PR マイクアーム

モニター下から出せるロープロファイル マイクアーム!FIFINE BM88をレビュー

モニターの下からアームが伸ばせるロープロファイル型のマイクアーム「FIFINE BM88」を紹介します。

 

マイクアームを使用していて

ポイント

  • 丁度いい位置にマイクを動かしずらい
  • マイクの重さで下がってくる
  • クランプで机が傷つく
  • ケーブルがしまえない
  • アームがビデオに映り込む
  • いいなと思った製品は高くて・・

など悩むポイントが色々ありますよね。

 

今回紹介するFIFINE BM88は、そんな悩みを解決してくれるかもしれない製品です。

 

個人的には、今まで使用してきたマイクアームの中で一番使いやすいと感じています。ただし人によっては合わないであろうポイントもある。

 

この記事では、具体的にロープロファイル型だと、どんなことができるのか、どんな点に注意が必要かFIFINE BM88の特長を紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

 

提供:FIFINE

Amazon公式ストア:https://amzn.to/3HpjN7m

FIFINE BM88のスペックや同梱物

まずは簡単にスペックと同梱物を紹介します。

スペックと外観

項目 内容
カラー ブラックとホワイト
最大耐荷重 1.5kg
ケーブル収納 対応
アームの長さ 30cm+30cm+10cm
取り付け可能ネジ 1/4″, 3/8″, 5/8″
保証期間 1年

 

外観

取り付けた状態がコチラ

質感はプラスチックで、根本の固定する部分が重たい金属で作られています

 

同梱物

同梱物

  • マイクアーム
  • デスクトップホルダー
  • 回転式ボールヘッド
  • 1/4 – 3/8変換アダプター
  • 3/8 – 5/8変換アダプター
  • 六角棒レンチ

FIFINE BM88 ロープロファイル マイクアームのメリット

BM88は、人気のあるロープロファイル型だからこそのメリットがあります。

ロープロファイルはモニター下からアームが伸ばせる

従来のマイクアームは、モニターの横から前にマイクを持ってくるため、視界を遮り、映像に映り込むことがありました。

 

何か映ってるな、なんだろう

 

って思われてしまう環境にならざるを得なかったんですよね。

 

その点、FIFINE BM88は下からマイクアームを伸ばすことができるので、WEBカメラなどへの映り込みを最小限に抑えられます

 

動きはこんな感じで、かなり滑らかです。

 

マイクの根本が360°回転可能

通常のマイクアームは、アームが曲がる方向は途中も先端も直角方向だけのものが多いです。

 

その点、FIFINE BM88は先端がボールヘッドになっているので、グルグルと好きな方向へまげてマイクを固定できます

 

曲げたい方向へ曲げられるマイクアームって、今まで使ってきた製品には無かったので、使いやすいポイント

 

スペック上は1.5㎏までOK

一般的なマイクアームは重いマイクを付けると不安定になります。

最大1.5kgまでのマイクを安定して支えることができるので、重たいマイクやカメラを取り付けたい人にも便利です。

 

デスクが傷つきにくいクランプ

クランプは細すぎると一部に力が加わってデスク側を傷つけてしまうことがあるんですが・・。

FIFINE BM88は、大きなクランプで保護も付いているのでデスクが傷つきにくいデザインになっています

 

クランプが大きい=安定感も結構ありました。

 

上下にゴムのカバーも付いています。

 

ケーブルがスッキリする

残念ながらコスパを求めて安すぎるマイクアームを買うと、ケーブルはむき出しってことが多いです。

 

FIFINE BM88は、コスパが良いのに加えて、ケーブル収納スペースまで搭載しています。

 

結構な太さのケーブルまで入る。

 

ケーブルをスッキリさせたいならオススメ

 

ロープロファイル型の注意点

ロープロファイルが合わない人もいると思うので、注意点をお伝えします。

人によってはアームの根本周辺に物を置けない

どれくらいアームを動かしたいかにもよりますが、使わないときはたたんでおきたい場合、畳みたい方向へ半径30cmほどは何も置けないスペースが必要です。

特にモニター下から伸ばす場合、左右どちらかはアームを収納するために物を置けないスペースが出てきます。

 

わたしのように、サイドに設置して、デスク上とは関係ない方向でしまえるなら問題ありません。

 

高さは限界がある

通常のマイクアームは、一段目から上に上がってる設定が普通です。

FIFINE BM88の場合は、一段目は平行にしか動かせないので、マイクアームに高さも求める人には向いていないと思います。

 

人気のロープロファイルマイクアームと比較

特徴項目 FIFINE BM88 Elgato Wave Mic Arm LP
価格 8,099円(さらにクーポンあり) 14,680円
リンク Amazon Amazon
カラー ブラックとホワイト ブラックとホワイト
最大耐荷重 1.5kg 2kg
ケーブル収納 対応 対応 (統合ケーブルチャネル)
アームの長さ 30cm+30cm+10cm 74cm
取り付け可能ネジ 1/4″, 3/8″, 5/8″ 1/4"、3/8"、5/8"
保証期間 1年 2年6ヶ月

アームの長さと最大耐荷重以外は、同じですが価格が全く違うんですよね。

 

コスパで考えると個人的には、FIFINEがいいかなと感じた

 

まとめ

FIFINE BM88は、一般的なマイクアームの問題を解決して、よりマイクを使用しやすいデスク環境を作れるガジェットです。

ポイント

  • ロープロファイルは下からアームが伸ばせる
  • マイクの根本が360°回転可能
  • 1.5㎏まで支えられる
  • デスクが傷つきにくいクランプ
  • ケーブルがスッキリする

設置したい場所によってはデメリットも発生するため、その点を考慮した上で使い方にマッチする方は是非チェックしてみてください。

おすすめ記事

PCゲーマーに人気

カテゴリー

-マイクアーム
-