ドスパラリノベーションPCのアイキャッチ

最新ゲームも遊べるおすすめ中古ゲーミングPC!高性能で安いドスパラのリノベーションPCを紹介!

安くてフォートナイト・MMORPG・人気FPSゲームもできるゲーミングPCが欲しい!でも、予算が足りなくて高いゲーミングPCなんて買えないし、自作PC作るのも難しい。安くて高性能の完成したPC売ってないかな?

そんな人にオススメなのがドスパラが販売している「リノベーションPC。ドスパラのリノベーションPCなら、なんと5万円台で最新ゲームも遊べるゲーミングPCが手にはいる

この記事では、リノベーションPCって何?そんなに安くてスペック大丈夫なの?どんな人におすすめ?といった疑問に答えます。

↓ タップできる目次 ↓

スポンサーリンク

ドスパラのリノベーション中古ゲーミングPCとは?

まず、ドスパラで販売されているリノベーションPCの特徴について紹介します。

リノベーション中古ゲーミングPCはなぜそんなに安い?

ドスパラリノベーションPC

安い理由は、中古パソコンのパーツを生かしたゲーミングPCだからです。元々企業で利用されていたデスクトップPCをベースに中身のパーツを良くしたのがドスパラのリノベーションPC

ちなみに、最新CPUではなく、何世代か前の物が使われている商品が多いのも安くなっているポイントです。

 

ドスパラの中古ゲーミングPCの品質は問題ない?

ドスパラリノベーションPCCPU

リノベーション=手を加えてよくする

という言葉のとおり、元々のスペックよりもかなり良くして販売しており、ドスパラのレビューを見ても満足している人が多いのも事実。

ちなみにデスクトップPCのケースだけでなく、内部もしっかりクリーニングされていますし、保証期間も無料で付いているのも良心的。元々積まれていたパーツは、高品質なものだけが使われています

 

人気商品のレビューを見てみる>

<目次に戻る>

安い中古ゲーミングPCにGTX1650を搭載!性能は十分か?

ドスパラの人気リノベーションPCのグラフィックには、「GeForce GTX 1650」が搭載されています。普通に購入すると16,000円程する商品ですね。

MSI製GPU:GTX1650でスペックを比較

エントリーモデルとして販売されている「1050Ti」の後継機として販売された商品で、ライバルは「GTX1050Ti」や「RX570」あたり。比較しやすいようにMSIの製品で性能差を比較してみる。

GPUGTX1650GTX1050TiRX570
CUDAコア896768
メモリ4GB4GB8GB
ブーストクロック1740Mhz1392Mhz1244Mhz
消費電力75W75W150W
補助電源8Pin120W
価格16,000~18,000~18,000~

※価格差は2019/12時点

CUDAコア・メモリ・ブーストクロックは、数値が大きいほどスペックが高いと考えておくと分かりやすい。電力消費が高いほど容量の大きい電源が必要。ただ、ドスパラのリノベーションPCは、完成した状態なので気にしなくてOKです。

価格も安く、ブーストクロックも高くて、消費電力も低い。しかも補助電源いらずなのも魅力。あとは実際のベンチマークがどれくらいでるのか。

GPU:GTX1650の基本ベンチマーク

XPS15

GameFF14FF15
最高品質9,000↑3,000↑
標準品質10,000↑5,000↑

基本的にどんなゲームでもプレイできる認識でOK。重たいFF15なども標準品質で普通に遊べますし、ミドルスペックゲームなら最高品質でも問題ない

ちなみに高性能GPUに交換しても、リノベーションゲーミングPCのCPU性能では微妙。さらにスペックを求めるなら高性能ゲーミングPCに乗り換えるのがベストです。

※ベンチマーク測定の目安 FF14> FF15>

<目次に戻る>

中古ゲーミングPCがおすすめの人・おすすめできない人

ドスパラの中古ゲーミングPCがおすすめできるか・できないは、自分の目的次第。リノベーションの中古ゲーミングPCは

 

[st-kaiwa1]安くてフォートナイト・MMORPG・人気FPSゲームもできるゲーミングPCが欲しい!

