外付けSSD画像

PS4におすすめ「外付けSSD」はこれ!誰より安く簡単に快適なゲームプレイ【メリット・接続手順も】

PS4のロード時間を驚くほど爆速にしてくれる「外付けSSD」。ゲームしているとロード時間が遅すぎてイライラすることがありありますが、そんなゲーム環境とは簡単にサヨナラできます。

この記事では、これまで複数の「外付けSSD」をPS4で使用してきた経験を踏まえ、おすすめの「外付けSSD」と、コスパ抜群で安く利用できる「自作外付けSSD」を紹介します。

この記事を最後まで読むと以下のことが分かります。

  • 外付けSSDを利用すると、どれ位早くなる?
  • 内蔵換装と外付けどちらが速いの?
  • PS4のロード時間をもっと早くする「外付けSSD」の選び方は?
  • 手に入る商品のオススメは?
  • PS4・PS4Proへの接続方法は?
  • 何か他に必要なものは?

PS4は、ゲームプレイ環境を自分で簡単に改善できるコンシューマ機器です。この記事のメリットや実際の商品の選び方を参考に、快適なゲーム環境を手に入れてください。

さっそく動作確認済みのPS4におすすめの外付けSSDを知りたい方は、以下のボタンで移動できます。

 

↓ タップできる目次 ↓

目次
スポンサーリンク

PS4に「外付けSSD」を搭載するメリット

メリットとしてあげられるのは簡単に快適なゲーム環境が手に入ること。では、そのメリットをまず詳しく解説します。

ロード時間が感動するほど早い!

HDDと比較すると外付けSSDを取り付けた場合、どれくらいの差がでるのか。また、FF14などMMORPGで効果はあるのか紹介します。

「外付けSSD」で短縮されるロード時間を比較

PS4のロード時間が遅いのは内蔵HDDのせいです。ゲームデータを外付けSSDへ入れるだけで環境は、全く違うものになります。

内蔵HDDと外付けSSDで読み込み速度にどの程度の差が出るのか、以下の2つのストレージのロード時間を比較してみました。

ストレージの種類 ロード時間
内蔵HDD(PS4に最初から入っているもの) 35.23秒
外付けSSD 13.73秒

この結果を見ると分かるように、ロード時間の差は2倍以上。21秒もの差がついてしまいます。他にもモンスターハンターワールド・スパイダーマン・デスストランディングなどで試したところ、全てのゲームのロード時間が短縮されました。

基本的に外付けSSDへゲームデータを移せるゲームは全て読み込み時間が2倍以上早くなると考えておけばOKです。

 

FF14などMMORPGの対応は

FF14カテゴリー

2018年9月以降は、FF14のロード時間改善にも「外付けSSD」を利用できるようになりました。それまでは、外付けSSDにゲームデータを保存することができなかったため、対応していなかったんですね。

実際に検証したところ、PS4に元々入っている「内蔵HDD」と「外付けSSD」ではロード時間に2倍以上の差が出ます。それだけ快適にゲームがプレイできるようになるって素晴らしい。

 

誰でも簡単にPS4を高速化できる

外付けSSDの取り付けが簡単

「外付けSSD」は「内蔵SSD」を取り付ける作業と比較すると簡単にカスタマイズしやすいのが魅力です。取り付け方法は簡単。外付けSSDを購入してPS4のUSBポートに挿すだけです。

内蔵HDDから内蔵SSDへ換装する場合、は必ずドライバーやUSBメモリーが必要。手順もややこしくなってしまいますが、外付けSSDなら工具も必要ありません。

 

<目次に戻る>

スポンサーリンク

PS4に最適な「外付けSSD」の選び方

外付けSSDにするか、しないかも含め、自分の持っているPS4の種類にあった商品を選ぶポイントをいくつか説明します。番外編として、内蔵SSDを外付けSSDとして利用できる専用ケースも紹介!

  1. 持っているPS4の種類に合わせる
  2. 容量は500GB以上がオススメ
  3. USB3.0対応を選ぶ
  4. メーカー動作確認済みを買う

PS4の種類に合わせて「外付けSSD」を決める

販売されているPS4は、PS4・PS4スリム・PS4Proの3種類。全ての機種で「外付けSSD」が常に最速かというと、そうではありませんので理由を説明します。

PS4の種類次第で最速商品は変わるPS4の種類

PS4・PS4スリム・PS4Proに内蔵されているインターフェース(機会への接続方法)の限界速度が違うのがポイント。以下の表に記載されている「SATA」や「USB」の後に記載されている数字は、PS4とSSDを接続する端子の違いです。

PS4・スリム PS4Pro
内蔵インターフェース(違いが出る) SATA2:3Gbps SATA3:6Gbps
外部USB(どのタイプでも同じ) USB3.0:5Gbps USB3.0:5Gbps

ちなみに初期型のPS4は「USB3.0」、PS4スリム・PS4Proは「USB3.1」とか書いていることもありますが、どちらも外付けUSBの転送速度には違いがありません

 

PS4・スリム・Proの最速はこれ!

