PS4・PS4Pro周辺機器 ゲーミングデバイス

PS4におすすめ「外付けSSD」はこれ!誰より安く簡単に快適なゲームプレイ【メリット・接続手順も】

投稿日:

外付けSSDアイキャッチ画像



お知らせ

2019/1/11:最新情報に更新しました。

 

PS4のロード時間をもっと早くしたいさくさくゲームをプレイしたいけど、どの「外付けSSD」を買えばいいのか分からないなぁ。そこまで「外付けSSD」って必要なのかな?

 

そう感じている人は多いですね。そこで今回は、そんな人におすすめ「コスパ抜群の外付けSSD」を紹介しています。

 

こんな情報が分かります!

  • 「外付けSSD」を利用するメリット
  • ロード時間の差を動画で開設!
  • 外付け・内蔵、最適なのはどっち?
  • 動作確認済みの「外付けSSD」
  • コストが抑えられる裏「外付けSSD」!!
  • 「外付けSSD」の接続方法

では、さっそく「外付けSSD」をPS4に取り付けたときの素晴らしいメリットから見ていきましょう!

 

動作確認済み「外付けSSD」リストへ移動する▶

PS4に「外付けSSD」を搭載するメリットは?

出典:playstation.com

メリットとしてあげられるのは、とても簡単に快適なゲーム環境が手に入ることです。「内蔵SSD」の換装は、初めての人にとってはハードルが高く思えるもの。

工具を準備して、PS4を壊さないように慎重に作業しなければいけませんよね。その点、「外付けSSD」ならUSB端子に接続するだけなので、とっても簡単です

 

SSDにするだけで「ロード時間」が感動するほど早くなる!

ロード時間短い画像

このために取り付けるのですから、当然ですね。ロード時間はかなり短縮され快適にゲームができる環境になります。

では、HDDと外付けSSDでは、どれくらいの差があると思われますか?文章で書くとイメージしずらいかと思いますので、動画で違いを見てみましょう

 

MHWなど、ほとんどのゲームロード時間が50%短縮!!

動画では以下の3つのストレージのロード時間を比較しています。

ストレージの種類

  • 内蔵HDD
  • 内蔵SSD
  • 外付けSSD

それぞれロード時間の差に注目してください。

 

PS4の人気ゲーム「モンスターハンターワールド」のロード時間を比較した映像ですが、だいたい50%ほどダウンロード時間が短縮できています

 

 

ストレージ差

  • 外付けSSD:25.45秒
  • 内蔵SSD:24.95秒
  • 内蔵HDD:59.13秒

 

ロード時間が長めのゲームですが、これだけ短縮してくれると時間が有効活用できるので最高ですね。サクサクフィールド移動ができるのでストレスも軽減されます。

 

FF14のロード時間の差は「内蔵SSD」なら70%ほど!ただし環境差有り

注意点

これは「内蔵SSD」の検証動画だという点に注意してください。

 

FF14って外付けSSDでは速くならないって聞いたけど、どうなのかな?

 

FF14の場合、ゲームデータを外付けSSDへ移すことができないので、そう言われてるのかなと思います。その点は、スクエニ公式サイトにも記載されている内容ですね。

PS4でもFF14をプレイしていますが、ロード時間は数秒短縮された程度。FF14に限定して言えば他のゲームほどロード時間は、短くならないのが結論です

 

ちなみに取り付けられる「外付けSSD」には条件があるので、以下のポイントも選ぶときの参考にしてください

 

PS4に使用できる外付けSSDの条件は3つ!

PS4に使用できる外付けSSDの条件は以下の3つです。

注意ポイント

  • 256GB以上~8TB以下
  • USB3.0以上に対応していること
  • PS4に直接USB接続すること

 

条件に合う動作確認済み「外付けSSD」リストは「こちら▶」

 

簡単に考えて、500GB位でUSB3.0外付けSSDならPS4で利用できるってことね

 

どの条件・PS4でも外付けSSDが最速ではないので注意!

