「DELL XPS13 2in1(7390)」レビュー!薄い・軽い・高性能でゲームもできるノートPC!

頻繁にパソコンを持ち歩く人にとってうれしいのが、薄くて軽いボディ外で作業・仕事する人におすすめなのは13インチ前後の「2in1/モバイルノートPC」と呼ばれる商品です。デスクにおいてもまず邪魔にならないサイズ感も魅力。

オフィスワークだけでなく、動画編集・ゲームもできてしまう高性能のノートパソコンを探しているなら【DELL XPS13 2in1(7390)】がオススメです。どこで作業していても絵になるMacにも劣らないカッコよさが手に入りますよ!

この記事では、実際に1ヶ月程利用してみた使用感をレビューしています。商品購入前の参考にしてください。

 

本記事は「デルアンバサダープログラム」にて商品を貸与いただき執筆しております。

↓ タップできる目次 ↓

スポンサーリンク

薄い・軽い・高性能が揃ったXPS13 2in1(7390)スペック

XPS13基本スペック表

項目スペック
CPU第10世代インテルCore i7-1065G7 プロセッサー (6MB キャッシュ, 最大 3.9 GHz まで可能)/i5・i3も選択可能
メモリ16GB 3733MHz LPDDR4x メモリー オンボード/8G・32GB
ストレージ512GB PCIe NVMe x4 SSD オンボード/256・1TB
グラフィックインテル® Iris Plus グラフィックス(CPU内蔵グラフィック)
WiFiKiller AX1650 (2×2) built on インテル WiFi 6 + Bluetooth 5.0
搭載端子Thunderbolt 3×2 (DisplayPort/電源供給) (PCI Express第3世代の4レーン)・MicroSDカード リーダー・3.5mmヘッドフォン/マイク コンボ ジャック
サイズ幅297mm・高さ7-13mm・奥行207mm
重量1.33㎏

薄いスタイリッシュなボディ!

XPS137390シルバーのアルミボディは、スタイリッシュで、どこに持っていっても絵になる。

XPS137390薄さ

閉じた際の厚さは約13mmほど。開いた時のキーボード面の薄さはわずか7mmしかありません。

XPS137390サイズA4サイズの用紙よりも少しコンパクトなボディ。㎝単位にすると横幅が29.7㎝・奥行20.7㎝です。

XPS137390背面背面もシンプル。安定感を増すゴムの滑り止めラインもグレーなので目立ちません。

XPS137390右側面

搭載されている端子は、かなり絞ってある。右側はUSBTypeC(Thunderbolt)とイヤホンジャック

XPS137390左側面

左側は、USBTypeC(Thunderbolt)とmicroSDカードスロット。合計4つを搭載。

 

ちょっと微妙なポイント

薄い・軽いは最高なのですが、スタイリッシュさを追求したのか、ノートパソコンを開きにくい。前面部分にほぼ隙間がないため、片手で本体を支えながら開く必要があります。

 

高性能で軽い!持ち運びに最適!

XPS137390持ち運ぶ

XPS13 2in1(7390)の重量はわずか1.33㎏。カバンに入れて持ち運びやすいのが魅力です。

XPS137390側面

USBをモバイルバッテリーに接続すれば、外出先でも充電しながら使用できるので充電がなくなる心配がありません。

 

ベゼルが狭い!HDR・4K液晶ディスプレイ

XPS13ベゼル

ベゼル(ディスプレイの枠)幅はこの位。1円玉の半分ほどの幅しかありません。

動画視聴時も枠が気になりにくいので、映画やAmazonプライムネットフリックスをよく見る人にもおすすめです。

XPS13タブレットモード

映像コンテンツを見る時は、タブレットモードやテントモードなど、環境に合わせて自由にスタイルを変えられるのもXPS13 2in1の魅力。

XPS13外部出力

ちなみにXPS13 2in1(7390)のUSBTypeCはThunderboltに対応しているので、外部モニターへ映像を送りマルチモニター状態にすることも可能です。

XPS13拡大縮小

タッチパッドにも対応しているので、ディスプレイを簡単に拡大縮小可能。

付属のペンを使ってイラストを描きたい人にもうれしい機能です。

 

無線企画「WiFi6」対応!通信速度が速いのもうれしい!

WiFi6

無線LAN企画「WiFi6」にも対応。WiFi6対応環境を家庭に構築していれば、無線環境のゲームプレイ・動画コンテンツの視聴もストレスなく高速通信で楽しめます。

 

XPS13のキーボードの打鍵音

キータッチは軽く、普通の速度でタイピングしていてもほとんど音がしません。外出先でも周りを気にすることなくタイピングに集中できます

 

XPS13 2in1(7390)付属のタッチペン

XPS15

ボタンを押すと起動。ボタン部分が光ります。

XPS15

電池式で上がキャップになっている。利用する電池が単6とあまり馴染みがない電池です。

内容物のペンの機能はXPS15と同じ。イラストを描いたりメモを書くといった用途に最適のアイテムでしょう。詳細はXPS15のレビュー記事で実際にイラストを作成していますのでご覧ください。

<目次に戻る>

XPS13 2in1(7390)はFF14・フォートナイトもプレイできる高性能!