PS4PS4とPS4スリムを使っている人は「外付けSSD」を利用したほうが早く、PS4Proは「内蔵SSD」を利用したほうが早くなります。ただ、上でも説明しましたが、そこまで最速に差が出るわけではありません。

「外付けSSD」は楽にカスタマイズでき、「外付けSSD」なら簡単に利用できバックアップも必要もないのが魅力。しかも、どのPS4でも一定のロード時間短縮が見込めるので、迷っているなら「外付けSSD」にしておけばOKです。

 

PS4用として選べる「外付けSSD」の条件と容量

外付けSSD画像PS4に利用できる「外付けSSD」の条件は、256GB以上の容量があり、2.5インチ。USB3.0に対応していることです。ゲームデータの容量も年々大きくなっており、1つのゲームだけで50GB以上も珍しくありません。複数ゲームを保存するなら容量は500GB前後あると安心ですね。

256GB・2.5インチ・USB3.0

この条件にさえあえば、PS4で利用できないわけではありません。ただし、安定して動くかが保証されていない商品もたくさんあります。だからこそ、次の項目が大切。

メーカー動作確認済み外付けSSDを購入する

何も記載されていない商品は、動くかどうかが保証されていない。安いからといって飛びつかず、商品情報を確認して、PS4動作確認済みを購入するのがオススメです。

最新の外付けSSDであれば、ほぼほぼPS4に対応と記載されているはず。メーカーがPS4に接続して動くかどうかテストしてくれている商品なので安心して購入できます。

「外付けSSD」の自作も1つの選択肢

安く手に入れたい人におすすめの方法が、「内蔵SSD用ケース」を使った、自作「外付けSSD」です。ひと手間必要になりますが、少しコストを抑えることができる方法を紹介します。

「内蔵SSD」と「外付け用ケース」を組合せ!

PS4Pro利用者にオススメしている内蔵SSDは、外付けSSDより安価な商品が多いのも特徴。コスパのいい「内蔵SSD」と「外付け用ケース」を組み合わせるだけで自作の「外付けSSD」を使用することもできます。

  • 256GB以上~8TB以下
  • USB3.0以上に対応していること

「内蔵SSD」を選ぶ条件や、ケースのUSB対応条件は「外付けSSD」の選び方と同じです。

 

外付けSSDより2000円くらい安くなるかも

選ぶ商品にもよりますが、内蔵SSDと外付けSSDの価格帯の違いも見ておきましょう。

商品500GBの場合 再安価格帯
外付けSSD 6000円代~
内蔵SSD 5000円代~

※価格は変動する可能性があります。

商品1000GBの場合 再安価格帯
外付けSSD 11000円代~
内蔵SSD 9000円代~

※価格は2019/12月時点のものです

だいぶ価格が下がってきたこともあり、差が小さくなってきました。だいたい差は2000円~くらいですね。ちなみに容量が大きいほど価格の差が開きます。大容量の「外付けSSD」が欲しい人も自作がおすすめです。

 

超簡単!内蔵SSDを挿すだけで使えるスタンドもある

ORICO製品の中には、HDDとSSDを同時に利用できて、内蔵SSDをスタンドへ挿すだけで使える商品も販売されています。2.5インチだけでなく、3.5インチHDDも同時に利用できるので、PS4の容量とロード時間を一機に改善したい人におすすめです。

関連記事

ノートパソコンやデスクトップパソコンの中に入っている内蔵HDDやSSDを外付けにして活用したい。 内蔵ドライブのクローン化やPS4でも活用できたらいいな。 いらなくなった内蔵ドライブの有効活用、バックアップ用やクロー[…]

ORICOHDDスタンド

 

<目次に戻る>

スポンサーリンク

PS4動作確認済みのおすすめ「外付けSSD」5選

では、PS4で動作確認済みのおすすめ「外付けSSD」や「自作外付けSSD」に利用できる「内蔵SSD」・外付け用ケースを見ていきましょう。まずは、メーカーが動作確認済みの「外付けSSD」を紹介します。

定番メーカーで長く売れている「BUFFALO 1TB PG480U3-BK/N」

出典Amazon

  • 端子:USB3.1
  • 保証:1年
  • 発売日:2019/5/28

耐振動・耐衝撃設計になっているので、耐久性の高いSSDだと言えます。高速データ通信に対応したUSB3.1にも対応しているので、大容量データでもサクサク読み込んでくれますね。

商品口コミ

PS4に挿すだけ!