出典:playstation.com

結論から言いますと、PS4Proは「内蔵SSD」にしたほうが早いです

 

なぜそうなるのか簡単に説明しますね。

 

PS4・スリムとPS4Proで転送速度が違う!

それぞれ内蔵されているインターフェースの転送速度限界が違うので、最速のSSDタイプが変わってくるんですね。

PS4・PS4スリム・Proの転送速度の違いと最速は接続方法次第

PS4・スリムPS4Pro
内蔵インターフェースSATA2:3GbpsSATA3:6Gbps
外部USBUSB3.0:5GbpsUSB3.0:5Gbps

SATAやUSBの後の数字は、簡単に言うとPS4とSSDを接続する端子の違いです。PS4・スリムタイプなら外部USBを利用する「外付けSSD」が最速

Ps4Proの場合は、内部換装時に利用するSATA3を利用する「内蔵SSD」が最速だという事が分かります。

内部換装とか面倒だし怖いって人は、PS4Proでも「外付けSSD」を利用すればいいでしょう。通常のPS4と同じロード時間の短縮をしてくれます。

 

PS4に外付けを使用するかを決めるポイント

以上のポイントを踏まえて、「外付けSSD」にするか「内蔵SSD」にするかは、以下のポイントで決めることをおすすめします。

手軽さとゲームロード時間短縮を目指すなら「外付けSSD」

簡単に利用でき、バックアップなども必要ない「外付けSSD」あらゆるゲームに対応できること・どのPS4でも一定の速度を出してくれることからも最高のストレージだと言えます。

以下のポイントを考えてみて当てはまるようなら「外付けSSD」を選びましょう。

 

✓ポイント

  • PS4・PS4スリムを利用している人
  • FF14のロード時間は、数秒でも短くなればOK!
  • 「内蔵SSD」の入れ替え作業が面倒・壊したくない人

 

PS4Pro利用者で最高速度に拘る人・FF14プレイヤーは「内蔵SSD」

PS4Proの価格も下がってきているので、すでに持っている人も多いかもしれませんね。せっかくProを持っているなら最高の速度を目指せる「内蔵SSD」を選びましょう!

FF14プレイヤーは、FF14しかしないのであればPS4・PS4スリムでも「内蔵SSD」が最適ですが、他のゲームをするなら「外付けSSD」がおすすめです。

 

✓ポイント

  • FF14ゲームのロード時間に拘りたい人
  • PS4Proを利用している人

 

PS4の動作確認ができているおすすめの「内蔵SSD」は、以下の関連情報で紹介していますので参考にしてください。

 

FF14の速度に徹底的に拘りたいなら、内蔵SSDがいいのか。別にFF14だけプレイするわけじゃないし、外付けでいい人が多そうですね

 

関連情報

 

PS4用に厳選したおすすめ「外付けSSD」3選!

ではまず、外付けSSDとして販売されていて、PS4でも動作することが確認できている商品を3つ紹介しますね。ここで紹介しているのは、USB接続すればすぐに使える500GB~1TBまでの商品です。

 

※コスパを重視したい人は、次の自作外付けSSD▶へスキップしてください。

 

3位:省電力設計でPS4を高速化!バッファロー480GB外付けSSD

出典:Amazon

スペック

端子:USB3.1

保証:1年

耐振動・耐衝撃設計になっているので、耐久性の高いSSDだと言えます。高速データ通信に対応したUSB3.1にも対応しているので、大容量データでもサクサク読み込んでくれますね。

PS4のロード時間が早くなった

PS4のProではない方はSSD換装よりもSSD外付けの方がロード時間が短くなると聞いて。

確かにMHWでも、ディスク版ですがロード時間は早くなりました。速度はYouTubeに動画があるので割愛しますが、ゲーム時間が長い方は特におススメです。

出典:Amazonレビュー

 

2位:邪魔にならない軽量コンパクトサイズ「外付けSSD」!サムスン500GB

出典:Amazon

スペック

端子:USB3.1

保証:3年

PS4周辺にあまりスペースが無い人はこの商品を選ぶといいですね。手の平に収まるほど小さな設計になっているので、まず邪魔になることはありません。

PS4・外付け「モンハン」に利用

軽量で耐久性もあり、ケーブル繋げたままでもOK!