ゲーム用のグラフィックを搭載していないXPS13 2in1(7390)で、どの程度ゲームができるのか。搭載されているストレージ・CPUの処理性能を調べてみました。

ドラゴンクエストXは最高品質で余裕

ドラクエベンチXPS13

ベンチマークテストでもおなじみ。ドラゴンクエストXは、軽量ゲームがプレイできるかのテストになります。

結果は、最高品質でも快適にプレイできる。表示が重たくなるシーンでもカクツクことがありませんでした。

 

FF14は標準品質で快適プレイが可能

XPS13FF14ベンチ

このあたりのグラフィックが綺麗なミドルクラスゲームになると難しいと思いきや案外検討してくれる。

高品質・最高品質は難しいですが、標準品質のノートパソコン用設定なら快適にプレイできました

FF14XPS13テストプレイ

MMORPGなので、そんなにFPSを気にする必要もないですが、特に設定を下げなくてもだいたい40FPS以上でプレイできますね。

 

フォートナイトもできてしまう高性能ノートパソコン

XPS13 フォートナイト

設定に工夫は必要です。初期の自動設定だとFPSが40程度。3D処理などの設定・影など索敵プレイに影響しない項目を落とせば60FPS前後でフォートナイトがプレイできます

ディスプレイも144FPS対応などではないので、60FPS出れば十分快適。

 

XPS13のストレージ・CPUベンチマーク

XPS13内蔵SSD

ストレージの処理性能は転送速度の速さ。読み書きともに高速転送が可能です。ここはスペック通りですね。

CPU処理性能XPS13

CPUのレンダリング能力。結果は

<目次に戻る>

XPS13 2in1(7390)の便利な機能!仕事にも使いやすい

4Kの高解像度ディスプレイなので、13インチのディスプレイでもマルチモニターのような使用が可能。

画面を出したらドラッグして画面端にもっていくだけで、簡単にマルチタスクモードに切り替えてくれるので仕事に使いやすい

XPS13仕事

左側にEvernote・Wordを開き。右側に資料を出すなどできる。モニターを接続する必要もなく、簡単に操作できるのは最高の機能ですね。

<目次に戻る>

XPS13 2in1(7390)を持って旅行へ!

XPS13を持ち出してみる

丁度旅行へ行く予定があったため旅先へXPS13を持っていきました。持ち運びやすさ、パッキングのしやすさは、実際に試さなないと分かりませんしね。

率直な感想としては「とても楽」の一言。さすが薄い・軽い・高性能の三拍子そろったノートパソコン。15インチが入るケースだとスカスカです。

XPS13

周辺機器を合わせても着替えなどモロモロを入れてリュック1つに収まってしまうサイズ感。Ankerの拡張デバイス「Anker PowerExpandを接続すればUSBAはもちろん、HDMI・LANへの有線接続もできる。

どうせならと外出先でもFF14をプレイしてみましたが・・ラグ発生。ノートパソコンの性能ではなくて、ホテルのWiFi性能が低いのが原因です。FF14のクラフターなど他の人の迷惑にならないプレイのみして遊びました。

XPS137390外観

旅先でオンラインゲームをサクサクプレイしたい人は、有線ケーブルが使えるホテルだと快適にプレイできそう。旅先でノートパソコンを使った動画編集・記事執筆などは快適に行うことができました

1.3㎏は思ったよりも軽く感じます。リュックにスッポリ入りますし、A4ファイルが入る少し小さめのバックで持ち運べるので、持ち運んで利用するユーザーにとって満足できるノートパソコンであることは間違いないですね。

 

<目次に戻る>

XPS15 2in1(9575)とXPS13 2in1(7390)を比較

項目XPS13XPS15
CPUCore i7-1065G7 Core i7 8705G
メモリ16GB16GB
ストレージ512GB512GB
グラフィックインテル® Iris Plus グラフィックスRadeon RX Vega M GL(4GB)
サイズ幅297mm・高さ7-13mm・奥行207mm幅354mm・高さ9-16mm・奥行235mm
重量1.33㎏1.98㎏
ポートThunderbolt 3×2・3.5mmヘッドフォン/マイク コンボ ジャック・MicroSDカードリーダーThunderbolt 3×4・3.5mmヘッドフォン/マイク コンボ ジャック・microSDカードリーダー
価格(Amazon)222,180円(詳細を見る)248,980円(詳細を見る)

※価格は2020年2/27時点

  • 自宅で使えて、たまに持ち運びたい人
  • コンパクトサイズノートでゲームがしたい人
  • ハイエンドゲームもプレイしたい!
  • 動画編集・動画視聴を4K画質で楽しみたい
  • イラストも描きやすいノートパソコンを探している

ディスプレイの物理的なサイズの違いなどを除くと、動画・画像処理能力が大きな違い。2万円程出してさらにハイエンドゲームもプレイしたいならXPS15を選ぶといいでしょう。

<目次に戻る>

ノートパソコン「XPS13 2in1(7390)」レビューまとめ

XPS13 2in1(7390)は、こんな人におすすめのノートパソコンです。

 

  • 持ち運びやすい薄くて、軽い高性能
  • 持ち運んだ先でも気軽にオンラインゲームがしたい
  • FF14・フォートナイトがプレイできる薄型ノートパソコン
  • 動画編集・画像処理能力がそこそこある
  • カフェや出先の作業もカッコいい!
  • だいたい20万くらいの予算で探している

 

上記の希望に当てはまるのであれば、XPS13 2in1(7390)がピッタリです。DELL公式サイトのキャンペーン中なら20%OFFで購入できることもあるのでチェックしてみてくださいね。

 

<公式サイトを見てみる>

 

<目次に戻る>

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Youtubeもご覧ください

Youtube動画でもゲーム周辺機器や自作PC・ガジェットのレビューをしています。役立つ情報もお届けしていますので、見て頂けると嬉しいです。

CTR IMG