でも、予算が足りなくて高いゲーミングPCなんて買えないし、自作PC作るのも難しいなぁ[/st-kaiwa1]

 

そんな悩みを解決する1つの選択肢として、リノベーションの中古ゲーミングPCはありです。

 

  • 自作PCへの最初のステップに
  • 現在学生で予算を抑えてゲームがしたい
  • 最近の人気ゲームで遊びたい
  • 動画編集・配信なんてしない

自宅でPCゲームを楽しみたいだけなら、リノベーションの中古ゲーミングPCでも十分楽しめます。実際に思っていたより高性能で、最新ゲームがプレイできると高い評価もありますしね。

人気商品のレビューを見てみる>

 

  • 重たいゲームを最高品質でサクサクプレイ
  • 144Hz・244Hzモニターに対応させたい
  • ゲーミングPCのかっこいいケースが使いたい
  • 動画編集がしたい
  • YoutubeなどでGame配信がしたい

上にあげた目的の人には、ハイエンドのゲーミングPC性能が必要。今は我慢して、もっとお金を貯めて最新のゲーミングPCを購入するか、自作PCを予算を抑えながら作るのがオススメです。

 

そんなに我慢できない!早くPCゲームがプレイしたいんだ!

そんな人は、18歳以上であればドスパラの月3,000円台から手数料0円で分割払いできる購入方法を利用するのもありかな。ローン審査があるので、18歳未満は利用できない。

 

公式サイトで詳細を見る>

<目次に戻る>

ドスパラの高性能中古ゲーミングPCの選び方

リノベーションゲーミングPCとして販売されている商品の違うポイントを比較して、少しでも高性能のゲーミングPCを手に入れましょう。

  • GPUはGTX1650
  • Windows10

 

CPUスペックを比較

CPUCorei7

CPUの種類はCorei5かCorei7がおすすめです。ちなみに同じCorei5でもその後に記載されている数値に注目して商品を選ぶようにしてください。

細かい説明は省きますが、3000.4000などの何千番台かで数値が大きいほど新しい。Ghzも数値が高いほど処理能力が高いんだなという理解で問題ありません。

 

SSD・HDD・容量を比較しよう

HDD画像

読み込み速度を重視するならSSD256GB・容量重視で選ぶならHDD1TBを搭載した商品がおすすめです。

ちなみにSSDとHDDの商品では、価格がSSDが上。HDDを搭載した商品にSSDをオプションで搭載するか選ぶこともできますが、できる人は自分で購入したSSDを取り付けたほうが安いですよ。

 

同じスペックでも価格が違う

ドスパラのリノベーションの中古ゲーミングPCは、全く同じスペックなのに価格が違う商品が販売されています。<確認してみる>

ちなみにこれは、商品詳細を開くと分かるのですが、商品の状態によって価格が違うんです。A・B・Cなどのランク分けがされていて、Aが新品同様で、Bは少し傷があるよってことですね。

ランク分けの詳細説明>

<目次に戻る>

ドスパラのおすすめ中古ゲーミングPC

スペック別におすすめの商品を2つ紹介します。

SSD256搭載:リノベーションPC HP Elite 8300 SFF

項目スペック
CPUCore i5 3470 3.20Ghz
メモリ8GB
ストレージSSD256GB
グラフィックGTX1650
光学ドライブ搭載

第三世代CPUを搭載。ストレージはSSDを搭載しているのでゲームのロード時間や起動時間が速くなる。ドスパラの売れ筋ランキングでは2位の商品です。

 

詳しくはコチラ

 

HDD1TB搭載:リノベーションPC HP ELITEDESK 800 G1 SFF

項目スペック
CPUCore i5 4590s 3.00Ghz
メモリ8GB
ストレージHDD1TB
グラフィックGTX1650
光学ドライブ搭載

第四世代CPU・GTX1650を搭載して4万円台の低価格。ドスパラの中古ゲーミングPCのランキング一位の商品です。

詳しくはコチラ

<目次に戻る>

おすすめの高性能中古ゲーミングPC「まとめ」

安くて最新ゲームも遊べるゲーミングPCを探している人は、中古のゲーミングPCの中でも人気のあるドスパラのリノベーション商品も選択肢に入れてみましょう。

なるべく価格を抑えて、最新ゲームも高品質で遊びたい人は、自作PCにもチャレンジしてみるのもいいですよ。以下の記事では、モニター・キーボード・マウスなど全部込み15万でつくる構成を紹介しています。

[st-card id=”6584″ label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]
スポンサーリンク
ドスパラリノベーションPCのアイキャッチ
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Youtubeもご覧ください

Youtube動画でもゲーム周辺機器や自作PC・ガジェットのレビューをしています。役立つ情報もお届けしていますので、見て頂けると嬉しいです。

CTR IMG