VIGORWR01リストレストアイキャッチ

2000円で想像以上の快適さ!MSIリストレスト「VIGOR WR01」レビュー!

キーボードでタイピングすることが多いならぜひ使っておきたい「リストレスト」。あるかないかで手の疲れ方がだいぶ変わってきますよね。

今回は、有名なメーカーMSIから20年8月に発売されたリストレスト「VIGOR WR01 Wrist Rest」を購入したのでレビューしていきたいと思います。なんと価格も2000円です!

 

管理人
しばらく使ってみて、感じたオススメのポイントはこんな感じです。Youtubeでもマウスと合わせてレビューしていますのでご覧ください。

 

  • 傾斜が付いていて、キータッチが自然にできる
  • ずっと触っていたくなる表面の触り心地
  • 冷却ジェルが入っているので冷たくて気持ちいい
  • 裏面の滑り止め最強!
  • 抗菌仕様なのも嬉しい
  • 安い!
スポンサーリンク

MSIとは

この記事を見ている方のほとんどが知っていると思いますが、知らない方のために少し説明。MSIは、PCパーツ・ゲーミングパソコン・周辺機器を販売しているメーカーです。

販売されている商品も品質がいいので、多くのゲーマーが利用しておりかなり人気があります。そんなMSIがはじめてリストレストを発売したのがVIGOR WR01 Wrist Rest。しかも価格も2000円と、お手頃価格で発売してくれました。

MSI公式サイト

 

管理人
ゲーミングデバイス好きとしては、MSIが発売したリストレストは買うしかない!

 

MSI「VIGOR WR01 WRIST REST」外観と製品スペック

VIGOR WR01 WRIST REST見た目

VIGOR WR01 Wrist Rest」は、とてもシンプルなブラックのようにも見えますが、そこはMSIなので、しっかりゲーミングっぽさを出してきています。

置いて使うものなので、重量は気にならないですが、メーカー公表の値と若干違うので掲載しておきます。サイズも以下のとおりです。

重量実測307g
43.2㎝
奥行8.7㎝
高さ1.7~2.5㎝

※全て実際に計測した値を掲載しています。

VIGOR WR01 WRIST RESTドラゴンマーク

VIGOR WR01 Wrist Rest」の左下には、MSIのロゴにも使われているドラゴンのマークが入っていますね。

かっこいいデザインですが、完全な無地のシンプルなリストレストがいい。という人にとっては好みが分かれるところかもしれません。

VIGOR WR01 Wrist Rest」は、手前から奥に向かって傾斜が付いているのも特徴です。手前の高さが1.7㎝で、一番高い部分になると2.5㎝になっています。

VIGOR WR01 WRIST REST硬さ全てが柔らかいわけではなく、背面に一本芯が入っている感覚なので、形が崩れる心配もありません。

かなりガッチリしています。

VIGOR WR01 WRIST REST背面背面を見てみると滑り止めがビッシリ付いています。

 

管理人
では、実際に使ってみてどうなのか見ていきましょう。結構、褒めてますが、それは私の環境にピッタリだったからです。こんな人は別の商品がいいかもという点も紹介していきます。

 

「VIGOR WR01 Wrist Rest」の使用感やおすすめポイント

結論から言うとステマ無しで、ホントに皆さんにオススメしたい商品です。

フルサイズキーボードを使っている

長時間タイピングをする

ひんやりした快適感が欲しい

使用時の安定感が高い

VIGOR WR01 Wrist Rest動かない

安い商品の中には手をリストレスト上で動かすと、滑って動いてしまう商品もありますが「VIGOR WR01 Wrist Rest」の場合は全く心配いりません。

滑り止めが全体に付いていますからね。ちょっとの力ではずれることがない。2000円の商品でこれだけ安定感があるのも最高にオススメできるポイントです。

 

机からキーまでの自然なラインで手が楽

VIGOR WR01 Wrist Rest傾斜

机からキーまでのラインがとても自然になるのが「VIGOR WR01 Wrist Rest」の特徴でもあります。

平らなリストレストも悪くはないですが、斜めになっていることによって、より自然にキータッチができるので、かなり手が楽になります。

 

フルサイズキーボードに丁度いいサイズ

VIGOR WR01 Wrist Restキーボードと比較テンキーの付いているフルサイズキーボードを使っているのであれば、最適な横幅です。写真を見てもピッタリ収まる見た目になるのが分かると思います。

 

冷却ジェルがひんやりしていて気持ちいい

出典:MSI公式サイト

さすがにカットして冷却ジェルを見ることはできませんが、しっかり手の熱を吸収してくれているのを感じられます。

使いだしたときは、ひんやりしていて気持ちいいので、特に暑い季節なんかは最高ですね。

 

 

VIGOR WR01 Wrist Rest」こんな人には必要ないかも

VIGOR WR01 Wrist Rest」は、確かに最高ですが、どんな人にも合うかというとそうでもありません。以下の項目に合う人は、別の商品を売れ筋から見つけたほうが快適です。

テンキーレスキーボードを使用している人

VIGOR WR01 Wrist Rest」はフルサイズキーボードに丁度いいサイズに作られているので、テンキーレスのスッキリしたキーボードに使うと横幅がかなりはみ出します。

テンキーレスキーボードを使っている人は、もう少し幅が短い、以下の商品のようなリストレストを購入したほうが見た目もスッキリします。

 

ロープロファイルキーボードを使用している人

ロープロファイル。つまり高さが低いキーボードを使用している人です。「VIGOR WR01 Wrist Rest」は、フルサイズかつ標準の高さのキータッチがしやすくなるように傾斜がついた設計になっています。

ロープロファイルは、キーボード全体が低いので、リストレストを購入するなら高さがあまり無い、薄型リストレストが使いやすいですよ。

 

参考までにランキングから探したい人はこちら

リストレストのAmazonと楽天の売れ筋ランキングのリンクです。売れ筋から探したい人は、チェックしてみてください。

Amazonの売れ筋ランキング

楽天の売れ筋ランキング

 

まとめ

今回は、MSIが発売しているリストレストを紹介しました。ゲーム環境でも仕事でも使えるオススメ商品です。

スポンサーリンク
VIGORWR01リストレストアイキャッチ
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Youtubeもご覧ください

Youtube動画でもゲーム周辺機器や自作PC・ガジェットのレビューをしています。役立つ情報もお届けしていますので、見て頂けると嬉しいです。

CTR IMG