ホコリも入りにくい設計なので、安心して使える。

出典:Amazonレビュー

 

1位:衝撃にも強い「大容量外付けSSD」ならこれ!サムスン1TB外付けSSD

出典:Amazon

スペック

端子:USB3.1

保証:3年

たくさんゲームデータを保存しておきたい人におすすめの外付けSSDです。この商品も耐久性の高さを売りにしていて、Amazonレビューでも高評価なので安心して利用できるでしょう。

初期型PS4で利用

PS4で利用するなら外付けSSDが速いと聞いて購入しました。結果・・くそ早いです。

もっと早く購入しておけばよかったと後悔するくらいの違いがあります。

ちょっと高いなぁと購入を迷っている人にも是非おすすめです。

CODのプレイでは、読み込みが早くなったので、出遅れはなくなりました!

出典:Amazonレビュー

 

外付けSSDは、もしPS4で利用しなくなったとしても「再フォーマット」すればパソコン用の外付けSSDとして利用できるのでお得です!

 

PS4用「外付けSSD」は内蔵+ケースでコストダウン!

出典:Amazon

 

1TBあったら嬉しいけど、ちょっと高くない?

 

そんな人におすすめしたい「外付けSSD」が、「外付けSSD用ケース」を使ったの「自作外付けSSD」です。

 

「内蔵SSD」と「外付け用ケース」を組合せればコスパ最高!

自作SSD

実は、パソコンに内蔵するために販売されているSSDは、外付け用の製品より安いんですね

 

なので、コスパのいい「内蔵SSD」を買って、「外付け用ケース」に入れれば、自作した「外付けSSD」が完成します。

 

この時のSSDを選ぶ条件や、ケースのUSB対応条件も「外付けSSD」と変わりません。

注意ポイント

  • 256GB以上~8TB以下
  • USB3.0以上に対応していること
  • PS4に直接USB接続すること

 

自作と外付けSSDとでは、どれくらい安くなるの?

性能に違いが無いのに、これだけ安く外付けSSDを手にいれることができます。

商品価格
サムスン外付けSSD:1TB36,178円
自作:1TBSSD+ケース22,407円

※価格は変動する恐れがありますが、ケース+内蔵が安いのは変わりません。

 

この記事を書いている時点での差は、約14,000円!かなりの差ですよね。500GBの商品でも同じことです。

 

それだけあれば他の周辺機器も買えちゃいます

 

ちなみに容量が大きいほど価格の差が開きますので、さらに大容量にしたい人も自作がおすすめです。さらに大容量ストレージを安く手に入れたい人は、「PS4用ポータブルHDDの記事」を参考にしてください。

 

下記で紹介する商品は、レビューでもPS4で利用者のいる商品ばかりなので、安心して使って快適な環境を手に入れましょう!

 

PS4で動作確認済みのおすすめ「内蔵SSD」2選

では、大容量の1TBでおすすめの「内蔵SSD」を紹介します。ちょっとした手間をかけるだけで、簡単に高コスパの外付けSSDが手に入りますよ。

 

2位:PS4Proの換装にも利用できる「内蔵SSD」サンディスク1TBSSD

出典:Amazon

スペック

端子:-

保証:5年保障

容量:1TB~

この商品は、Amazonレビューの評価がとても高く、動作も安定しており、PS4での使用実例が多い点もおすすめできるポイントです。

 

 

1位:メーカーが動作確認済みでコスパ最高の「内蔵SSD」

スペック

端子:SATA

速度:読み出し550・書き込み520

保証:5年保障

容量:250GB・500GB・1TB~

500GBを選択する場合のコストパフォーマンスが最高です。1TBを購入する場合は、上記のサンディスクのほうがコストを抑えることができますので、必要な容量に合わせて選択しましょう。

