PCデスク

FLEXISPOT E8 Banbooの詳細レビュー!肌触り最高の竹素材天板でおしゃれな電動スタンディングデスク【設置レイアウト例あり】

FLEXISPOTの電動昇降スタンディングデスク「E8 Bamboo」をレビューします。すでに使ってるのが同じFLEXISPOTさんの「EG8」という商品なんですが、電動昇降スタンディングデスクは、まじで最高です。

で、自分の環境ばかり整えてると、やっぱり妻から「自分ばかりズルい」と言われてたんですよね。

 

妻はダイニングで作業したいみたいで、要望としては

ダイニングテーブルと兼用できるのがいい。今のデスクは高さが合わないから腰が痛くなる。あと、オシャレなやつ、よろしく!

そう言われて迷ってたときに、やってきたのが今回の「E8 Bamboo」です。

 

さて、簡単に商品の魅力を伝えると

ポイント

  • 珍しい竹材の天板
  • 静かな昇降システム
  • ダイニングでも設置しやすいデザイン
  • メモリ機能も使いやすくUSB付き

です。

 

このレビューでは、しばらく使ってみて感じた、良かったところ・悪いところも含めお伝えしますので、参考にしていただければ嬉しいです。

公式関連サイトはコチラ

FLEXISPOTさんに電動昇降スタンディングデスク「E8 Bamboo」を提供していただき記事を作成しています。

ちなみに僕が使っているFLEXISPOTのEG8は下記でレビューしています。ガラス天板で引き出し付きのめっちゃオシャレなデスクです。
一度使ったら手放せない電動スタンディングデスク「FLEXISPOT EG8」レビュー!在宅ワークにもおすすめ

続きを見る

スタンディングデスクって効果あるの?メリットは?

テレワークが広まってきたこともあり、スタンディングデスクはかなり注目され、かなり売れているのも事実です。

スタンディングデスクのメリット

ポイント

  • 座りすぎを防止する
  • 時間を区切って立ち座りで負担を軽減
  • 自分の体に適切な位置に動かせる
  • 運動不足予防

座りっぱなし、立ちっぱなしがあんまり良くないみたいなので、位置を変えることが大切みたいですね。ですから、高さを簡単に変更できることは大きなメリットになります。

By:FUJITSU公式

デスクの高さが固定されている場合、丁度いい高さにするのは難しいですが、1mm単位で動かせるFLEXISPOTの電動昇降スタンディングなら簡単にできます。

 

手動で高さを変えるのは面倒ですが、メモリ記憶して電動で動かせるタイプなら、それがワンタッチで可能。ずぼらな僕でも使えます。

 

こんな使い方もできる!レイアウト例を紹介

デスクワークのために使う物というイメージがありそうですが、それも設置の仕方次第だと思います。いくつか、実際に試してみたレイアウト例を紹介します。

うちのダイニングはキッチン込みの8畳です。

 

定番のPCデスクスタイル

壁際に寄せて、パソコンデスクとして利用した場合です。自分個人のお部屋に設置する場合、部屋を広く使いたい場合は、この定番レイアウトになると思います。

スタンディングデスクとして使ったときにあんまり圧迫感感じないレイアウトでもあるかな。

 

定番ですが、デスクトップパソコンも余裕で設置できるサイズですね。

 

パソコンデスクだけじゃない!ダイニングと兼用スタイル

壁から離して設置すれば、ダイニングテーブルとしても使えるので、置き場所の幅が広がるかなと思います。

ちなみにこの配置方法だと壁を背にできるので、作業中に背後で人が動いたりすることが無いのはメリットです。

WEB会議中に後ろ通れないのは、狭い賃貸では致命的ですからね。

ごはん食べる時は多少高さを下げたり上げたりして調整。カセットコンロ置いて鍋するときは下げると食べやすい!

これができるのは電動スタンディングデスクだからこそですね。

デスク作業もご飯もこのデスクで終わる。すぐそばがキッチンだから動きやすい!今は、このスタイルで使っています。

 

最小の高さならソファと一緒に使えた

この配置はお試しでやってみたんですが、けっこう良かったソファと一緒に使うレイアウトです。

 

足元にスツール入れて、足伸ばせるようにしたりすると、もっと快適だと思います。

 

ソファ用のダイニングテーブルとしてもいい感じの高さだったので、このままポップインアラジン2で映画見ながらピザ食べたい気分になります。

 

「E8 Banboo」の特徴

まずは、E8 Bambooのスペック・特徴から紹介していきたいと思います。

項目スペック
天板カラーBambooのみ
天板タイプ長方形・カーブ型
天板サイズ120×60×2㎝・140×70×2㎝(+3300円)
昇降範囲 60~125cm
フレームカラーホワイト・ブラック
保証無し・1年(5500円)

基本価格:78,100円~

詳しくはコチラ

竹素材の天板:長方形・カーブ型2種類から選べる

長方形タイプ(120と140が選択可能)

価格:140は81,400円になります。

カーブ型(140×70cmのみ)

価格:86,900円になります。

Bambooという名前の通り、珍しい竹材の天板です。耐久性も高く、抗菌・脱臭効果があるということで、妻も大満足の天板でした。

何より見た目が明るいのもいいですね。明るめのインテリアで揃えている家、ナチュラル系の家にも合うデザインかなと思います。

 

ずっと触ってたい触り心地!この天板思ってたよりもいい!