PlayStation4 Proの高速化のために購入。現在(2019年6月ごろ)の外付けSSDは、500GB前後の製品がリーズナブルのようです。
容量単価で言えば最安値ではありませんが、PS4検証済みであること、国産製品であることを重視しました。
特にバッファローの各種製品はゲーム機への対応に注力していると聞いていますので、安心して選べます。

ロード時間が短縮!

PS4用に購入。設定は簡単なので説明は省きます。ディビジョン2で試したみたら、キャラ選択からのロード時間が短くなり、ファストトラベルもあっという間に。またエレベーターから次の階に行くスピードは自分が一番早く他のプレイヤーを待つ余裕があるほどです。ロードを挟むゲームをやっているプレイヤーは購入をオススメします。

出典:Amazonレビュー

 

見た目と耐久性が売り「I-O DATA ポータブルSSD 480GB

  • 端子:USB3.1
  • 容量:480GB・960GB
  • 対応機種:PC・PS4・PS4Pro・Mac
  • 保証:1年

Amazonランキングでもベストセラーになった人気外付けSSDです。独特の形状をしており、1.2mからの落下に耐える頑丈な設計がポイント。商品ラインナップが何種類かありますが、主な違いは読み書き速度です。

USBバスパワー対応なので、電源も不要です。もちろん対応機種にPS4もあり、メーカーが動作確認済みですよ。どの商品にするか迷ったら、この「外付けSSD」を選んでおけば間違いないでしょう。

標準タイプ 高速タイプ
読み込み 350MB/s 440MB/s
書き込み 300MB/s 430MB/s

商品口コミ

PS4で快適にプレイできる!

PS4で快適にプレイする事を目的に購入。結論を言うとこの値段で殆どのゲームのロード時間が半分以下になります。ロード時間が長いモンハンなどのゲームだとより威力を発揮します。
バッファローの製品も検討しましたが付属のケーブルが良くないなどの声もあるためこちらを購入しました。セッティングも一瞬なので心配はありません。PS4専用の説明書も同封されています。

出典:Amazonレビュー

 

ゲーム・動画データの大量保存なら「BUFFALO 960GB SSD-PGM960U3-B/N

  • 端子:USBGen3.2/3.1/3.0 TypeA・C対応
  • 容量:480GB・1TB・1.9TB
  • 対応機種:PC・PS4・PS4Pro・Mac
  • 保証:1年

PS4・PS4Proで使える最速のUSBGen3.1だけでなくGen3.2にも対応。PS4での利用もメーカー確認済みの商品です。

公式発表されている情報を見ても、MHW(モンスターハンターワールド)のロード時間が約71%も短縮できる優れた商品。大容量なので容量を気にせず、ゲームプレイはもちろん、プレイ動画を録画もできます。

商品口コミ

Amazonでの口コミ数が650以上!

従来の製品よりさらに小型化された名刺サイズの外付けSSD。ゲームのロード時間が1分も早くなった。ロード回数の多いゲームなら効果が確実に実感できる商品です。

出典:Amazonレビュー

 

高速転送に対応「SanDisk SDSSDE60-500G-J25 Extreme Portable

  • 端子:USBGen3.0以上 TypeA・C対応
  • 容量:250GB・500TB・1TB・2TB
  • 対応機種:PC・PS4・PS4Pro・Mac
  • 保証:3年

耐久性と転送速度の両方高い商品が欲しい人におすすめします。38.9gの軽量ボディで超高速の転送に対応。読出し速度は最大550MB/秒に達します。

また、2メートルの落下にも耐える衝撃に強い設計になっているので、少し落とした程度なら安心できるのもポイントですね。耐久性の強さは、Amazonレビューを見るとよくわかります。

商品口コミ

犬に噛まれてかなりボロボロになって、へこんだりしてたのでもうダメかなーと思ってましたが問題なく使えています。

BO4はロードがHDDの人と比べると早すぎてリスキル可能でした。(開始時動いてないから)モンハンも明らかにロードが早くサクサクいけます

 

