ゲーミングPC・周辺機器・PCパーツがお得

SSD 内蔵SSD

PS4・PS4Proで動作確認済みおすすめ「内蔵SSD」と換装方法!FF14のロード時間改善に!

SSD

ゲーミングPC・パーツ【ドスパラ】

内蔵SSDを選ぶといっても、いろんな商品が販売されているので迷いますよね。さらにPS4用となると、またスペックを合わせた商品を選ばなければ利用できないこともあります。

ロード時間の長いゲームをしていると時間がもったいない。PS4のロード時間を短縮したいけど、どの内蔵SSDを選べばいいのか・おすすめの内蔵SSDとか選び方はあるのか迷うポイントですね。

この記事では、そんな悩みを解決するために、内蔵SSDが必要な状況から選び方に加え、PS4で動作確認済みの商品を紹介しています。内蔵SSDでPS4のプレイ環境を一気に改善しましょう!

内容

  • 内蔵SSDに換装すると快適?
  • 内蔵SSD・外付けSSDどっちがいいの?
  • みんなが使ってる内蔵SSDはどれ?
  • 何か換装に必要なものはある?
  • 内蔵SSDの換装方法教えて!

内蔵・外付けSSDどちらが最適か分からない人も、この記事に書かれている判断方法を目安にできます。ちなみに、PS4向けの「外付けSSD」や「外付けHDD」を探している人は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

外付けHDDアイキャッチ
PS4におすすめの外付けHDD
外付けSSD画像
PS4におすすめの外付けSSD

 

PS4におすすめの「内蔵SSD」でロード時間を短縮

内蔵SSDを買ってまで、換装する意味あるのかと思う人もいるかもせれません。そんな人は、まず下の動画を見てみましょう。どれだけ快適なロード環境が内蔵SSDで手に入るかがわかります。

圧倒的に「内蔵SSD」にするとロード時間が早くなることが分かります。

では、PS4に最適な「内蔵SSD」をどうやって決めればいいのかが気になりますよね。しかし、その前に、あなたの環境に合わせて内蔵SSDにするか外付けSSDにするべきか判断しましょう。

 

PS4Proなら最速は内蔵SSD

 

PS4とSSDを接続するコネクター部分をインターフェイスといいます。PS4の種類によって、相性の良いSSDが変わりますのでチェックしておきましょう。

インターフェイスとは?

「インターフェイス」とは、PS4の中に搭載されている「HDD・SSD」と本体を接続している端子のこと。USB端子を挿し込む接続ポートみたいなものです。

選ぶときのポイントは、初期PS4・Slim・PS4Proのインターフェースの違いが重要になってきます

 

PS4の転送速度の違いと最速のSSD

簡単な表にすると、以下のように転送速度が異なります

※FF14以外のゲームで遊ぶ場合です。

PS4・スリムPS4Pro
内蔵インターフェースSATA2:3GbpsSATA3:6Gbps
外部USBUSB3.0:5GbpsUSB3.0:5Gbps

+ SATAとは?▶

シリアルATAの略で、さっき説明したPS4の中に入っているインターフェースの名前です。

3Gbps・6Gbpsって書いてるのは転送速度の事で、大きいほど早いという意味があります。

PS4・スリムタイプの場合、内蔵が3Gbpsに対して外付けが5Gbpsなので、外付けSSDが最速!ということになります。

対してPs4Proは、内蔵SSDに接続したほうが6Gbpsに対応できるので、内部換装したほうが最速!というわけです。FF14をするかしないかと、PS4Proかどうかというのがポイントですね。

もちろん「内部換装とか面倒だし怖い!」という人は、PS4Proでも「外付けSSD」は十分利用できるレベルです。ただし、最速に拘るのであれば「内蔵SSD」を選びましょう。

 

判断基準2つを簡単にまとめると以下のようになります。

ポイント

  • PS4・PS4スリム利用者は「外付けSSD」を利用しよう
  • PS4Pro利用者は「内蔵SSD」が最速!換装が面倒なら「外付けSSD」でもOK

ここまでの説明で、外付けにしようかなと思った人は、下記の情報を参考にしてください

外付けSSD画像
PS4におすすめ「外付けSSD」はこれ!誰より安く簡単に快適なゲームプレイ【メリット・接続手順も】

 

PS4用の内蔵SSDを選ぶ時にチェックしたい3つのポイント

では、ここから内蔵SSDを選ぶときのポイントを解説します。

ポイント1:自分のゲーム環境に必要な内蔵SSDの容量を選ぶ!