 

静かな無段階昇降

昇降範囲:60~125cmまで

60cmは子供用のデスク・ソファーに座って使えるデスクの高さです。

タッチ操作なので、ボタンを押し込まなくても触れるだけでスムーズに動いてくれます。無音ってわけではないですがかなり静かですね。

他にも同じFLEXISPOTの「EG8」を使っているんですが、その動作音と比較してもかなり静かでした。

 

お腹とか腕が少し当たるだけで動いちゃうので、動かさないときにロックは必須だと思う。
Mボタンを5秒間押し続けると昇降機能をロックできますので、基本はロック状態がいいですね。

 

USBポートを1つ搭載

コントローラーは、天板に穴がついているので、左右どちらにでも取り付けられます

USB端子が1つしかついてませんが、そのぶんコントローラーはコンパクトです。

 

ガラス天板のEG8はUSBTypeAが2つにTypeCが1つ付いてるので、USB機器の充電したい機器が多い人は、EG8がいいかもしれないですね。

 

メモリ機能が使える

電動ですからねメモリ機能は当然使えます。でも数字だけじゃなくて、立ってるマークと座ってるマークのボタンになってるのは、わかりやすくていいと思いました。

メモリ登録手順

  1. 高さを合わせる
  2. Mを押してから、登録したいボタンを押すだけ

僕が仕事で使っているデスクは数字だけなので、どっちだっけって分からなくなるんですけど、マークになってれば間違えることはまずないです。

 

障害物検知機能(感度調整可能)

デスク下に置いているものがつぶれることがないように、障害物検知機能が付いています

OFFにすることはないと思いますが、OFFにしたりもっと反応感度を高くしたり、低くしたりといった調整も可能です。

 

天板は付け替え可能

試しに置いてみたパイン材の天板

試しに一回り大きいサイズの天板を設置してみました。木材は木材の良さがあります。

今回レビューしたのは、天板とセット販売されている商品ですが、天板を変えて部屋の雰囲気を変えたい場合は下記のサイズ内の天板なら取り付け可能です。

対応する天板サイズ

  • 幅120~200cm
  • 奥行60~80cm
  • 厚み2㎝~

結構大きなサイズのデスクも作れますね。

 

デスクサイズもっと大きくしたければ、以前使っていたパイン材の板を固定しなおして使うか、滑り止め載せて上に乗っけようかなと思います。

 

竹素材の天板にこだわらず、最初から天板は自分で取り付けたいという方は、FLEXISPOTのE7の足だけを買うのもいいかなと思いました。ただしUSBポートはありませんので、ご注意ください。

組み立てはドライバーさえあれば簡単

公式の組み立て動画がアップされていますので、それを見れば簡単に組み立てられると思います。

注意点

この商品は、耐荷重が125㎏もあるんですよね。人が乗れるくらいしっかりしてます。その分パーツ一つ一つが結構重たいです。荷物は大きな段ボール箱が2つ届きます。

 

わたし1人で持ち上げるのめっちゃキツイ!
って言ってましたので、組み立てられなくはないですけど、床とか傷付けたくない方は手伝ってもらえると安心かなと思います。

 

「E8 Banboo」の外観

いかにも勉強机という見た目ではないのと、竹素材の天板、足元が自由に使える構造のデザイン・ケーブルも見えなくできるケーブルトレーが魅力ですね。

木と違う質感の竹素材天板は気持ちいい

竹素材の質感はつるつるしていて、ずっと触っていたくなる

モニターアームも取り付けられる天板の厚さもちょうどいい

壁に向けて設置する人は、ケーブル隠しのトレーも付けて、配線類をスッキリさせることもできます。

 

最近食べたご飯の写真。ダイニングテーブルとしても見た目がいいので、おいしそうにご飯が撮影できました。

 

140×70cmの天板サイズは、かなり余裕があるからデスクワークしやすいし、ご飯食べるダイニングテーブルとしても使いやすい

 

天板は強度があるので、アーム類を取り付けるときに心配はいらないと思います。同じ厚さの木の板より強度は上だと感じました。

 

足元が自由に使えるデザインのフレーム

耐荷重が125㎏とかなりの重さまで耐えられるんですが、足部分の構造はかなりスッキリしています。

僕が使っているEG8の場合は、足元にもアームが通ってしまうので、足元に物を置きにくいのがデメリットです。

足元に何も無いので、両側から椅子を入れて使うこともできます。

 

ダイニングに置くから、両側から座れるデザインなのが、かなりいいと思う。

 

電源ケーブルが隠せるトレー付き

電動なんで電源ケーブルがあるんですが、やっぱりケーブルが出てると見た目がもう一つですよね。

この商品は、天板裏に電源ケーブルが隠せるトレーが付いているので、これも見た目がスッキリしていいポイントかなと感じました。

 

FLEXISPOTのスタンディングを比較!選ぶならどれ?