有名メーカーSamusungの超小型外付けSSD「Samsung T5

  • 端子:USBGen3.1 TypeA・C対応
  • 容量:500TB・1TB
  • 対応機種:PC・PS4・PS4Pro・Mac
  • 保証:3年
複数のカラーバリエーションと高速転送速度が魅力。最大転送速度は540MB/sにも到達します。外付けHDDの4.9倍ですね。かなりスタイリッシュな外付けSSDなので、おしゃれなインテリア好きにもおすすめ。
Samsungは、内蔵SSDでも有名のメーカーで、パフォーマンスが安定していると評判です。

商品口コミ

軽くて耐久性もあるので、ケーブルつなげっぱで無造作に置いてます。外付けSSDなだけあって、頑丈だしホコリも入りにくいので、変に気にせず、そのままつけっぱにできるのがいい。
筐体表面はマット仕上げになっており、高級感があるということです。黒がかっこいいなぁと思いつつも、500GBを購入しましたが、青も落ち着いた色で気に入りました。

 

<目次に戻る>

おすすめ「外付けSSD」の比較表

商品名 BUFFALO 480GB PG480U3-BK/N I-O DATA ポータブルSSD SSD-PGM960U3-B/N SDSSDE60-500G-J25 Extreme Portable Samsung T5 MU-PA500R/EC
画像
容量 480~1.9TB 480~960GB 500~1TB 250~2TB 500~1TB
読み込み 440MB/s 530MB/s 550MB/s 540MB/s
書き込み 430MB/s
保証期間 1年 1年 1年 3年
最新価格 Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon
スペック面の安定性で選ぶなら、Sandiskの「SDSSDE60-500G-J25 Extreme Portable」かSamsungの「T5 MU-PA500R/EC」 が一番オススメです。
コスパ重視するならBUFFALOの「SSD-PG480U3-B/NL」がオススメ。価格は、そこまで差がないので、迷うならSandisk・Samsungあたりを狙っていきたいところです。

<目次に戻る>

スポンサーリンク

「自作外付けSSD」に使えるおすすめSSD(1TB)3選

ちょっとした手間をかけるだけで、簡単に高コスパの外付けSSDを自作できる1TBの「内蔵SSD」を紹介します。

だいたい1TBで1万円くらいが2019年11月時点での相場。内臓SSDは、Amazonよりドスパラセール品が安い時があるので要チェックです。内臓として利用もできるので、読み書き速度も比較しておきたいですね。

価格を抑えて大容量が手に入る!「SUNEAST サンイースト SSD  (960GB)」

  • 読み書き:550・480MB/s
  • 保証:1年

割引価格で販売されている場合のコストが抑えられる商品です。Amazonレビューも150件以上付いており、PS4での利用が確認できています。

 

PS4メーカー動作確認済み「SanDisk 1TB SDSSDH3-1T00-G25

  • 読み書き:560・530MB/s
  • 保証:5年

この商品は、Amazonレビューの評価がとても高く、動作も安定しており、PS4での使用実例が多い点もおすすめできるポイント。ただし、SanDiskというブランドなのか価格が下記商品よりも少し高めになっています。

 

メーカー動作確認済みで安心「Samsung SSD 1TB 860EVO」

  • 読み書き:550・520MB/s
  • 保証:5年

メーカーの人気・商品安定性も間違いない商品。Amazonレビュー数も多く、メーカーがPS4での動作確認をしているのが大きな魅力の商品です

外付けか内蔵かで迷ったらこの内蔵SSD+ケースを購入しておけば間違いないでしょう。上記で紹介した「外付けSSDケースとのセット品」も販売されています。

 

<目次に戻る>

「内蔵SSD」1TBの比較表

商品名 3位:SUNEAST サンイースト SSD 2位:SanDisk 1TB SDSSDH3-1T00-G25 1位:Samsung SSD 1TB 860EVO
商品画像
容量 960GB 1TB 1TB
読み込み 550 560 550
書き込み 480 530 520
保証期間 3年 3年
メーカー動作確認
商品リンク Amazon Amazon Amazon

 

<目次に戻る>

スポンサーリンク

「自作外付けSSD」に使えるおすすめSSD(500GB)3選

大容量ではなく、500GBくらいに容量を抑えて、商品の安定感・コスパ重視でおすすめできる商品は以下の2つです。

CFD・Crucial・Samsungを比較して購入しよう!