SSD2

すでにPS4を利用している人は、今ダウンロードしているゲームコンテンツを移動できるだけの容量を選ぶといいでしょう。

これから動画撮影・ゲーム保存など利用用途が増える可能性があるなら1TBあると安心ですが、ゲームはクリアしたら削除していくタイプの人は、500GBでコストを抑えるのもおすすめです。

 

ポイント2:利用できる内蔵SSDの制限をチェックする

チェックポイント

  1. 厚さ9.5 mm以下
  2. 容量260GB以上
  3. サイズ2.5インチ

大きさは、ノートパソコンに搭載されているのと同じサイズです。容量260GB以上というのは保険をとってこの容量を勧めています。

そもそも250GB以上でなければ利用できませんし、システムデータで100GB位容量必要なので、ゲームや動画も入れるなら最低500GB以上あると安ですね。

 

ポイント

  • PS4はシステムデータに約100GB利用
  • その他ゲームインストール
  • 動画撮影にも容量は必要

厚さ9.5mm以下・2.5インチで500GB以上を探せばいいと考えておきましょう。

 

次に見ておきたいのが、保証レビューです。

 

ポイント3:メーカー動作確認済みの「内蔵SSD」を選ぶこと!

SSD

出典:Amazon

やっぱり買ったのはいいけど使えない。不具合が出てきた。とはなりたくないですよね?買ったけど相性が悪かった商品が家の中に溢れることは誰でも避けたいもの。

そこで、動作確認の取れていない商品はリスクがあることを覚えておきましょう。

 

注意ポイント

いろんな商品のレビュー評価を見ていると分かりますが、中には取り付けても認識しなかった商品。しばらく利用しているとフリーズの連続になったという商品も販売されています。

 

問題を回避するためにも、レビューや保証期間をチェックしておくと安心です。

 

ポイント

  • レビュー
  • 保証期間

しかし、「わざわざチェックするのも面倒だなぁ」と思うはず。そんな人のために、これからポイント①・②・③の条件をクリアしている商品を紹介しますので、自分にあった内蔵SSDを見つける参考にしてください。

 

PS4用のおすすめ「内蔵SSD」4選!メーカー確認済みで500GB以上

では、評価の高い内蔵SSDも含め、PS4におすすめの内蔵SSDを紹介します。

Samsung内蔵SSD:500GB~2TB

レビュー数147件:

created by Rinker
日本サムスン
¥7,061 (2019/12/10 12:24:16時点 Amazon調べ-詳細)

保証期間:5年間

Amazonレビュー

当方、初期型PS4で、MHWをプレーしています。ロード時間が非常に長く困っていたところ、外付けSSDで、速くなることを知りました。相性問題が心配でしたが、無事に認識しました。
最も顕著だったのが、クエスト終了後で、操作できるようになるまで、最大1分20秒程度かかっていたものが、15秒程度に短縮されました。その他、ゲーム開始時、クエスト開始時においても、それぞれ1分程度かかっていたものが、20秒程度になりました。
何度もプレーするなら、お買い得だと思いました。

 

サンディスク内蔵SSD:500GB~2TB

レビュー数169件:

created by Rinker
サンディスク
¥7,111 (2019/12/10 12:24:17時点 Amazon調べ-詳細)

保証期間:5年間

Amazonレビュー

換装は簡単だしロードが短くなってストレス軽減。
ただSSDに換装すれば静穏化するというのは微妙でした。
HDDの回転音が無くなった分、排熱ファンの音がよく響くようになった。

 

Transcend内蔵SSD:480GB~960GB

レビュー数424件:

created by Rinker
トランセンドジャパン
¥7,980 (2019/12/10 12:24:18時点 Amazon調べ-詳細)

