しており、ASUS独自の「AI Cooling・AI Networking・双方向AIノイズキャンセリング」が使用できます。

搭載されているUSBが豊富なのも魅力です。

 

3位:ASUS ROG STRIX Z690-F GAMING WIFI/ATX

ASUS
¥98,880 (2024/04/21 19:22:25時点 Amazon調べ-詳細)
フォームファクタ ATX M.2ソケット数 4
メモリスロット(最大128GB) 4 SATA 6
PCI-Express 16X 2 映像出力 HDMI×1/Displayport×1
PCI-Express 1X 1 USB USB3.2 Gen2x2 Type-Cx1
USB3.2 Gen2 Type-Ax2/Type-Cx1
USB3.2 Gen1 Type-Ax4
USB2.0x2

PCIe 5.0に対応なので、これからグラボが出てきても安心です。ヒートシンクが大型でしっかり冷やしてくれます。

CPUクーラーの穴が1700用だけではなく、1200対応の穴も開いてるので、旧世代向けのCPUクーラーが使えるのも魅力。

ただし、大型の空冷クーラーは、ほぼほぼ干渉してしまうので、水冷クーラーを使うしかないかなといったところですね。

 

ASUSはネットに繋がっていれば、最新ドライバーのインストールなどが簡単なので評判がいいですね。

 

DDR5対応マザーボード比較表

製品名リンク ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI ASUS ROG STRIX B660-G GAMING WIFI ASUS ROG STRIX Z690-F GAMING WIFI
フォームファクタ Mini-ITX Micro-ATX ATX
メモリ/最大 2/64GB 4/128GB 4/128GB
M.2 2 4 4
SATA 4 4 6
PCI-Express 16X 1 2 2
PCI-Express 1X 2 1
映像出力 HDMI×1Displayport×1 HDMI×1Displayport×1 HDMI×1Displayport×1
USB USB3.2 Gen2x2 Type-Cx1
USB3.2 Gen1 Type-Ax3/Type-Cx1
USB2.0x3
USB3.2 Gen2x2 Type-Cx1
USB3.2 Gen2 Type-Ax1
USB3.2 Gen1 Type-Ax2/Type-Cx1
USB2.0x4
USB3.2 Gen2x2 Type-Cx1
USB3.2 Gen2 Type-Ax2/Type-Cx1
USB3.2 Gen1 Type-Ax4
USB2.0x2

 

売れ筋ランキングから探す

Amazon・楽天のマザーボード売れ筋上位から探したい方は、以下のリンクから該当商品を見ることができます。

Amazon売れ筋ランキング

楽天売れ筋ランキング

おすすめ記事

PCゲーマーに人気

カテゴリー

-マザーボード
-, ,