最近人気で売れ筋上位に入ってきている商品。ドスパラなら5000円代で512GBが購入できる。

 

メーカー動作確認済み。商品レビュー数は800以上。利用者が多く、安定性にも評判がある商品です

 

メーカーによるPS4動作確認済み。レビュー数は500件以上あり、こちらも評判が高いですね。

 

他にも格安内蔵SSDが販売されていることもあります。ただし、安定して動いてくれるのかは不明で、誰も試していない商品はリスクがあります。

 

<目次に戻る>

「内蔵SSD」500GBの比較表

PC用ではなく、あくまでもPS4用に絞ったオススメ商品を比較してみましょう。

商品名 3位:CSSD-S6M512CG3VZ 2位:Crucial SSD 500GB CT500MX500SSD1/JP 1位:Samsung SSD 500GB 860EVO
商品画像
容量 512GB 500GB 500GB
読み込み 550 560 550
書き込み 480 510 520
保証期間 3年 5年 5年
メーカー動作確認
商品リンク Amazon Amazon Amazon

 

<目次に戻る>

スポンサーリンク

外付けSSD用のおすすめケース2選

搭載方法は、簡単でSSDを挿しこむだけで利用できるケースがたくさん販売されています。両方の商品ともに1000円ほどで購入できるのでお買い得です

 

<目次に戻る>

外付けSSD人気定番商品から選ぶならこれ!

この記事内で紹介しているおすすめ商品リスト。商品選びで迷う人は、以下のリストの商品がおすすめです。

外付けSSDは、もしPS4で利用しなくなったとしても「再フォーマット」すればパソコン用の外付けSSDとして利用できます。最新のAmazon売れ筋ランキングをチェックしたい人は、以下のリンクをご覧ください。

 

<目次に戻る>

Amazonの「外付けSSD」の最新人気ランキング

最新商品や人気ランキングを基準に選びたい人は、以下のリンクでチェックできます。

 

Amazon 外付けSSD 売れ筋ランキング

 

<目次に戻る>

スポンサーリンク

PS4に「外付けSSD」を接続する手順

外付けSSDにする一番のメリットと言えるのは、接続の簡単さですね。ただ挿せばいいといえば、そうなのですが、ちょっとした操作も必要なので説明していきます。

接続する手順・注意点を詳しく説明

設定画像

PS4で利用できるようにするため、SSDをフォーマットする手順が必要ですが、ここで説明している手順通りに進めば完了します!

 

あまり詳しくかくとややこしいので簡単に説明しますね

フォーマット=初期化みたいなもの

購入直後にすぐ利用できる商品もありますが、PS4の場合いっかい初期化しないとSSDを認識してくれません。

そのため、PS4で認識してもらうためのフォーマットが必要ってわけですね。

 

設定手順は以下のとおりです。

  1. 外付けSSDをUSB3.0ポートへ接続
  2. ※必ず直接PS4に挿すこと
  3. PS4を起動
  4. 設定画面を開く
  5. 設定画面内の「周辺機器」を選択
  6. 周辺機器内の「USBストレージ機器」を選択
  7. 接続している「SSD名」が表示されるので選択
  8. 「拡張ストレージとしてフォーマットする」を選択

この機器を拡張ストレージとしてフォーマットしました。と表示されれば終了です。

必ずハブなどを通さずPS4へ直接USBを挿すようにしてください。ハブを通してUSB接続できなくはないのですが、接続している機器が多い人は、動作が不安定になることも考えられます。

 

ゲームデータを拡張ストレージへ移動しよう

ストレージ画像

はじめてPS4を利用する人は、ゲームデータが無いはずなので、この手順は不要です。

 

では、PS4の中にゲームデータのある人・すでにゲームプレイをしている人向けの手順を説明します。

  1. フォーマット後の状態からスタート
  2. 「設定」を開く
  3. 「ストレージ」を選択
  4. 「本体ストレージ」を選択
  5. 「アプリケーション」を選択
  6. コントローラーの「OPTIONボタン」を押す
  7. 「拡張ストレージへ移動する」を選択
  8. 「移動したいゲームを選択」して移動

移動すると、ロード時間のゲージが表示されますので、ゲームが多い人は気長に作業しつつ他のことでもしておきましょう。

 

<目次に戻る>

PS4周辺機器でさらに快適な環境

外付けSSDだけでなく、単純に容量を増やしたい人・操作環境を整えたい人は、以下の記事で最適な商品を紹介しています。気になる人はチェックしてみてください。

ゲームデータの移動は、以上で終了です。移動後に試しにゲームを起動してみて下さい。あきらかに読み込み速度がUPしているはず。PS4動作確認済みのおすすめ内蔵SSDと換装手順も参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
外付けSSD画像
最新情報をチェックしよう!
>PC・ガジェット・Game/Youtube

PC・ガジェット・Game/Youtube

記事を読んでくださりありがとうございます。Youtube動画でもゲーム好きの方の役に立ち、喜んでもらえる情報を発信していきますので、ぜひご覧ください。

CTR IMG