保証期間:3年間

Amazonレビュー

ググったら違う商品がよくレビューされていましたが、
こちらのほうが安かったことと、こちらもPS4の外付けで使用できるとあったので購入しました。
速度は測っていないのでわかりませんが、問題なく使用できます。

 

Crucial内蔵SSD:500GB~2TB

この商品がレビュー数も評価もトップです。

レビュー数426件:

created by Rinker
Crucial(クルーシャル)
¥6,646 (2019/12/10 12:24:18時点 Amazon調べ-詳細)

保証期間:5年間

Amazonレビュー

PS4pro用に購入しました。
MHWクエストに出る際のイライラが無くなりました
SSD載せ替えはPS4pro購入後すぐに交換すれば良かったと後悔しました
購入を考えている方はHDD使用容量が少ないうちに交換することをお勧めします

 

簡単に高速化したいなら「外付けSSD」もチェック!

外付け商品で気楽にストレージ交換をしたい人は以下の記事で、おすすめ商品を紹介しています。全てPS4で動作確認済みですので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

外付けHDDアイキャッチ
PS4用に設計されたおすすめ【外付けHDD】を紹介!動画撮影・ゲームデータの容量確保に!
外付けSSD画像
PS4におすすめ「外付けSSD」はこれ!誰より安く簡単に快適なゲームプレイ【メリット・接続手順も】

 

Amazonの最新内蔵SSDの人気ランキングから選ぶ

最新商品や人気ランキングを基準に選びたい人は、以下のリンクでチェックできます。

「内蔵SSD」売れ筋ランキング

 

PS4で内蔵SSDを換装するために必要なもの

最低限必要なものは、PS公式サイトに記載されているように「USBストレージ」と工具が必要です。システムデータだけなのか、内部データのバックアップを取るのかに合わせて容量を選びましょう。

 

 

容量によっては、バックアップ用に外付けHDDが必要かもしれません。PS4の設定でアプリケーションのデータ容量をチェックして必要な容量を確認しておきましょう。

 

created by Rinker
WESTERNDIGITAL
¥10,990 (2019/12/10 12:24:20時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonレビュー

ps4につなげたら拡張ストレージとして認識させるためにフォーマットする、それだけで1TB分(私は)のストレージが認識されました。
転送速度も申し分なくサイズも小さく軽くてよきよきです!
あとは耐久性だけ見てみます!

 

PS4から内蔵HDDを取り出して、内蔵SSDを取り付ける時にはドライバーも必要です。

 

created by Rinker
ベッセル(VESSEL)
¥525 (2019/12/10 12:24:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

システムデータの保存方法は、PS公式サイトを確認して、手順通りにしてくださいね。

PS公式サイト▶

 

PS4の内蔵SSDを換装する手順を動画で確認!

動画で分かりやすく換装手順が説明されていましたので、動画で確認したい人は、以下をチェックしておきましょう。ちなみに、PS4とProとでは取りはずし方が違うので、注意してくださいね。

PS4の換装手順を動画で

動画で行ってるシステムデータの保存方法は、PS公式サイトを確認してください。

 

PS4Proの換装手順を動画で

上記の動画通りにデータバックアップ・システムデータ・SSD換装・データ復元をすれば、無事内蔵SSDに換装完了です。

 

換装条件も再確認して「内蔵SSD」を選ぼう

以下のポイントは絶対に守らないと利用できません。しっかり把握しておきましょう。

チェックポイント

  1. 厚さ9.5 mm以下
  2. 容量160GB以上
  3. サイズ2.5インチ

 

ゲーム環境を快適にするPS4向け周辺機器

PS4におすすめのゲーミングモニター

続きを見る

外付けSSD画像
PS4におすすめの外付けSSD

続きを見る

外付けHDDアイキャッチ
容量確保に便利な外付けHDD

続きを見る

PS4におすすめのコントローラー

続きを見る

スピーカー画像
PS4におすすめのスピーカー

続きを見る

ゲーミングPC・周辺機器・PCパーツがお得



-SSD, 内蔵SSD
-,

Copyright© ゲーマーログ , 2019 All Rights Reserved.