簡単に選択肢を紹介しますので気になるデスクをチェックしてみてください。

竹素材の天板・USBポートあり・丸みのあるデザインフレーム「E8 Banboo」

ゲーム・仕事や勉強用のデスクだけではなく、ダイニングテーブルとしても使えて、竹素材が何より心地いいデスクです。

丸みを帯びたフレームになっているので、雰囲気は優しい感じに見えます。

 

天板を自由に選びたい・最小の昇降位置・USB充電はいらない「E7」

E8 Banbooとの違いは、フレームが角ばっているか丸みがあるか・最大最小昇降範囲・USBポートの有無くらいです。

フレームの足が中心に来るタイプなので、壁から離して設置すれば、両側から座ることもできるデザインだと思います。

 

天板を自由に選びたい・フレームがコの字・USBポートも欲しい「E7 Pro」

E7との違いは、フレームの形状と耐荷重・USBポートの有無・昇降範囲が58~123cmが60~125cmになることです。

フレームが奥によって取り付けられているので、耐荷重が125㎏から100㎏に落ちています。そして購入できるのは、公式サイト限定になります。

 

E8 Banbooとの違いは、フレーム形状と耐荷重くらいですね。

 

ガラス天板・引き出しあり・USBポートも複数欲しい「EG8(ガラス天板)」

完全なデスクワーク向けで、引き出しも付いているのがかなり便利。

ガラス天板ですが、モニターアームを付ける方法はあります。

 

E8 Banbooとは全く違いますが、かなり価格が抑えられる商品です。引き出しもついてるので、パソコンデスクとしての機能は高いかな。

 

一度使ったら手放せない電動スタンディングデスク「FLEXISPOT EG8」レビュー!在宅ワークにもおすすめ

続きを見る

 

FLEXISPOTのスタンディングデスク比較表

商品名/リングE8 BanbooE7E7 ProEG8
価格78,100円~51,700円~55,000円~46,750円
昇降範囲60~125cm58~123cm60~125cm72~121cm
耐荷重125㎏125㎏100㎏50㎏
USBポートTypeA×1TypeA×1TypeA×2・TypeC×1
天板竹素材(120・140)竹・木(120・140・160)竹・木(120・140・160)ガラス天板(120)
引き出し有り
フレーム中心・デスク下は無し中心・デスク下は無しコの字・デスク下は無しコの字・デスク下も有り

※価格は21年10月時点で公式サイトに記載されている価格です。

まとめ/良いところ・悪いところ

今回は、FLEXISPOTのE8 Banbooをレビューしました。最後にしばらく使って感じた良いところ・悪いところを紹介します。

良いところ

良いところ

  • 竹素材の天板はずっと触りたくなるほど肌触りがいい
  • どこにでもマッチしやすいデザイン
  • ケーブル隠せて足回りもスッキリ
  • ダイニングテーブルとしても使える
  • 昇降機能はかなり静か
  • メモリ機能が絵になっていて分かりやすい

悪いところ

悪いところ

  • 他の天板が選べない(付け替えは可能)
  • 価格が高い(長く使うものだから投資としてはありかも)
  • けっこう重たい

E8 BanbooのUSBポート付きで、丸みのあるフレームは、フレーム単体で販売はされていません

デメリットらしいデメリットは、価格と重さくらいですが、頻繁に動かなさいなら気になる人も少ないかなと思いますし、価格相応の質感であることは確かです。

スタンディングデスクを検討していて、予算の許す方はチェックしてみてください。







Amazonで買うなら要チェック

Amazonで商品購入する場合、プライム会員なら「注文金額2000円未満」「お急ぎ便(即日配達希望)」でも配送料が無料になるのでお得。無料体験可能で使用後すぐ退会OK!
👉30日間の無料体験を試す

関連記事



Youtubeチャンネル

Youtubeでもゲーミングデバイス・ガジェット・ゲーム関連情報をアップしていますので、ぜひご覧ください。わからないことなどあれば、コメントにできるだけお答えしています。

人気

New

人気

New

New

動画一覧を表示

カテゴリーから記事を探す

-PCデスク
-, ,

© 2021 ゲーマーログ