この商品は、Amazonレビュー数が380件以上あり、メーカーがPS4での動作確認をしているのが大きな魅力の商品です

 

外付けか内蔵かで迷ったらこの内蔵SSD+ケースを購入しておけば間違いないでしょう。

 

注意ポイント

格安の内蔵SSDも販売されていますが、PS4での動作が確認できているものを購入しましょう。誰も試していない商品は、リスクがあります。

 

では、次におすすめのケースを紹介します。

 

他の動作確認済み「内蔵SSD」情報

 

PS4におすすめの「外付けSSD用ケース」2選

搭載方法は、簡単でSSDを挿しこむだけで利用できるケースがたくさん販売されています。

 

両方の商品ともに1000円ほどで購入できるのでお買い得です

 

商品は分かった!じゃあ、外付けSSDはどうやって接続すればいいの?

 

PS4に外付けSSDを接続~利用開始までの手順

 

外付けSSDにする一番のメリットと言えるのは、接続の簡単さです

 

ただ挿せばいいのかな?

 

ちょっとした操作が必要なので説明しますね

 

接続する手順を詳しく説明します

設定画像

PS4で利用できるようにするため、SSDをフォーマットする手順が必要ですが、この手順通りに進めば完了します!

 

+ フォーマットって何って人はここをクリック

あまり詳しくかくとややこしいので簡単に説明しますね

フォーマット=初期化みたいなもの

購入直後にすぐ利用できる商品もありますが、PS4の場合いっかい初期化しないとSSDを認識してくれません。

そのため、PS4で認識してもらうためのフォーマットが必要ってわけですね。

 

接続手順

  1. 外付けSSDをUSB3.0ポートへ接続
  2. ※必ず直接PS4に挿すこと
  3. PS4を起動
  4. 設定画面を開く
  5. 設定画面内の「周辺機器」を選択
  6. 周辺機器内の「USBストレージ機器」を選択
  7. 接続している「SSD名」が表示されるので選択
  8. 「拡張ストレージとしてフォーマットする」を選択

 

この機器を拡張ストレージとしてフォーマットしました。と表示されれば終了です!

 

ゲームデータを拡張ストレージへ移動しよう

ストレージ画像

注意ポイント

はじめてPS4を利用する人は、ゲームデータが無いはずなので、この手順は不要です。

 

では、PS4の中にゲームデータのある人・すでにゲームプレイをしている人向けの手順を説明しますね

 

データ移動手順

  1. フォーマット後の状態からスタート
  2. 「設定」を開く
  3. 「ストレージ」を選択
  4. 「本体ストレージ」を選択
  5. 「アプリケーション」を選択
  6. コントローラーの「OPTIONボタン」を押す
  7. 「拡張ストレージへ移動する」を選択
  8. 「移動したいゲームを選択」して移動

 

ゲームデータの移動は、以上で終了です。

 

移動後に試しにゲームを起動してみて下さい。あきらかに読み込み速度がUPしているはず!

 

FF14のロード時間を短縮したい人は、PS4動作確認済みのおすすめ内蔵SSDと換装手順を参考にしてくださいね。

 

外付けSSDで快適なPS4環境を手にいれよう!

 

外付けSSDは、簡単にゲームデータのロード時間を短縮してくれる便利な周辺機器です。利用している人も増えています。

 

以下のポイントに注意して選んでください。

注意ポイント

  • 256GB以上~8TB以下
  • USB3.0以上に対応していること
  • PS4に直接USB接続すること
  • PS4で利用している人がいるSSD

 

この記事で紹介している以下の商品は、すべて基準をクリアしているので参考になると思います。

 

PS4・PS4ProでFF14のロード時間をバク速にしたい人は、以下の情報が役立つと思います

 

関連情報

 

【PS4故障】外付けSSD・HDD利用者必読!スタンバイモードの設定と確認ポイントを詳しく説明します

 

その他の周辺機器についてはこちら▶

-PS4・PS4Pro周辺機器, ゲーミングデバイス
-,

Copyright© Step Up Online Game , 2019 All Rights Reserved.